--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中野真矢が引退

2009年10月29日 21:12







お疲れさまでした。

好きなライダーのひとり、中野選手が引退。自身が好きなバリバリ伝説・巨摩郡の56番を背負い、天才ロッシに次ぐmotoGP連続出場記録の安定感。弱小カワサキを地元日本GPで表彰台に導いてみせるスター性に根性と爽やかキャラを併せ持つスーパーヒーローもケガに屈し。。

今期よりステージをスーパーバイク選手権に移し新チーム、アプリリアから参戦。あのビアッジと一緒!アプリリアかっこいい!中野がんばれ!ってんで毎戦欠かさず観ていたんですけどね、ここんとこ欠場で心配していたら。。
彼らしい、責任感故の決断なんでしょうけど、なんとも残念。


nakano.gif



せめて記念になにか買おうか。

中野選手のブランド → 56design


スポンサーサイト

先週のパワープレイ

2009年10月27日 21:13






 -ONCE ダブリンの街角で-



この映画大好きですねん。

ひんやり秋も深まるこんな季節になると必ず観たくなる。




 Falling Slowly -ONCE-
Glen Hansard * Marketa Irgrova




ザ・コミットメンツ!

Kawasaki Z1000

2009年10月27日 10:11

新型Z1000。

エグイですなー






近未来系ストリートファイターってやつですか。私、実はこういうのも好き。

ハッタリ効かせてナンボのバイクですからこういうカタチと色になるのも大いにアリと思う。ここだけ好みじゃないけど柄モノのシートなんてのを当てがいたくなるデザイナーさんの気持ちもよくわかる。



朝、これで峠をビシッと走って、一旦帰宅して着替えて今度は一転スポーツクラシックでもって海岸沿いをタラ~リ流す変身バイクマンみたいな休日も楽しそうだ。


トラディショナルなものを肩肘張らず自分のものにできる大人でありたいと思うと同時に、こういうのもカッコイイと言えるオッサンでありたい複雑なおとし頃なのです。

CB1100

2009年10月26日 23:06

輸入車メーカーが軒並み参加を見合わせた今年の東京モーターショー。なんとロータス、アルピナ、ケーターハムのわずか三社のみ。もはや彼等にとっての日本市場はそういうわけなんですっていうことなんでしょうね、残念なことですけど。二輪も同様の状況どころか日本のカワサキも不参加ときては声もありません。

そんな中、話題の一台がコレ。オートバイの本田です。CB1100。
前回はCB1100Fの名でコンセプトモデルとして出展。好評につき市販化版として今回、名も新たに"F"を取ってCB1100として発表とのこと。


オリジナルのCB1100F







雑誌の立ち読みでパラッと見たことある。あ、いいねって思った。
すっきりシンプルで仰々しくなくバイクらしい佇まいに好印象。このままサラッと乗っても良いしセパハン&シングルシートでカフェレーサーっぽくするのも似合いそうだ。タンクの形も良い。逆に引っかかるのはわざとらしいエキパイと二本サス、それとサイドカバーかな。なんにせよ空冷エンジンの存在感がうれしい魅力的な一台だと思ったのざんす。

そんな、本田にしては珍しい懐古調モデル。実際に市販されるとなってこうなった。

CB1100

cb1100a.jpg




パッと見、ほとんど同じ。コンセプトモデルに忠実に仕上げてきたなと思いつつよーく眺めてるとどうもスッキリしない。なんだろ、エンジンの傾斜?シート野暮ったい?ヘッドライトのステーってけっこう大切なのね。マフラーもちと長くないかい?もっとこう小気味良く短めにスパッといってくれたら、ら、ら、、って細かいちょっとの違いなんですけどもね、随分と印象変わるもんですな。
もっともコンセプトモデルがベストだとも思わないので、私個人的な好みも加えて好き勝手言わせてもらえるのならば市販版はもっと違う仕上げで行きたかった。言ったところでなんともなりませんけど(笑


