--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

面白いねオリンピック

2010年02月22日 00:29

恥ずかしいくらいに、これまでの人生で一番テレビっ子になっている。仕事だって大事な時期だというのに、寝る時間を割くだけ割いて深夜の中継や録画を観る毎日にそろそろ人相が変わるほどの寝不足である。
出来れば全競技をライブ中継でもってせめて現地と興奮や感動を共有した気になりたいのだが結局昼間のうちに事務所で結果は知ってしまう。なんだかんだみんなの話題なのだ。それでも、普段はなかなか馴染みのない競技が多いからこの機会にしっかり観ておきたい。4年に1度だけ盛り上がる気楽なお茶の間気分を、毎シーズン競技をし続けている選手達には申し訳ないと思いつつ、あと1週間、劇薬に頼ってでも起き続けてやろうと思う。








4年に1度といえばこのおじさん、スケルトンの越選手。今回は45歳!初老!
私は男だからつまり同性なのだが、思わず「指一本だけなら・・・」と目を閉じてしまいそうなほど、とにかくすべてがカッコイイ。己の信念を貫く生き様。自分のスタイルがどうしたこうしたとなにか勘違いしている者どもはこのおじさんの姿を見てなにを感じるのだろう。

鋭くも澄んだ眼と、目尻の皺までもが尊く思える。インタビューに答えるそのひとことひとことが染みる。
メダルには遠い位置だったとしても、師弟対決は美しかった。この背中を見てきた田山・高橋両選手は幸せだし、なんとしても夢を受け継いでほしい。



生き様といえば、国籍を変えてまでもやはり信念を貫いたフィギュアスケートの川口選手。凄いことだと思う。誰にでも出来ることではないし、だからこそ凡人じゃないのだし、オリンピックに出る人ってのはやはり凄いのだと改めて思う。

スケートといえば男子フィギュア。職場の女子はもう大騒ぎである。
力強くも優雅な演技は確かに魅了されるが、4回転をやるやらないの騒動はちょっと微妙だった。私は4回転も飛べないのでなんとも言い難いが、3でも4回転でもいいから魅了される表現がみたい。採点競技ってのは機械で計るものじゃないのだから、これは暴言かもしれないが、メダルの色は参考程度に受け止めておいてもいいのかとさえ思う。裏でいろいろあるのもこの競技のうちだろうし。
それはそれとして、高橋選手の演技はとても美しかった。ライサチェクには思わず見入ったし小塚選手のしなやかさは同性でも感じるものがあった。それに、ウィアー選手のような表現もあるのだなと、これだからオリンピックってやつは面白い。織田選手は残念だったし気の毒にも思うが(感覚が変わるからというのは痛いほどよくわかる)、もしかしたら必然だったのかもしれないなと、手入れされてないように見える靴がそう思わせる。


van4.jpg




残念といえば女子スノーボードクロスの藤森選手だ。辛くてこちらも泣けてくる。4年前、トリノの直後に妙高での大会を観戦し、以来、直接はなにもしないけど心の中で応援してきただけにショックだ。私なら死んでもいいから滑るって言えるけど彼女は若いしこの先もいっぱいチャンスがあるのだから辛いけど賢明な判断だったと思う。

同じ残念でもソリ系の失格は意味が違う。切ないし気の毒はその通りなのだが大切な舞台での失態には「猛省を」としか言葉がない。こんなことを繰り返しているようではますますスポンサーもつかないだろうし、マイナー競技どころか気にもかけない競技扱いになってしまう。自分たちで居場所を無くすことになってしまう。



滑るばかりじゃなく飛ぶのも冬。
スキーで飛ぶのは私も大好きだがラージヒルのジャンプとなると無理。というかノーマルだろうとなんだろうとスキージャンプは無理。彼等は本当に超人で鳥人だ。見ているだけでウットリしてしまう。風をつかまえるっていうのはどれほど気持ちのいいものだろうか。絶対にケガしませんという魔法か保証でもあるのなら一度やってみたいものだ。


一度やってみたいといえばクロスカントリーとバイアスロン。

そしてカーリング!

今、4年遅れで私の中で猛威をふるっているのがカーリングだ。こんなに面白い競技だったなんて!
スポンサーサイト

0:40

2010年02月20日 07:30




こらまた古典的な手で。


んで競技続行w 

バンクーバー冬期オリンピック

2010年02月14日 22:53

攻めた結果の転倒は仕方ない。元女王 里谷多英、やはり彼女の滑りはかっこよくて好きだ。そのスタイリッシュなスキーを引き継いでいきそうな嬉しい新星、コソレンrr好みの村田愛里咲。派手さはなくとも着実にレベルアップ、性格良さそうだしめっきり大人っぽくなってキレイになりつつつつある伊藤みき。これからはエースとしてさらなる進化に期待だ。そして、俺の愛子。あの舞台にいる全員が彼女の実力を知っている。今日は4番目の滑りだったということ。

でも、、

うー。悔しいなあ・・・


4年前からワールドカップ中継はほとんど欠かさず観ているけど、なんだろうか、選手達の表情をみているとやはりオリンピックはいっそう特別なものなのだなと気付かされる。観ているこちらも思わずチカラ入ってしまった。
モーグル女子。見応えのある競技だし、なにより彼女達の華やかさが眩しい。








