--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メンテの日

2007年09月30日 13:04

お休みの日になると決まって雨。。
予定も中止になってしまったので147さんのメンテナンスデーにする。

さあ気合い入れてやるぞぉ

IMG_1254.jpg




窓拭き水を足しました!(笑

いやこれ意外と大切。他はまだしも窓は常にキレイにしていたいのです。バタバタしている時に限ってステープラー(ホチキスって言えよー)の針が無くなって調子狂っちゃうのと同じくらい水切れは情けない。特に冬は塩カルで前見えなくなるもの。

欧州車の多くはこの水タンクがやけに大きい。平気で3リットルとか。遠慮がちにヘンな位置にある147さんもヤカン一杯で足りません。この位置で約3kgの増減なので敏感な人なら車両バランスの変化が体感できます。ぷぷ。



雨なので本日のメンテナンスは終了。晴れたら晴れたでやらないくせに(汁


IMG_1255.jpg




進行方向左側に黒い布が貼ってある。押すとパコパコいう。めくると空洞(笑
見事にぽっかり空いたこの広大な空間はセレスピードのユニットが入るスペースらしい。MTの場合はやることないのでこのように所在なさげに蓋がしてあるというワケ。



IMG_1256.jpg




左右のフェンダー付け根にはスポンジが詰めてある。成形してそれっぽい顔しているが極めてテキトー。ゴミの進入防止にだけは役立ちそうな感じだけれども熱にやられて早晩腐るでしょう。



IMG_1258.jpg




春にあれだけ徹底的にキレイにしたにも関わらず汚い。アンダーカバーがあっても汚れるもんは汚れるのですな。
ホースやベルトにゴム類はまだ目立った劣化は無い模様。油汚れもないのもありがたい。エンジンマウントやトルクロッドのブッシュも生きてます。しかし端子類は昔ながらに丸裸なのも多くてちと心配。要対策。



IMG_1257.jpg




ヘッドライトのこんなところにもエンブレムが。

かわいい。


次回はちゃんとエンジンルームもキレイにしてニヤケよう。シフトがちょっと引っ掛かるのでリンケージにグリスでもくれてみますか。

さて、これからF1中継を観ます。
終わったら温泉。
自分自身のメンテ。

スポンサーサイト

Keyboard その後

2007年09月26日 23:56

カッコよくてタッチも心地良い新しいキーボード。これひとつのおかげでテーブルの上も気のせいでなくワンランク上の佇まいに満足。少々キーの配置が変わっているものの関係ないやと使っていると、

「あれれ??」

どうもキーの字と実際の字が違うのがある。あら、けっこうあるぞ。ってか記号ほとんど違うもん。
原因はどうやらOSの世代の模様。私のiMacさんは現行より一世代前のOSX10.3、通称パンサーというやつ。買った直後に10.4タイガーが登場して、救済措置っぽく期間限定で2,000円位で買えたはずなんだけどすっかり忘れてそれっきり。使えればどっちでもいいやと深く考えていなかった。

文字と数字は大丈夫なので致命的でないとはいえ、よく使うボリュームやアットマークなどの記号も無反応ではさすがに使いにくい。キーボードにそんな制約があるなんて思いもしなかったがここは観念してOSを買うしかなかろう。なんか釈然としないが。。


そんなキーボード、このメタルの質感から連想されたのがニューウェーブ。
ってことで本日の‘80sシリーズは半ばこじつけでニューオーダー。


 Perfect Kiss / New Order




これもディスコで良く流れてました。

音痴でカッコイイ。

初めての北信越BCリーグ観戦

2007年09月24日 22:09

マイブームの野球観戦。とうとう地域リーグにまで及ぶ始末。

こらっ、地域リーグじゃないよ!BCリーグ!
プロの独立リーグですよ!

 → 北信越 ベースボール・チャレンジ・リーグ






もし、一切なにも知らないままで、突然目隠しでここまで連れて来られたらきっとこう言う。

「やけに金の掛かった草野球やってんなあ」


だってアルビレオいうてた頃の地域リーグの雰囲気そっくりなんだもん。地方球場でさ、客は少なくてさ、運営も素人とプロの中間っぽいところなんかもね、懐かしいもんですよ。それにほら、肝心のプレイが上手な草野球っぽい。応援団のアレな空気なんてのも地域リーグそのまんまだもん。



プロ草野球と呼んだら失礼かもしれないけど、私も悪気があって言ってるわけじゃない。むしろ肯定的に好意的。ホントのプロ野球とはいかないものの、社会人野球に代わる一定レベル以上のこういうリーグがあったらいいなって常々思ってたし。それが遠くの話でなく地元で、仕事帰りに一杯感覚で存在してくれたら楽しいよね、それって豊かな街だよねって。