もちろん法規要件をクリアするための諸々の事情があるのでしょう。このご時世に新作だしてくれるだけでも喜ばしいことなんですな、実際。

でも、でもでも、返すがえすも惜しい。
あー、タンクのラインも要らんと思うんす・・・


なんとなく一過性の企画モノにも見えてしまう。こればかりは本田さんの今後の姿勢次第でしょう。バリエーション増やしてシリーズ化するのか、思う結果にならずとも作り続けていくのか。



cb1100.jpg




フィンが薄くてキレイ。


サイズも手頃だしお値段もそう高くはないのでしょ。
早く現物を見てみたいとても気になる一台でした。

買うことには、、、

ならんな(笑

10,000km到達

2009年10月25日 20:47

おかげさまで10,000km。無事故無違反無トラブル。
おめでとう。ありがとう。どういたしまして。


今日は会心のバイクDay。
一段と冷えた早朝、そっと出発。ドカえモンはまだ眠いようだ。なんせ暖まるまでぎくしゃくとグズる。大きな通りに出たころようやく回転も安定してきたそこには気温8℃の表示。うは。


誰もいないいつもの峠、冬支度を急ぐようにここ数日で一気に変色した森の乾いた空気も心地よい。どこへ行くにせよ、どの季節であれこの時間帯の光と空気が好きだ。
お世辞にもキレイな紅葉とは言えないものの4月から通い詰めたこれまでの時の移ろいを実感する。あれだけ伸び放題に繁って全てをブラインドコーナーにしていた路肩の草葉も、今やスッカスカ。ずいぶんと見通し良くなったのは嬉しいが今度は落ち葉に神経を遣う。路面温度の低さも要注意だ。


指先と鼻が冷たく痛い。んーん、この感じ、いいね。
尾根越しに差す朝日の眩しいこと。峠の夜明け。



SN3K0029 のコピー







撮ったの10時頃なんですけどね(笑



さ、次の10,000kmも安全第一でいきましょ。

先週のパワープレイ

2009年10月22日 22:19

BSB、BOYZONEときたので流れ的に次はwestlifeになるわけです。
なぜ男性アイドルグループシリーズなのかは自分でも不明。ゲイではありませんとだけお伝えしておきます。


 I Lay My Love on You -westlife-





なぜか彼らもアイルランド出身。なぜって言われても彼らも困ると思いますが、良いなと思った曲ってUK方面が多くてしかも実はアイリッシュなんですっていうことが多い。うん、ホントに多いんですよ。。
だからなんやねん(笑


アイドルだけど実力派。だと思う。
この5人のうち誰なのかは知りませんが元プロサッカー選手なんすよね。いやいや多才ですなあ。リーズ(←私の好きなチーム)でプレーしてたとかでポジションは確かキーパーだったような。


アルバムよく聴いたなー
ずいぶん昔のように感じるけど10年ひと昔なんですね。なにゆーてんねん(汁

映像は初めて見た。

ひどいね。
ひどい。なにかとひどい(笑

モンスター カラーセラピー

2009年10月20日 00:01

着せ替えモンスター。








良い意味で、この軽さがモンスターらしい。

カラーセラピーなるこの展開、その名の通り各色にそれっぽい名前と効用が謳われている。
例えば一番手前にある鮮やかな水色は、

 "AZZURRO MEDITERRANEO" = 地中海ブルー
知性、真実、信念、普遍性を象徴するライトブルーは、深さと女性らしさを表す色。東洋哲学では空の象徴ですが、イタリア人にとっては海を象徴する色、よって“アズッロ メディテラネオ”と名付けました。モンスターを魅惑的で若々しい外観にし、冷静さと平静を求める人に。



第一印象、私ならこの色が欲しいと思った黄色は、


 "GIALLO DUCATI" = ドゥカティ イエロー
イエローは太陽を連想させ、動的な膨張を象徴する。イエローを選択する事は、全てのモンスターオーナーが一体になれる感情、過去からの脱却、打破を意味する。エネルギー、自信、輝き、成長、変化との同義語。集中力と学習を助ける、伝統的なドゥカティカラーの一つ。




こじつけてますなー(笑
小面倒な文句並べてそれっぽく。インチキくさい広告屋さんの顔が透けて見えそ。


いやいや、楽しいじゃん。

樹脂カバーのタンクだからこういうパーツは早晩出てくると思った。とっくに出てた(汁
ビキニカウル、タンクカバー、フェンダー、シートカウルの色樹脂パーツセット売り、お値段83,832円!
意外と安いような、やっぱり高いようなビミョーにいいセンついてきた。塗装屋さんに相応の仕上げでオーダーしたらこれじゃ済まないものね。

さらにビックリ。今ならM696購入でお好きな色が1セット付いてくる!
てことは私が買ったら全部で3色持つことになる!うほっ!要らんわ!


