--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アクオスケータイ、逝く

2007年08月26日 21:37

いつまでもしつこい猛暑のせいか壊れた。

症状は、
・電源が勝手にオン・オフを繰り返す
・頻繁にフリーズ
・電源オン、アンテナも立っているのに発着信不能
・バッテリー外してやりなおしても上記リピート。

よーするに電源方面に難アリの模様。仕事用FOMAに比べればこちらの使用頻度などわずかなものの、そうはいっても使えないのでは困る。



在りし日のアクオスケータイさん

IMG_0539.jpg





仕方ないのでボーダフォンショップ、じゃなくてソフトバンクショップへ。
お店の前にクルマが3台。あれれ?まさか客がいる??

そう、混んでた。しかも「本日は窓口がひとつで数時間お待ちいただく場合があります」なんて張り紙がドーン。Jフォン-ボーダフォンの頃は待つどころか他の客を見ることさえなかったのに(それもこのキャリアを使い続ける理由のひとつだ)会社が変わってなにかが変わったのだろうか。ふむふむ結構なことです。

それにしてもなんと6人待ち。狭いお店に溢れんばかり。しばし展示機をいじくりつつ待つがいかんせん店員さんの手際が悪く、この様子じゃ張り紙の文句も大袈裟じゃなさそう。こちとら暇じゃない。精密機械なので故障はしかたないが貴重な休日をこんなことに時間割きたくない。5分で諦めた。

まったくもう。。と、もう一軒へ向かうがなんともぬけの殻。いつの間にやら無くなっていた。まったくもう再び。アホらしくなって帰宅。


そうだ、バックアップとらなきゃ。

ここからが難儀。なにせ電源極めて不安定。一人ぶん書き出してはフリーズ→バッテリー外してやり直し、を延々数百回。計2時間半(泣

ようやく最後の一件まできたその瞬間に悲劇。
書き写していたiMacさんが突然落ちやがりました(T_T)(T_T)(T_T)



もうやり直す気力も無い。お店に行って、それでバックアップ出来ないようであればメモリーは諦めよう。
調べると、カラになっていた店舗はナントカ千秋ケ原という大型複合モールへ移転していた。あんな混むところなど行きたくないが仕方ない。意を決して向かう。

やはり駐車場は混んでいる。ちょうどタイミング良く一台空いたので滑り込み、さてソフトバンク屋さんはどこだと見上げた正面にお店が。しかも専用出入り口目の前。さらに店内に客無し。ラッキー。やっぱりこうじゃなきゃ(笑



~”タイマー”はソニーだけじゃなかった~

端末はやはりメーカー送りとのこと。忘れていたがちゃんと保険に入っていたので修理費は1割負担で済むそうだ。

しかし気分は複雑。だって1年保証が10日前に切れたばかり。こりゃあまりに見事なタイミングじゃないか。ばぶー


んで、やはり電源がアホになっていてメモリーが移せないらしい。「申し訳ないですぅ・・・」と泣き顔の女性店員さん。そんな詫びなくてもいいのですよ、貴女が悪いんじゃないのだから。
「他のデータなんかも消える可能性が・・・申し訳ないですぅ・・」
だからそれは了解。バックアップとってない私の責任ざんす。それより正しくは「申し訳ございませんですぅ・・・」だろうに(苦笑



代替機の703Nさん。








さて。
使ってみようにも番号もアドレスも入ってねえ。

前の機種変更の時に書き出した奴がたしか会社にあるはず。あるはず。。のような気がする。。


まあこの機会にメモリーの整理ってのもいいか。



 ~ご覧のみなさまへ~

私にお心当たりの方はメール頂けると幸いです。

 y-miwaアットマークbb.ワクワク.com


wakwakです。

ワクワクしてますか?ww

スポンサーサイト

左利きはつらいよ?

2007年08月21日 00:11

過ぎた話題だけれども8月13日は「左利きの日」なんだそうな。
 → asahi.com
 → lefthandersday.com


左利きってつらいのかなあ?