プロ野球(つまり12球団の)に繋がっているとは必ずしもなっていないとしても、そこらの日常の野球、例えば早起き野球とか市内リーグなんかには繋がっている。あるいはその延長線上にある。くっきりと。テレビで観る野球より自分で投げて打つ野球にぐっと近い。精神的に。だから私は声も高らかにプロ草野球と呼ばせてもらう。敬意を込めつつ。




IMG_1248.jpg



のどかな山の球場。三条市民球場。

新潟アルビレックスBC対信濃グランセローズ。


開幕以来どうにもこうにも勝てない新潟の惨状くらいは知っている。「また負けましたぁ」と車内ラジオの朗らかな声も月曜朝の定番になったし、次の試合日程も、監督が辞めるだかサジ投げるだかっていうのも、知る気がなくとも耳に入ってくる程度には地元の情報量として充分流れていると感じる。半年経って既に情報レギュラーじゃないか。


なのにこの観客数。ざっと、1,500人ってとこ。確かに草野球にしちゃ多い。しかしこっちゃプロの草野球だ、あなた方の大好きなアルビレックスいう名前が付いてるのにこれじゃ少なすぎると思わんか。こんな田舎でやってるから少ないのだろうか。政令指定都市政令指定都市政令指定都市新潟市でなら何人入るのだ。

我ら草野球の代表なんだからもっと盛り上がっていたっていいじゃないかと少し残念に思った。なにが足りないんだろう。無料券か?そうなのか?w


いや、そんなもんとっくに配ってる。足りないのはハートだ。選手の気持ちだ。
と、インチキコメンテーターっぽいこと言ってみますが、実際観戦して私ホントそれ感じたなあ。弱いとか成績悪いとかってのは後付けで、しかるべき結果であって、プロ興行として輝くものがさっぱりなかった。それでも文句なしに上手いのならまだわかる。言っちゃ悪いが、あのレベルでプロ呼ばわりされていいのなら私だってうっかりセレクション受けちゃうよ。

勝ってるゲームでさえこうなんだから負けゲーム観たお客さんが次も観に来ようと感じるかははなはだ疑問。そりゃ選手だってね、頑張っているとは思う。この暑いのに毎日移動して連戦ってのもキツイと思う。毎試合100%完全燃焼ってのも無茶だろう。しかし観客は選手のひたむきなプレイ、真剣なプレイ(と、ちょっと華麗なプレイも)を期待して足を運ぶワケ。なのにプロの草野球からそれ取ったらなにが残るというのだ?


ちょっと裏側を観察してみた。少なくとも長野の選手は違った。ブルペンでアップしてるバッテリーの空気が違った。コンビニに菓子買いに行くみたなぼんやり顔でアップしてる新潟の選手とのこの違い。一事が万事みたい。


この惨状に浅妻さんからタイミング良くメールがきた。

「明訓とどっちが勝つ?」

この父さん、優しい顔してバブッと残酷な斬り方します(笑



IMG_1250.jpg




5回終了後、両チームの選手が出てきてガリ掛け。

野球少年の夢を露骨に壊すシーン(笑


微笑ましいやら、複雑。

選手には、野球人としての己のレベルを自覚させるものでもあろうし謙虚さも生まれよう。このレベルに勘違いは最も危険だ。一方の子供達にとっては、プロったって草のプロはこうなんだよっていうリアルなフィールドワーク。今日の私が10歳の夢大きい球児だとしたらたぶん泣くね(苦笑


ところで新潟のユニホームはカッコイイね。



IMG_1251.jpg




そもそもこのBCリーグの立ち位置ってのはどうなの?
リーグ自己完結型のプロ興行なのかプロ野球(NPB)に顔向いてる育成リーグなのか。

もし後者なら早いとこ現存のプロ12球団のマイナーリーグ化を進めるべきと思う。選手のために。そうじゃなく、地方で生きるプロ球団として娯楽の提供を軸とするならやるべきことはただひとつ。私をチェアマンにすることだ。



大変失礼いたしました(笑

んま、見守ろうじゃありませんか。これからですよ、これから。

ただし、同じ田舎のプロ球団といってもサッカーのアルビレックスと同じことしていっても願う形にはならないと思う。サッカーはJリーグという国内トップリーグがあって、それ頂点に三角してる。そしてサッカーは世界にそのまま繋がっているのだから。


同時に、とりとめもなくこんなこと考えてた。暑い内野席でぼんやりビール煽りながら。


あれよあれよでこうなった今の新潟スポーツ事情。アルビ誕生からこっち嘘のような現実。夢物語実現中といえばそうだし、事実素晴らしい。上手い言葉が見つからないくらいに。