要らんわ(笑


3色も要らんわ(笑


てか同じバイク2台要らんて。

ビックリしたなもう。



monster_art2.jpg





さてと、何色がいいかな。

まず黄色だな。黒フレームに黄色!


と、ここで問題発生。もとの車両には標準色として黒フレーム(白、黒)と赤フレーム(赤)とがある。まず赤いモンスターが欲しくて買ってオマケに黄色もらったとしても黄色X赤フレームってそれどうだ?合わないよ?少なくとももうオートバイの色じゃないでしょ(笑

私は赤フレームが大好きなのでそれに合わせるとなると、、

白!白タンクに赤フレーム!ありがち!

それともうひとつ。シルバー!シルバーX赤フレーム!一番好き!



ぷぷ。

楽しいね。


なんかもうオートバイのカッコよさとか機械の持つ美しさや重量感といいますか金属っぽさからどんどん離れていっちゃう。ちょっと違和感。上っ面な消費。

それもまたモンスターならでは。
軽く、深い。


シルバー買っちゃおうか。

またタイヤ買う

2009年10月18日 20:38

今シーズンはこれで最後かな。
いやはや年間のタイヤ代がとうとう20万円を超えてしもた。あふあふ・・・

標準で付いてきたのがBT016ということもあって以降のリプレイスは続けて同じブリジストンにしてきた。BT003ストリートというセミスリック公道最強版。
もちろん私ごときではグリップが不足するはずもなく、暑い季節ということもあって温度依存性でも問題なく、どうにか私なりにこのタイヤの特徴らしきものも掴めて過ごしてきた。とにかくケース剛性の高いタイヤで、荷重をしっかりかけて走る前提とあって技量不足の私と軽量ドカえモンの組み合わせではあまり相性よろしくないようにも感じた。なだけに、稀に得られるキレイな反応を再現してみせようと頑張るわけで、そういった意味では走り方を教えてくれるタイヤであった。


そろそろ違うキャラクターを味わいたいと思って今回はミシュランのパイロットパワー2CT。
うまいこと前後同タイミング。

しかし、違いを知りたくてあえて先にフロントのみ交換。特徴がはっきり出るのはフロントだし、リアは滑ってもどうにかなるので例によってツルッツルまで使ってやろうって寸法。サスペンションの減衰弱めて対処しときます。



一発目のタイトなS痔でメットの中で悲鳴あげた。イボ!


いえいえ。程度の低いギャグやめろや(笑

なんちゅうバンクスピードの速さ!鳥肌ものの切れ痔!(もうええっちゅうに

ヒザ擦るどころか路面に叩き付けたよ。痛びっくり。


たまげた。コケたのかと思った。

こりゃいいや。

皮剥き途中でしかもチェック走の一本目でさえこうだもの。調子のってきたらもう大変。快感汁出まくっちゃって一人ひゃあひゃあ大騒ぎ。

ベタッと粘り気のある003STに対しスパッと軽快なパイロットパワー。私の好みは断然後者。ドカえモンの好みも間違いなくミシュラン様。これこそハンドリングマシーン。マシーン(笑