ご存知の通り、ではないと思うが私は左利きだった。だった、というのも幼少時に矯正したからであって今ではほとんどが右である。矯正というと大袈裟に思うが、なにしろ食事の度に怒られていたことだけははハッキリ覚えている。むりやり強制的に変えたのだからやはり矯正なのだ。

箸が上手く使えない。

本能的には左で持ちたいのにぎこちなく右に持つ。ポロポロこぼしてはゲンコツが飛んでくる。右であれ左であれ、上手に箸を使えるのなら(作法の方がもっと大切だ)かまわないと私は思うのだが父親の躾けとしては箸と筆は右絶対だったようだ。というのも、父親が左利きで苦労したからなのだと後年に聞かされたが、まあ昔の人なので(いうたら被差別とか)そういう想いがあったのだろうことも今では理解できる。なわけで父親も箸と筆だけは右だ。


結果、右で箸を持つようになった。おかげで箸使いだけは上手くなった。人様の前でも恥ずかしい思いをせずに済んでいるのだから矯正という名の虐待も感謝である。ついでに字書きも右になったが残念ながらこちらは今でも下手くそのままだ。。(真っ直ぐの縦書きができない・恥笑)
左利きがつらいのかはわからないが、食事の度に悔しい思いをしたのは事実だ。



それでも名残りというか、いくつかは左である。よく笑われるのがこれもやはり食事の時なのだが、分厚いステーキを食べる時のナイフ。いや薄くてもそうなのだけれど、右に置いてあるのを左に持ち替えるのだからスマートじゃない。子供の頃はそんなハイカラな食事を家でしたことなんかないので親も躾けようがなかったのだろう(笑
ところが同じ刃物でも包丁は最初から右。我ながらヘンな奴である。でもってハサミは左なのだがどうにも使い難くくっていつのまにやら右になってた。小さいナイフやカッターも両手同じように使えるんだけど刃の向きが気になって右にしている。


そう考えると、モノは基本的に右利き用になっているから私も仕方なく右にしているワケで、無理して直すか使いにくいままで通すかしかない。確かに左利きはつらいのだろう。

他にはなにがあっただろうか。ああ、泳ぐ時の息継ぎ。紐結び。これは最初から誰の指図も受けなかったからだと思う。笑えるのが絵筆。文字は右で書くくせに絵の具になると左なのだ。これも小学校の時に先生が指摘しなかったからなのだろう。ややこしいガキである。


ややこしいといえばサーフィン。まだ立てない初っ端の頃はレギュラーかグーフィーなのか自分でもわからなかった。なにしろ咄嗟に両足が前に出たがってしまうのだ(笑
野球は右投げ両打ち。サッカーも両蹴り。残念ながら左右どちらともヘナチョコだが。


そんな感じで左利きとも右利きとも両利きだとも言えないような情けない私であるが、世の中左利きというのは古今東西問わず約1割くらいなのだそうだ。そこで心配になるのがインド。左手は不浄の手とされているわけだから、左利きのインド人さんなんてのはさぞ面倒な思いをしているんだろうなあ。あ、でも尻拭く時だけは輝くね(笑

高校野球

2007年08月18日 00:29






ここ数年ちょっぴりマイブームな野球。今年もサッカーは一度も観に行ってないのにプロ野球は広島・神宮・甲子園と行ったぐらいにして。そして、昨年の壮絶な決勝戦以来高校野球にも興味を持ち、夏の県大会も観に行ってみた。私がやっていた頃とレベルは変わらないかむしろ落ちているようにも感じるけど(いずれ全国レベルには程遠い・・)文理や明訓のような安定して強いチームが現れた点が大きな違い。当時は有力選手は県外の高校へ進むのが普通で、いや、今でもそうらしいんだけど一方で新潟へ野球しに進学してくる者は極めて少ない。そして昔も今も甲子園での勝率は春夏とも全国最下位。何事も一番は良いもんだとはいえ・・・(汁



んで、文理が昨年の春に2勝してベスト8まで進んで盛り上がった。たしかに好チームと思ったけどなにより印象的だったのが監督の発言。冗談っ気無しに「優勝」という言葉を使っていた。甲子園に出ることが目標の新潟において全国でも勝って優勝だなどと口にする指導者が現れたこと、嘘でもw優勝を狙っていると言い切る監督がいよいよ新潟にも出てきたかと嬉しくも驚いたものだった。この変化は実に大きい。