その一方で、なんでもかんでもアルビアルビでひっくるめちゃって、それもどうだ?と感じている。しかも急ぎ過ぎてんじゃないかと。

新潟ったって広いのよ、サッカーのアルビは事実上新潟市のチームでしょ。ローカリズムの強い田舎県ってのは地方変わったら別の国同様。むしろ敵視感覚あるっちゃある。バスケットや野球は県内各地でゲーム組んでるったって、肝心の中身がトッププロじゃない。地元チームなんだと身近に感じ難い上に見上げられない。陸上はなにやってるかわからないしお米は収穫期で忙しいし酒造りも大変。ってそんな部門ありませんよ!(汁


やっぱりウィンタースポーツなんだねえ。スキー。皆川。
今のアルビレックスグループ(笑)で世界レベルなのはスキーだけ。

一番競技人口の多い野球はこれ。


ふー

ほらね、とりとめないでしょう?


早く雪降れ。ここ降れわんわん。




IMG_1253.jpg



バス。

いっちょまえにぃ。

先にやることあると思うよ?



6回、トイレに立って、なんか面倒になって外に出ちゃった。

だって面白くないんだもん。。

暑いし。
タバコ臭いし前のオヤジ加齢臭ひどいし。


んん、、なにかと不快。。

スポーツ観戦で途中で出てしまったのは初めてだ。




Image235.jpg




それなりに並ぶテキ屋さん。

ヒマです。。


大凧。

「地震に負けず頑張ろう新潟」


勝ち負けのハナシじゃねえっつーのよ。

揚げ足取り。


どうにもこうにも消化不良。胸焼け。

もう一回、今度は政令指定都市政令指定都市新潟市でのゲームに行ってみよう。

147近況 -2-

2007年09月23日 22:47

やっとこさ丸一日の完全休日。なのに、なのにお天気優れず。今年は春から休日という休日ほとんどこんなん。毎日バカみたいに晴れて暑いくせにさ、一体なんの恨みがあるってんでい。
自転車トレに行こうにも空模様怪しいし山登りも不可。ふーむ、こうなったら久しぶりにアルファさんと戯れてみよう。

まずは早朝ドライブ。んで、半年ぶりに洗車。涼しいのでちょうどいいや。






まずはこれでもかってくらいに掃除機がけ。どうせならば洗濯機で丸洗いしたいくらいだ。

噂のダメ生地シートをご覧下さい。助手席と比べて毛並みの悪くなった具合がおわかりでしょうか。わかりませんか。そうですか。

焦げ茶はシックで好きなんだけど。。



IMG_1233.jpg


IMG_1236.jpg



ブレーキダストが酷い。
ええい、外して裏まで洗っちゃる。

ついでに裏側方面の増し締めとブレーキ清掃。
パッドはほとんど減っていない。それなりに踏むのは山坂道の下りぐらいなもんで、通常走行では必要最小限以下くらいに意識して踏まないようにしている。先読み運転&アクセル加減。前走車の尻しか見ていないもんだからパカパカとブレーキばかり踏んでるペダルはスイッチ式アホドライバーは犯罪だと思っています。渋滞の原因でもある。

25,000km走行にしてフロント-1mm以下、リアは-1mm強。この調子ならば200,000kmもちそうだね。今までの各車もそうだったけど、欧州車って初制動はリア重視なのですな。だから街乗りでわずかにブレーキ掛ける程度の乗り方だとむしろリアが減る。制動時のぐうぅっと路面に水平に沈み込むような安定姿勢もこういうセッティングのおかげ。賛成です。(VWのはちょっと極端だったけどね)


さてと、勢いついちゃったのでボディもやっちゃおう。粘土とコンパウンドでもって激しく磨いていきます。そらもう徹底的に。

あれれ?磨いてたらどうも赤が薄くなったような、、気のせいのような。もしや色退け??
いや、それはないだろう。汚れっ放しの薄くトーンのかかった状態を見慣れてたもんだから珍しくキレイになった赤が明るく感じるだけだ。ほら、ムラもくすみもないし、、でも買った時はもう少し暗い赤だったような気もするし、、うーん、この勝負引き分け!w



タイヤも、FFのわりにはフロントの減りはわずかだ。偏摩耗もしていない。一方、リアはブレーキ同様に比較的減っている。それでも夏タイヤ期間の約20,000kmでまだ8分山残ってるんだから上々。もっともタイヤは生き物みたいなもんだから減りより時間でもって交換していこう。

吊しの銘柄はブリヂストンのトランザER300。205/55の16インチと穏やかサイズ。どういうグレードのタイヤか知らんが雨の日でもグリップ感が大きく変わらないところは気に入ってる。製造は2005年の第14週と書いてあるので2年半モノ。今んとこヒビ割れ無し。生真面目なことにイタリア製。