追っかけ、リアも交換。

うほっ、乗り心地良いな~♪



さっそくいつもの峠へご挨拶。20分ほど黙々と皮剥き。
3本も走るとハッキリ感触変わってきて準備OK。







003より一段落ちのグリップレベルだそうですが私には全く問題なし。充分過ぎます。

こりゃいい。この感じ、大好きだ。
私の好みのタイプは色白ぽっちゃり八重歯エクボ眼鏡ボインとミシュラン。


エッジにビバンダムさんが居るぞ。
カワイイ。

擦り減らすのもったいない(笑

先週のパワープレイ

2009年10月12日 20:45

BSBに続いてまた懐かしの男性アイドルグループです(汁

ローナン・キーティングとその仲間たちって感じでアイルランドからやってきた彼ら。各自ピンでいけるBSBと対照的に、なんせローナンだけが抜け過ぎちゃってる。

先週、久しぶりに聴いてみたら、ふむふむ。なーんか良いんですよ。
欧米のアイドルって(欧米か)やっぱり凄いよなって思ってたら・・・

こんなタイミングで悲しいニュースが。

10日、ステファンが亡くなったとのこと。

ゲイで、そのままパートナーの彼と結婚したんだっけ。





お悔やみ申し上げます。



Rest in Peace Stephen Gately.
Picture of You - BOYZONE -





好きな曲はいっぱいあるけど一番はこれかな。
Mr.ビーンの映画エンディング曲。


Mr.ビーンといえば忘れもしない。その昔、香港から、、ええっと、あれ?どこへ飛んだんだっけ(忘れてるやないか)出張の機内でのこと。まだ個別モニターなぞビジネスかファーストクラスしかない当時、スクリーンにぼんやり映る映画を観るともなしに眺めるいつもの食後まったりタイム。私は仕事の書類に目を通していた。

隣の初老のイギリス人(かどうか知らんが)がくすくす笑ってる。
なんやねん、映画か?

くねくね。あやしい動き。あやしい目。あやしい鼻。
つんつるてんの服。


やけに手足の長いけったいなこのオッサンがMr.ビーンとはこの当時、私はまだ知らなかった。やっているのはテレビ番組かなにかのショートコント総集編っぽい内容だった。


くすくす。


ついつい見入ってしまって、くすくすがアハハ。

ワハハ。

ワハハハハ。



いつの間にやら機内笑い声充満。観てない人ゼロってくらいに。

遠慮なく声出して笑い合う不思議空間へ(笑


スーさんも乗客も大爆笑。終いには拍手まで起こる始末(笑笑


映画も機内の出来事もそれはそれは面白かった。あんなこともあるのですね。

スリッパークラッチ

2009年10月10日 23:00

ドゥカティのクラッチといえば乾式だ。
対になるのは(一般的な)湿式、つまりクラッチ板がケース内でオイル漬け。半クラ時にオイルのおかげで滑って衝撃吸収、スムーズな伝達をしている。耐久性にも優れるがオイル撹拌のロスがある。大出力であればその滑りも大きくなり、それを抑えるために多板化、結果大きく重く。
一方、耐久性を犠牲にしてでもロスを抑えたいレース車両などはそれを嫌って乾式を採用する。軽量かつシンプル。潤滑するオイルが無いのだから滑らない。スパッと繋がり、切れる。猶予がない分操作はデリケートなものとなる。とどこかに書いてあったw


そういう長短もさることながら一番分かり易いのは見た目の勝負。乾式であることをこれ見よがしにすけすけカバーに替えちゃって中身丸見えカスタムをよく見かける。例のシャラシャラシャラ~っていう音も印象的だ。だしかに放熱効果はあろうが足下に回転物剥き出しって怖い。ああいうドレスアップ私は好かない。


と書いたところでドカえモンのクラッチは実は湿式だ(笑

しかし”スリッパークラッチ”なる機構が仕込まれている。




その名も"APTC"






シフトダウン時の回転差をクラッチが滑って吸収するのがスリッパークラッチ。わかりやすい。
"ATPC"とはサプライヤーであるアドラー社の製品名。「アドラー・トルク・パワー・クラッチ」


普通は中吹かし一発ブォン!で回転を合わせる。そうしないと後輪がキュッ!とロックしたり跳ねたり。誰もが一度は経験しているはず。そして、ブォン!も誰もがマスターしている基本技。
この機構もレース車両から来たそうだ。コーナーへのアプローチではブレーキングや重心移動などやることいっぱい。そのひとつにシフトダウン、慎重な回転合わせもある。忙しいんだからひとつでも減らせたらいいよねってことらしい。


私、これがあること知ってはいたけどほとんど意識していなかった。子供の時に身につけたまんま無意識のブォン!でなんの不自由もない。跳ねたこともない。
それはお前おっとりアプローチしてるからだよ、もっと開けて突っ込めよと言われるかもしれないが、なにもレースしてるわけじゃない。通りのない峠とはいえ公道でキリキリしてもしかたないじゃないか。ぷぷ。


aptc2.jpg





試しに、意識してブォン!をしないで走ってみた。
3速→2速へ。

ギャウゥゥーン!!(回転跳ね上がる音)