その文理に勝って今夏の代表は明訓。県大会2試合をみた限りでの印象は一言で言えば大味。というのも対戦相手との差がありすぎて、なんかもう悪いけど中学生と練習試合やっているような感じだったから。だから打線は参考程度にしておくとしても投手はかなり良いと思った。3人が3人とも充分どの学校でもエースになれるだけの質で、これは上のレベルでも計算できるだろうなあと思った。



思ったら期待以上だった。県勢ずいぶん久しぶりの2勝、しかも内容良し。エラー無し。いずれも1点差で勝ち上がったのは大きいんじゃないかな。
特に延長戦を制した2回戦対甲府商は緊迫した好ゲームだった。なにしろエースの永井投手が素晴らしい。小さいのにあの下半身、速球。ピンチでも表情変えないでリズムよく淡々と投げるあたりは頼もしい限り。最高145km/hってのはガンが壊れているんじゃないかと思うけど(笑)、実際速いように見えないのに緩急の付け方は素晴らしくって、それにスライダーのキレと制球力は今大会屈指じゃないかな。そして投球フォームがカッコイイ。精神面でも図太そうだし彼はプロで通用するでしょうな。


そして土曜日は3回戦、岐阜の大垣日大。春の準優勝校。
いやーさすがに勝てないよねえ。せめて1点はとって欲しいよねえってのがこれまでの新潟標準。なにしろ3勝したことない。ひとつ勝つこと自体10年に1度感覚。
それでも今年の明訓には期待しちゃう魅力がある。ガンバレ。


あ、そうそう、被災した方々の希望にだのなんだの言うのはやめれ、選手諸君&マスコミ。なんかヘン。そーゆーのは言わんでよろしい。こじつけない。野球と関係ないやんけ。


てことで、優勝祈願で買いました。
猛暑にヤラレて浮かれ気分。

10年に1度だし(笑



Image206.jpg


スキーしたい

2007年08月08日 00:04

雪まであと4ヶ月。長いよバカ(涙
一年中雪降ったらいいのに。雪国新潟っつうくらいなんだから。

んま、愚図っても仕方ないので夏は夏らしく楽しもう。地震のおかげで(汁)この先は休日確保出来そうな感じなので久しぶりに北アルプスでもウロウロしてこよう。足腰のリハビリ兼ねてのんびり。

そういや先週、群馬にうどん食べに行った帰りに友達の旅館寄ったら「泊まれ」ってことになって、仕事あるのにソフト拉致監禁(再汁
夜、みんなで呑みながら心霊モノの番組見てたら出やがった。一時期はそうでもなかったのに昨年からまた見えちゃうようになった。怖がる必要ないと知っていても気分良いもんじゃないんだよなぁ。。真夏なのに冬の格好した老人だった。。。ヒィィ

んで、今年こそは(正しくは来年か)カナダでスキーだと盛り上がった。私は行ったことないのでどこでもOK。ガイド氏はバンフが楽しいと言うのでレイク・ルイーズとサンシャイン・ヴィレッジになりそう。有名なバックボウルが楽しみ!
1週間スキーして次の1週間で大陸横断グランドツーリングしようやないかと好き勝手に妄想ふくらむわけですが勤労者がそんなに休めるかい。むーん。








これは私じゃありません。けど、これぐらいは滑れます。ってか飛べます。
このベクターグライドの板が調子良さそう。
欲しいけどガマン。IDone様が折れるまでガマン。もう少しで折れそうな雰囲気だけど。


そんな感じで07-08シーズンはスキー関係の出費は抑えようと思う。昨季はなんだかんだ買い替えちゃったし。


ふと眺めてたらかわいいウェア発見。お気に入りのホールデン。
私が女子だったらこれ喜んで着るなぁ。

holdenws.jpg




holdenwp.jpg





どこがスキー場用なんだって感じですけどね。
ふざけ具合がたまらん。

見た目こんなんでも質は良いですヨ。

 → holden snow




やー。
やっぱり夏いらんから雪降れ。

 → Chasing Cars / Snow Patrol

FIAT 500

2007年08月01日 23:14







でた、チンクェチェント。かっわいいー


「7月4日。オリジナルの500が生まれたちょうど50年後の同じ日に新型500誕生。今、トリノは祝福の歓声に包まれています。大袈裟ではなくトリノ市民の全員が笑顔です。そしてフィアットディーラーへ、まるでパスタや朝食のパンを買うようにあるいは花屋さんとの会話を楽しむように(それはとても自然な行為!)足を向けています。さあ、あなたも行きましょう。そして500に乗ってどこかへ出掛けましょう。チャオ」