純正のホイール(スピードライン製)との相性がよろしいのか嬉しいことに空気漏れは極めて少ない。ってか最低月2回は圧計ってるので漏れる暇もない模様。



IMG_1246.jpg




これ以上は無理ってほどに下地作りやってブリスぶっかけ。春先に施工した膜はわずかに生き残っている程度。飛び石の塗装欠け以外に目立ったダメージは無い。
ワックスは窓が油膜ギトギトになるので好みません。んで、コーティング剤は太陽コートが一番良いと思うけど遙かにお手軽で性能充分なこのブリスでキマリ。艶は写真のようにガラスっぽい表情になるのが難点。というか好みじゃない。ウットリトロリ系の艶ならやはりワックスなのでしょう。

こんな休日もたまには良い。無心にクルマ撫で。
って、ずっと仕事のこと考えてた。トホホ。



総平均燃費は11.7km/l。夏前の時点では12.4km/lと望外の低燃費だったのに。やはりエアコン使用は厳しいようで、夏3ヶ月の平均は10.8km/lにまで落ち込んじゃった。ちなみに私の走行パターンは郊外路4・高速道路3・街乗り2・山坂道1。アクセルワークの繊細さではシューマッハかハミルトンか私かってくらいに自負しちょりますがw状況許せば遠慮なく音と感触を愉しむ走り方のわりには燃費も上々ですね。

貢献しているのは私の右足だけでなく素直なスロットルのセッティングにも依ると思う。端的に言って、踏んだ分だけ比例的に加速する。世の多くの、例の非線形スロットルでもって1踏んでも3加速させてしらばっくれてるような姑息なことしてない。スムーズにリニアに加速、閉じれば燃料もカット、エンブレが第一ブレーキ。結果、運転し易い。人間の感覚にトゥーマッチ。

んで、踏んだブレーキのフィールがすこぶる付きでよろしいのも147さんの美点。加えて、裸足で直接パッド押してるみたいに感触モロです。そのぶん汚れは酷くなるわけだろも、カスが出ないかわりにナマクラになるくらいならホイール真っ黒大歓迎ざんす。


もうすぐ二歳。めっきり味が落ちたと感じるもののマズイのかといえばそうじゃない。もともとボディは柔っこいし部品の組み付けなんかもスリリングにいい加減、そのくせ手や腰、尻、足裏といった体と直接触れて操作する部分の機能や感触は人格を感じるほどに生々しい。距離が進んでますます。円グラフじゃ全方位に線が伸びるような優等生とは間違っても言えないけど、他はさっぱりでも一科目は一番、それもダントツでみたいな女の子です。女の子だったのか!得意科目は保健!早熟なんですww


 アルファで聴く

 → The Perfect Kiss / New Order


新型日産エクストレイル

2007年09月19日 22:01






私にとっては冬の山行き専用バス。地味に良いクルマ、日産のエクストレイルがこれまた地味ぃ~にモデルチェンジしていた。

見た目なんも違わない。興味無い人はもちろん、期間限定で乗ってる私でも「へ?」っていう代替わり。それなり以上に売れてるモデルだから変える必要ないのでしょう。都会じゃ知らんが地方じゃ溢れてるといっていいくらいに繁殖してるのは、それはもうフツーにフツーの便利な実用車として認識されているからなわけで。

CMや各種プロモーションなんかの横乗りエクストリーム系若年層を狙った日産の思惑が痛々しいくらいに実際買って乗ってるのはおじさんおばさんばかり。なんかすると立派な軽トラ扱い。ごく稀に20歳代らしき野郎が乗っているのを見かけると思わず「ガンバレ」なんて言葉が浮かぶw
だってさ、程良いサイズとお値段、乗り降りしやすくて冬でも腹擦らない車高、掃除簡単な内装、自己主張の薄い地味なルックス。加えて北日本じゃ四駆でなければダメっていう層も驚くほどにいるときては、フツーに暮らしたい実年層がコレを放っておくわけがない。さらに、バカっぽいSUV的大袈裟な空気がしないのもモノの分別のつく中年や老人が食い付きたくなる理由のハズ。私も、ホントはこんな車高も重量も不要だけどいたってプレーンな印象のエクストレイルは好きなクルマだ。



言うたら履き慣れたトレッキングシューズ。ボディの四隅はっきりわかるしタイヤがどこにあるかもわかりやすい。狭い道も荒れた道もへっちゃら。凍った坂道発進も即座に四駆でOKGOだもん。荷室はきっちり四角で平ら、濡れモノ泥モノOK。後でさっと雑巾がけ。まったくもって便利便利。


冬季、もう勝手に所有車扱いしますけどもね、あの赤いエクストレイルは注文生産のMT車。トルク満々で街乗り楽チン、山坂道だって意外にキビキビ、高速に上がりゃ静かに悠々と走るんだからこれ以上なにを望むのってくらいに実用車のカガミ。