危ねーよ。体もってかれるっての。
いっこも効かないぞ?なにこれ(苦笑


ホントに入ってるのでしょうか。


それに、どうにもリズムがとれない。
やっぱり軽くブォン!は必要。ショック一切なく決まったときの気持ち良さも愉しみのひとつだ。

スリッパーさんは無かったことにします。

またヘルメットを買う

2009年10月08日 23:00

言うまでもなく最も大切なギア、ヘルメット。転倒時に頭を守ることはもちろん、飛び石や埃に雨、イヤな虫アタックから目や顔を守ってくれて防風防音、ときに防寒。もし、法律でヘルメット着用が義務ではなかったとしても私は絶対に被ります。たとえ被るなと言われても、最後のひとりになっても絶対被ります。



コケたことが有る人ならその重要性はそれこそイヤというほど身に染みて理解しているはず。危険なハイサイドはおろか、たった40km/hで尻からズルッといっても自分で頭を守ることは出来ませんで?後頭部に側頭部にアゴに正面、どこだって抗いようもなく瞬間的に打ちつける。

もはやグッチャリ逝っちゃうくらいの酷い事故ならばどのみちアレだとしても、少しでも生存の可能性を高めるにはやはりフルフェイスに限る。軽快なジェットをアタマからダメとは言わんが防御力では大きく劣るのは否めない。アゴが削れ取れてしまった人、歯が折れまくった人、歯と骨が皮膚を突き破って唇がぶら下がってしまった人、シールドが顔に突き刺さってしまった人、そういう悲惨な状態を目の当たりにしたことがある。思い出すだけで震えてしまう。せめてフルフェイスだったらそこまでにはならなかっただろうと思うになんとも切ない。



 アライ プロファイル リップタイド







サーキット用に購入。
いやいや、普段でも使おう。


ドカえモン購入時に一緒に買ったのはマットブラックのモタード。あえて。
まさかここまでスポーツライディングにハマるとは思っていなかったのでハズシた感じのを選んだわけですが、これじゃライセンス通らない。峠で遊ぶにしてももう少しフィット感のあるやつが欲しくなってきたので買い足した次第。んで、ワンサイズ小さく。

私はアライ頭。だから高校ん時からアライ様一筋。
この機会に他社のもどうかといくつかデザインで気になるのを試着してみたものの、やはり被り心地にしても、なにより内装の秀逸さでアライに決定。もう一方の雄、ショウエイ様のほうがベンチレーションに関しては上らしいけどやっぱり合わない・・・
外国製のは内装がことごとくダメ。値段に釣り合わん。



久しぶりの柄物。
一発で気に入ったのです。

デザインはイタリア人だそう。
サイケデリックであり、それでいて和風な。


リップタイドって海用語だ。潮目とか潮流。

んで他に「心の動き」「葛藤」という意味もあるのだそうです。へえ。


なるほどなるほど。



ただひとつ、アライ様には申し訳ないけどロゴマークはデカデカと要らんなあ。
クリア吹いてあるから剥げんし・・・

色合いや質感は上々です。



しかしまあ、頭はひとつしかないというのに我が家にヘルメットはいくつあるのやら。


お世話にはなりたくありませんが気持ちよく被らせていただきまする。

先週のパワープレイ

2009年10月07日 20:31

 Straight Through My Heart - Backstreet Boys -






お久しぶりのBSB新作。

いい加減”ボーイズ”でもなかろうにと思います。もういい歳こいてるでしょうよ、お互いに(汁

ついつい聴いてしまうわけです。一緒に歳とりながら。


アルバム全体ではやや芸風変わった感じなものの、一番頭に入ってるこの曲はいつも通りのいつものやつで安心したというかなんというか。


しかし白人って劣化が早いなあ(笑
なんですか、AJにいたってはそこらのハゲデブオヤジやんけ(


ニックが着てるライダースジャケット。ダイネーゼ製ドカのメッシュ。
見た瞬間わかった。
私持ってますもん。マネすんなよな。ぷー

またバイクを買う

2009年10月05日 22:47

まずはお気に入りのサイトをご紹介。

 → Single Ducati Dialy 様

なにしろ写真がもう。素敵。
旧い単気筒ドカに、オートバイという乗り物に対する想いやスタンスにとても共感するわけです。整備もほとんどご本人の手によるもので、そのパーツひとつひとつに向けた視線はほとんどアート。あやかりたいものです。