あやしげな訳のメールが来たのは地震のちょっと前。チャオじゃねーよ。おかげでこっちゃまた地震だよ、バブ!って八つ当たりもしたくなる脳天気なDM。そっか、とうとう発売ですか。
これがホントに出たらノリで買っちゃいそうだと何年か前に見たコンセプトカーほぼそのまんま。



500a.jpeg






中身は新型パンダ。いいじゃん。あれフツーにとことこ走って楽しいし。
てことはエンジンは前にあるのね。ミニやビートル同様のセルフカバーないしリミックス物件イタリア版といってしまえばそれまで。難しく考えることもない。カッコで乗るんだからカッコがOKならOK。なに言ってんねん。
でも、無理矢理でっちあげたビートル、BMWが最小限のリスクで売りたかった自前小型FF車(=ミニ。巧妙な買収劇)と違って小型車売ってナンボのフィアットが社運賭けて作ったとなれば期待もしちゃう。こう見えてきっと真面目に作ってあるんだろうし。



500b.jpeg





足グルマに一台いっちゃってもいいよなぁ。通勤用とか。
なんか、ハムスター飼いたいヨーってノリ。いや、生き物は気安く飼うべきじゃないけども。なんつーかとにかく手元に置いておきたいっていう感じ。



500c.jpeg


500d.jpeg





中がまたイイの。

インパネ鉄板だったら嬉しいな。演出として。よーく見るとセンターパネル下半分そっくりパンダ。OK、OK。だってあれシフトレバーの位置最高だもん。
ちっちゃい車体に程良い大きさのふんわかシート、になってたらもっと嬉しい。ドライビングポジションや視界の取り方なんてのもパンダのままであってくれたらそっち方面は期待出来る。つまりパンダ、基本しっかりできた良い小型車なわけで。




500f.jpeg




ミニ、ビートル、キャトル、エルカミーノといった英独仏米のいわゆる国民的下駄グルマ。意識したわけじゃないが私、ぜんぶ所有したことある。もちろんオリジナルで。さんざん乗って壊れて(壊して?)直しては楽しんだものだ。続いて日本のやつはスバル360と言いたいところだけどトヨペットの小さいトラック。これも面白かった。なんだかんだ、その時代その国の”ベーシック”ってのを経験できたのは自己満足的財産。残る伊代表500はってえと残念ながらご縁無かったけど乗ったことなら何度もある。

屋根が布で、雨でもない限りパタパタと畳んで乗るのが正しい。だってうるさいから天井開け放っていろんな騒音で紛らわすのだってそのオーナー氏は言ってた。そのノリ、よーくわかる。てか解った。当時の私でも。でもって、その屋根らしき布は切れていた。畳み過ぎで。では雨の日はどうするのだと訊いた答えがまた奮っていた。

「拭く」

室内総ビニール張りだから染みないんだよって。サビなんてどうせ最初っから酷いんだから今さら気にもしないって。
さらにその500は後ろに載っかってるエンジンのふたが開いていた。あろうことか空に向かって。留め具が壊れてるのかと思いきやわざと開けてるのだって。オーバーヒート予防兼気休めに。

写真でもないかなと探してみたらそのまんまコレ!てのがあった。
 → クリーム色のチンクェチェントいいな



   ○  ○  ○  ○  ○



日本への正式導入は来年早々とのこと。
1200ccと1400cc。セミオートマ。200万円くらいだって。普通のMTは遅れて夏ってことだから秋になるんだろうな。

んじゃ私は1200のMT。色はクリームか薄い水色。か赤だな。もちろんソリッドなペンキ。いっちばんシンプルでエアコンだけ付く最安グレードで。もしくはおいおい出てくるであろうアバルト。本気のカリカリ版として出るのならばアルファ処分してでも。ついでに荷グルマでカングーもひとつ! いやいや(汁


いやでもマジな話、ニュービートルが出た時もニューミニん時も欲しいと思ったけど今度の500はその何倍も欲しい。危険です。


 チンクェチェントで聴きたい
 → Plastic Bubble / ALO





最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。