一方、私みたいに絶対性能より官能性を重視するタイプにはマグロ女抱いてるみたいな気がしてくるのも事実。いわゆるロードインフォーメーションとやらは超希薄。タイヤどっち向いてるかもわからん。エンジン音、走行感ともに無味乾燥。いよいよ運転が作業に思えてきて、目的地に着いても余韻も無けりゃ充実感も湧いてこないのです。
そしてなにしろシートが最悪。妙に小さいわヘンに沈むくせに突っ張るわ、終いに蒸れるわで、あげくにハンドルとペダルとメーターの位置関係デタラメで30分もたずに全身痛くなる。人間工学それどこの世界のハナシですか?な運転環境は、貰い物だから乗るけど、私はあれにはお金払えないなあ。。



それでもね、
なーんか憎めないヤツ。

こういうわざとらしさの無い佇まいのクルマってなかなかないものね。


次のモデルチェンジも変わらないでください。

したばっかりだよー!



ルーフレールと無意味なランプは不要と存じます。


xtrail.jpg



新型Kangoo

2007年09月18日 22:57

newkangoo.jpg




「いつかはカングー」

いやマジで私、常々そう思ってます。走ってよし、積んでよし、コキ使ってなおよし。仏製貨客兼用美の伝承車。わずか1回しか試乗してないけど、なあに、段差ひとつと交差点のひとつ曲がってみれば充分。すぐわかった。尻が思い出した。昔乗ってて、もう無くなっちゃって諦め半分で良き思い出になっていた存在。典型的農耕的濃厚フランス車。キャトルの匂い。これだ!って。



renault.jpg


     在りし日のキャトルさん



カングー、絶対に良いクルマだとわかっていて、なにも予算が許さないわけでもないのに、心躍らされて早6年、買うチャンスはいくらでもあっただろうに未だ実現せず。いつでも買えるからとなぜか安心しちゃうのは、きっとあの脱力した佇まいのせい。


と、ぼんやりしてたらなんとモデルチェンジしちゃいました。



newkangoo2.jpg




この後ろ姿なんかはまだしも冒頭の前カット、なにこのおデブちゃん。
久しぶりに会って「太ったねーww」って、お前は俺か。
(春から10kg太りました)


これはちょっとショック。あのコンパクトサイズと驚きの荷室こそがまずカングーなのに、こんなに太っちゃったらそりゃ広いたって当たり前。もっと広くしてくれなんて誰も頼んじゃいないだろうに、このばかー(泣


このショックを消化すべく本家発表サイトにて数字で再確認してみる。

 → Renault Kangoo



馬力なんかどうでもいい。
長さですよ、幅ですよ。重さですよ。いったいどんだけ太ったの。

全長 4,213mm

ほ。

まあOK。ウチの147さんとほぼ同じ。充分短い。

肝心の幅と重さが書いてない。恥ずかしくて言えないんだろうな、ルノーさんも。
調べました。

幅はなんと1,829mm!L寸がはちきれました!このデブちゃん!

いやもうね、これギャグ?って。ベンツSの幅だもん。

んで重さは。

どこにもない。そうか、まだバレてないんだな?
だけどこんな幅広でホイールベースも伸びて、いっちょまえに内装も貼られてるとなれば一気に200kg増しくらいはいきそう。現行が約1,200kgだからうっかりしてると1.5t級とか??


そんなの。。
もうカングーじゃなくなっちゃうんだね。。




newkangoo3.jpg




内側の眺め。
鉄板が見えなくなりました。なんだよー、内張りなんて一枚もいらないよー(T_T)


「いつかはカングー」が急展開。これこそまさに今のうち警報発令じゃん。

そりゃあ新しいのだってね、実際乗ってみなきゃどうとも言い切れない。んだけど、これだけ大きくなった以上は私の知ってるカングー、欲しいあのカングーではなくなってしまったことも事実。現行を日本で買えるのもいいとこあと1年くらい?


さて困ったな。147はまだ手放す気にならないしなあ。かといって買い足すのもねえ、実用車2台ってのも無茶だしなあ。。
147がスパイダーかなんかに化けてくれたら明日にでも速攻でディーラー襲撃なんですけどもね。


それにしてもなんでまたこんなに太っちゃったんだろう。
もしかして追々に横並び3人掛け版なんていうのが出ちゃうとか?ムルティプラ仏版みたいなヤツ。

それならちょっと楽しい。

インパネやら見るにそれはなさそうです。。

147近況

2007年09月17日 22:57

20,000kmを大きく超えていよいよ快調なエンジン。滋味に深みが増してきました。右足のわずかな加減にも即座にかつリニアに反応してくれるスロットルと相まって、この音この鼓動感はホント楽しい。ただ普通に真っ直ぐ走らせてるだけでも堪能の愉悦。