さて、先日告白した旧い感じのバイク欲しい病は快方へ向かうどころか完全に悪化。
どこでどういうことになってしまったのか、いやはや当の本人知らぬ間に実はこういうことになってしまいました。


 Ducati 900 MHR様

Ducati 900 MHR 83



マイク・ヘイルウッド・レプリカ 1983年式。ようし、相手にとって不足無し(照汁

いやいや、こっちが不足過ぎだっつの。恐れ多いにも程がありますです。うまく走らせるにも維持するにも一筋縄じゃいかないであろうことは容易に想像がつく。しかもその車両、なんと現オーナー様が新車当時からずっと所有してなさる。つまり特上スーパー・ワンオーナー車。詳細不明なれどそんなお宝、わたくしごときが受け継ぐわけには参りませぬ。

本当にありがたいお話なものの、ここは理性でもってご辞退申し上げるのが正しい道ではないかと。
金額うんぬんの問題ではなく、MHRなる名車の価値以上に、一台のオートバイを二十数年に渡って生活を共にしてきたその重みなりを継承することがそれこそ重い。

隣町。いつでも見る事はできる。

それでもうじゅうぶん。です。お天気の良い日にちょろっと一緒に走れたらいいなと思います。



そんなことがあった先週。
そうなるともう私の顔がロケットカウルのごとき突進モード。ホンモノ垂涎バイクは無理でもそんな感じのファッションバイクwをこの手にしないことには気が済まない。「散歩バイク欲しいんよ」な妄想はややニュアンスを変化させつつ行動開始。


ポジション最も厳しいやつで散歩。片道100km以内限定。
うむ、これこそ散歩じゃないかと思えてきて我ながら愉快。やはりコレにします。


 Ducati Sport Classic 1000S










スポクラの1000エス。これなら私でも。でも。

ウキウキしちゃって無断借用写真を加工してみた(笑



SC1000Sbb.jpg



ロードバイクの下ハンもって疾走、みたいなフォームがたまらん。
着るものや小道具にも凝りたい。さりげなく。

意地でも肩こっただのどこが痛いだのは言わない。




SC1000Sdd.jpg




カウル内すっかすか。フレーム剥き出し。内張ひとつなければメーターがこれまたシンプルにして目盛りと針がキレイ。そこに液晶ってのもいいね。今の旧、ってのを頃合いよく表現。写真の加工具合が我ながら雰囲気ソーマッチ(汁

納車の暁には、土台の黒樹脂部分をアルミ板にでもして自己満足追求と洒落込んでみますかな。




SC1000Scc.jpg




新車だと150~160万円のスポクラシリーズも中古市場じゃオーナー涙目状態。つまり安い。2年落ち、わずか3千キロ走行のビカモンがほとんど半額なんていう相場。見事に人気ない模様。露骨な市場原理。これが欲しくて予算抑えて2台目逝きますなんていう私にはまことに都合が良い。
(もっとも、走ってないから良いとも言えないのがオートバイの難しいところ。。)


買ったはいいが・・・、ってヤツですね。そもそも距離乗るタイプじゃないうえに趣味性かなり強いキャラで、いざ乗ったらキツイ、曲がらない。このてのオートバイ買う人は他にもなんらか所有していて、カッコは良いがツライ&ガマンのスポクラには次第に乗らなくなり・・・


スーパーバイクやモンスターといった代表車種はそこまで酷くはない模様。欲しい人が多いから。欲しがる人が少ないから安くなる。
残酷ですな。



んが、私の欲しい"エス"はなかなかモノが無い。カウル無しのオリジナルスポクラは選び放題だというのに。
かといって妥協はしたくない。"無し"も好きだけど"有り"が欲しいのだ。

まあいいさ。今買ったってもう雪が降るもの。
来春までに良いのが見つけられたらOK。慌てずじっくり。


ドカえモンもじっくりキッチリ整備しまっせ。


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。