初めてのオイル交換の後は音が変わった。3,000回転を境に混じる例のパリパリ音が消えてしまって、寂しいなあと思いながらも少し距離が進むとまた鳴り出す。そういう変化特性も10,000km過ぎの3回目の交換では直後からカンカンパリパリ鳴くようになった。同時に、2,500回転くらいのゆるゆる流してる状態ではホロホロと和音が混じるようになって、これがまた妙に心地良い。回転数上げない愉しみを新たに発見していよいよこのツインスパークにぞっこんなワケです。さらにトランスミッションのオイルも替えて、エアクリーナーも掃除してと動燃機関は今まさに絶好調。この先、どう変化していくのかもお楽しみといったところ。

[ 続きを読む ]

Murphy&Nyeは限定50台

2007年09月17日 13:47

alfa147さんにまた限定車登場。今度はイタリアのマリン系アパレル屋さんとのダブルネーム。






 → 全国限定50台

 → Murphy & Nye



今までの各種限定版はあまりピンとこなかった、というか、むしろはっきりウゲゲだった。だって無意味なドレスアップ風ばかりで走行面または装備・機能面でなんらメリット無いしさ(いや、17インチやスポーツサスなんて改悪だw)、かえってクルマそのものの価値落としてるんじゃん?って感じで。んま、あちら様も商売、他人様の好みもそれぞれってことで余計なお世話なんですけれどもね。
そんな私も今回の新作はちょっと良いなと思った。昨日オイル交換に行ったら展示されていて、ああまた在庫処分限定仕立て祭ねなんてチラ見したら刺さってきちゃった。



このアパレル屋さん、名前くらいは知ってる程度でなんら思い入れ無いワケですが、海をイメージしたこの爽やか仕立ては良いですねえ、色といい質感といい147の造形に似合ってます、うん。



murphy-nye.jpg





クリスタルライトブルーとな。これは実車マジでキレイ。私のようなオヤジには辛いかもだけど妙齢の女性には最適、引き立て効果200%増。

色といえば内装ですよ。オシャレは内側から。
ブルー/クリームですもん。イッタリア~ン丸出し注意報。このトーン最高。私の尻と背中に合わせて作ったかのようにピッタリなシートも麗しく(残念ながら革の質は中の下)、思わず中身だけ持って帰りたくなっちゃったもん。赤紐の小技なんかも意味なく効いてて楽しいね。同じ小技でも窓枠のロゴバッジとメーターのフォントはイヤだけど。



仕様は右のセレスピード。ワタクシ的にはここが残念。MTだったらもしや買い替え?ってことになり・・・(ないない)

ホイールのデザインも好み。見てくれよろしい17インチ。ただし、再三申し上げますが147/156のシャシーに17インチ+厳ついタイヤは無理です。とっ散らかってまともに走りませんから。んで、劣化倍速。




サンルーフのオマケまで付いてお値段330万円。ベース比+16万円でコレはお得。かどうかは素モデルの値引きとで要注意か。ま、値段云々抜きにしても出来上がりこのお仕立てレベルなら大いに納得。そもそもオプションにこんな内装無い。それにほら、新車で買える最後のツインスパークでもありますし。この味は今のうち物件ですヨ。
気になる方は(いねえよw)お急ぎ下さい。新潟割り当て1台。現在お引き合いゼロとなww



 アルファで聴く

 → Turandot: Nessun dorma! / Luciano Pavarotti

 合掌。

Apple Keyboard

2007年09月16日 22:13

keyboard.jpg


 

先頃モデルチェンジのiMacと合わせて登場したキーボードを買った。

apple.com

もうとにかく薄い。あんたiPodかっちゅうくらいに。
ストロークは僅かで、それでいて節度感のあるこのタッチの良さったら。なんだかMacBookいじくってるみたい。加えて、新iMacのアルミ筐体同様のこの質感。最高です。



IMG_1230.jpg





ほら見て。新旧合体でもまったく違和感無し。
旧iMacさんの足のアルミとキーボードのアルミ。白い筐体と白いキー。

代替わりしてるのにこうしてサラッと融合したデザインってなかなか出来ることじゃあない。旧い某を引きずっているわけじゃないのに、系譜を感じさせつつその実、新しい。こういうところがアップルっていう会社のニクイところ。徹底したデザインコンセプトの成せる業っちゅうヤツですな。




IMG_1229.jpg




ホント、タッチが心地良い。
前のも好きだったけどこっちの軽く短い押し加減の方が断然好み。

キーの配置が少々変更になってます。ワタクシ的にはほとんど影響なし。ちなみに裏側は白いプラスチックで、無駄な手間掛けてりんごマークが彫り込まれてるんだから笑える。



IMG_1228.jpg




以前のモデルは見た目以上のどっしり重量級で、しっかりした土台ならではの吸い付くような叩き心地だったわけだがこんなに薄くなっちゃった新キーボード、はたしてそのヘンどうなの?

これがまた不思議とどっしり、に感じる。ブレ、ソワソワ感一切なし。それこそテーブルに吸盤で貼り付けたかのようにピクともしない。キーは無音のままコクコク吸い込まれるのみ。





キーボードって大切だよねえ。ここの感触ひとつで作業効率大きく違ってくる。会社の支給品なんて最悪だもん。引っ掛かるわうるさいわ疲れるわで、まるで30年前の壊れた電卓叩いてるみたい。イヤんなる。

あーん、これで仕事してえ。




IMG_1226.jpg




新旧比較。
どちらも好き。

ビールこぼして壊して、買い替えた翌週にまたこぼして、さらに翌月にはコーヒーこぼした。そのせいかちょっと動きが渋くなっちゃった。

今までどうもありがとう。

草津温泉

2007年09月15日 22:10







旅館やお土産屋さんにストリップ小屋の果てまで、でたらめな建物群と下品な看板で埋め尽くされていてほとほと汚ったない。んだろも、なんだかんだ良いんだよね。草津温泉。このゴチャゴチャが味の草津なり。

オフシーズンの平日なのに温泉街は賑わってます。悪名高き旅館の質もここ数年は、昔を思えばずいぶんと良くなりました。そしてなんたってお湯。オヤジのお肌もツルリンコで変わらず花マル。


学生ん時、バイト仲間の実家が草津の民宿で、よくスキーに来たっけ。もちろん無料で男女雑魚寝。食事はコンニャクと漬け物。風呂はありません。町の外湯が内湯扱いで、てくてく歩いていくと外は寒いわお湯は熱っちぇえわで。それがまた楽しい。

懐かしいね。
お世話になりました。


そういや昔サッカーで企画モノっぽいチームがあったよね。

今もあるよ!(汁
でもさ、草津にスタジアムが無いんじゃあねえ。。


草津に行く途中の、もうひとつの宿。


Image218.jpg



[ 続きを読む ]

Matthew Wilder

2007年09月11日 22:27

よく考えてみればiPodいくつも持っていてもしかたないので今回はやっぱり買わないことにする。ありがとうございました。

なにがや。



さて今日の'80s。アメリカの国民的色モノに続いては天下御免の一発屋、マシュウ・ワイルダーをば。

このPV見つけたときは思わず「いたー!」と小躍り。この声、このメロディ、懐かし過ぎです。

 - Break My Stride -





よく聴いたなー。

いやしかしですねえ、今改めて見ると名前とルックスと声とが見事にチグハグだもん。なんだい?あんたも色モノかい?っていう。
なんでもいいからマイク両手で持つな、ヒゲ面でー!www



数年前のこと、ナタリー・インブルーリアのCDにこの人の名があって驚いた。はて?いやいや、まさかあいつか?(あいつ呼ばわりかよ)

なんとプロデューサー(笑

笑うな。


好きなナタリー様をなんだか汚された気分にもなったけど、
生きててくれて嬉しかったよ(笑

だから笑うな。



一発屋だっていいじゃないか。その一発さえ出せない人の方が何万倍といるんだから。


マシュウ・ワイルダー。

ましゅう・わいるだー。


響きが妙に印象深くって、ツンと甘酸っぱい時とともに擦り込まれているのです。

新iPod nanoとVillage People

2007年09月10日 23:33

お客さんが新しいiPodをさっそく買っちゃったのでいじくらせてもらった。画像で見ていたはずなのに実物見ると意外なほど小さい。思わず「わっ、ちっちぇえ(笑」

幅広なぶん短くなっているんだから面積自体はほとんど変わっていない感じ。でもって薄い。あの薄いnanoよりうんと薄い。結果、むしろ小さい。前言撤回、これならポケットぜんぜんOK。

で、ちっちゃくてカワイイのに玩具臭くないのが嬉しい。背面が鏡面ステンレスに前面がアルマイトという見慣れたはずの素材の組合せが不思議と新鮮。テーパー仕上げも効いてる。中間色もお上品(水色だった)で、もはや高級感すら。さらにさらに、液晶はまた明るくなってた。

車載のminiと普段使いの赤nanoがあるんだからもう要らないだろと思うものの、つい欲しくなっちゃう。現物触るとやっぱり違うんだよな。この進化は前型を持ってるからこそ響いてくるわけですよ。


だけど動画はどうだろ。見ないだろうなあ。。



さて、'80sコーナー。本日はVillage People。
わたくし的洋楽初期のお気に入り。テレビで初めて見たときの衝撃(笑撃か?)はかなりのものだった。曲よりむしろヘンテコリンな衣装の厳つくてあやしいオッサン達が勢揃いして腰振って歌うその放送禁止的絵ヅラに参った。カッコイイとすら感じた。小学生の時だ。

初めて買った洋楽のレコードでもある。生まれて初めてのレコードじゃなくてホッとしている今です(笑

Can't Stop The MusicのPVがNGのようなのでトレイラーで。




Men at Work

2007年09月10日 00:23

本日の'80sほじくり。






お仕事中。

そして無休月間。

アクアマリンふくしま

2007年09月08日 23:49






魚は見るのも食うのも大好き。

今日はおさかなクンの仕事で小名浜の水族館へ行ってきた。

 → aquamarine Fukushima


ここはなんたって建物がカッコイイ。魚の見せ方もキレイだし勉強にもなるので時間無制限で何度でも行きたい。スタッフの対応も良いし、屋内と外とでの変化も楽しい見事に配慮の行き届いた快適な施設です。


[ 続きを読む ]

Kajagoogoo派です

2007年09月07日 22:05

日課の'80sほじくり。浅妻さんがCulture ClubのTIMEを振ってきたので(私もこの曲が一番好きだ)、今日はKajagoogoo。ご存知Duran Duran、Culture Clubと並んでUKヴィジュアル系バンド御三家。
今でも、もし生まれ変われるとしたらボーイ・ジョージになりたいと思うけど、当時変身してみたかったのはKajagoogooのニック・ベッグス。真っ白くてふわっとした髪型に憧れる田舎の丸刈り球児でした。無いモノねだり的に(笑







ベースがびんびん飛んできてかっこいい。リマールが居た頃も、抜けた後のKajaも好き。

ヴィジュアル系ないしアイドルっていうわりに今みるとなかなか田舎っぽい。加えて、肝心の音楽は一番バンドバンドしていて実力派風なところも御三家で際立って影薄い理由なんだろうね。


このアルバムは思い出たっぷり。

 → On a Plane <Islands> / Kajagoogoo

ミュージックビデオ

2007年09月06日 22:29

んで、観だしたら止まらないのが昔懐かしのPV。
つい買っちゃうわけですよ。

それでも残念ながら聴きたいの(観たいの?)がiTunes storeになかなか入ってないので、そうすっとyoutube地獄。時間いくらあっても足りません。


イントロどころか音のひとつで瞬間80年代にぬぷっとタイムスリップ。
なんかあの頃って真剣に音楽聴いてたよなあ。

こと音楽に関しては80年代に思春期を過ごせてよかった。UK、昭和歌謡。こと人格形成においては(笑
暗黒の90年代世代、乙(再笑


浅妻氏が振るので、この路線でお返し。






問答無用のBananarama。
薄ら軽いサウンドが甘酸っぱいにもほどがある。

こちとら黒服と呼ばれて浮かれて、未成年及びドレスコードという名の差別で客を選んでた。よーするに、好みで。しかも自分が未成年(笑

悪いか。それがバブルの空気だったのだ。


コレはラストの盛り上げでお約束。黒服全員お立ち台で同じ振り付け。
思い出すだけで悪い液が出てきそう(恥汁

いうたらパラパラの始祖だよね。
ただし違うのは、昔は皆ちゃんとリズム感あった。踊れないからパラパラするんじゃないもの。




チープなユーロビートシリーズ、もう一曲。

 → *刺激強し*

新しいiPod

2007年09月06日 22:27

出ました。
なんたってiPhoneの電話機能無し版、iPod touch魅力。

 → apple.com







魅力とかいいながら私、物欲は刺激されるもののきっとこういうの使わない。使いこなせない。自分でわかってる。機能豊富でセンセーショナルだとかえって飽きちゃう。


一方、iPodは従来の大容量HDD版は classic と名付けられてもはや伝統工芸品扱い。主力は nano へってことなのかな。目玉は動画機能搭載。


ipodnano07.jpg




映像ったら画面なわけでこのように幅広になっちゃいました。新しいの楽しみにしてたのにこれじゃポケットに突っ込みにくいやんか。nanoの良さは小さいこと。動画も、手のひらでまで観なくてもいい。今回は却下。今しばらくは二代目nanoさんに頑張っていただきますよ。


んで、考えてみたら私にとってiPodは音楽が聴けたらいいので、それなら shuffle 一番良いじゃないかとなるわけ。望外に小さいうえに張り付くし。

と、ラインナップは上手いことになってます。必要なものを、お好きなものをどうぞっていう。
うーむ、アップルの奴めニクイな。

今回のモデルチェンジ、色が良いね。



ひょっこり買っちゃったりして。
緑色がいいな。

猫背になってちまちまPV観てたらゴメンナサイ(汁


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。