うー。悔しいなあ・・・

叶うものならもう一回滑らせてあげたい。もう一回。愛子様が一等になるまで。なんならデュアルでどうか。

とバカなこと思ってみたり。



4人とも素晴らしい滑りだった。シャノンは完璧だったしジェニファーも完璧だった。ハナがもっと完璧だった。みんながみんな素晴らしく輝いていた。



aiko3.jpg




今回の赤パンも良いがなんといってもこのシーズンのウェアが好みだ。トリノの時のピンクもよく似合っていた。愛子様の笑顔はなんでも着こなすのだな。





オリンピックで楽しみなのは開会式。次々と入場してくる選手達のウェアや晴れがましい顔をみるのもいいし頭の中で地図帳ごっこをするものも楽しい。近年はちょっとやり過ぎじゃないかと感じるショーも、なんだかんだでやっぱり楽しい。今回のバンクーバーも見事だった。

カナダらしい大自然を感じさせると同時に先住民族の存在を大きなテーマにしているところが印象的だ。一昨年、アルバータの大平原で彼等を何度もみたからなおのこと感慨深いのだ。


van2.jpg



感慨深いといえば行く先々で見かけたポスターやグッズも良かった。イメージカラーが私の好きな青x緑の組み合わせということもあるし、その色で埋め尽くされた空港内の店舗は見るもの見るもの小粋でセンスが良いと思った。どれも欲しいと思って、また近いうちに来るからと結局なにひとつ買わなかったことを後悔し続けたのがこの2年間だ。つまり未だに再訪を果たせずにいる。

なんといってもキャラクターが人懐っこい。



van3.jpg





これからの2週間は思いっきりテレビッ子になってやろう。

選手達には全力を尽くして後悔のない戦いをして欲しい。

冬タイヤ その3

2010年02月11日 22:16

このクルマ乗り心地良いねとかなんだとか、乗って受ける印象のうちタイヤが影響している割合は予想以上に大きい。タイヤそのものの性能もあるし、空気圧のコンマ3も違えばガラリ別物に感じるものだ。さらに、そのクルマとの相性ってやつも無視できない。
以前のアルファ147号ではこれにひどく悩まされた。ピレリの冬タイヤとの組み合わせはそれはもう不愉快一歩手前の酷いもので、タイヤのバネ性と車両側のバネとが悪い共振をしてしまってダンピングがまったく追いつかない俗にいう「ぷるぷるぷるん現象」に見舞われてしまった。とにかく尻が痒くなってしかたなかった。こうなるともうクルマが悪いのかタイヤのせいなのか収拾がつかない。どちらにも罪は無いというのにだ。

相性の問題でしたと笑って済めばまだいいが、車両設計やチューニングの範囲を超えて事故に繫がることだって十分考えられる。そうだからこそ認証タイヤという区分けがなされ、国によっては車検証にも装着銘柄が記載されるし、原則、認証モノ以外は認められない。となれば事故の際の保険だって免責だろう。設計側から言わせれば、想定したタイヤ以外で走られても文句は受け付けませんという、それぐらい重要なものなのだタイヤってのは。


さてと。
世にはランフラットタイヤというものがある。たとえ空気が全部抜けてしまっても側面で支えてへしゃげることなく、しかも80km/hまでの走行に耐えるという夢のようなタイヤだ。その心は、路肩でのスペアタイヤ交換による危険の回避、荷室スペースの効率化に軽量化、引いては燃費の向上。それよりなによりパンクという不安と面倒の解消だろうか。
ちなみに私はこれまでの人生で4回のスローパンクチャと1回の脱輪を経験している。脱輪といってもドブにはまったのではなく車輪そのものが走行中に外れて転がっていってしまった笑うに笑えないアクシデントのことである。大事に至らなくて本当によかった。
総走行距離がどれほどになるのか(90万kmくらいかな)、その4回と1回が多いのか少ないのかは何とも言えないが、いわく、平均して6万kmに1回パンクに見舞われるということを先日聞いた。そのデータに照らせば私などヒヨッ子もいいところというわけだ。ふむ。









本日の北魚沼深部。凍結の上に湿った新雪が積もり出した難易度Cのコンディション。
山間部ゆえ交通量こそ少ないものの一瞬の油断もならない中、X-ICE 2は見事な大健闘をみせた。
たまらず滑り出す際にはちゃんと「滑ります」と教えてくれる。





なかなか本題に進まない。

本題というか、今日言いたいことはふたつ。


BMWはランフラットタイヤに最もご執心なメーカーだということ。
このX-ICE 2は通常のパンクするタイヤだということ。



ぐだぐだシリーズになると私の文章は本当に長くなってしまう。Twitterなどそれこそ悲鳴をあげてパンクしてしまうだろうなう。
こうなることを半分狙ってもいるがその実、なにも考えていない。
このまま春まで続けてしまおうか。

まずは明日の準備をしようなう。大切な商談があるのだ。


 つづくなう

冬タイヤ その2

2010年02月11日 00:26

ミシュランのX-ICE 2はとても良く出来たタイヤだ。
冬の6,000kmを経て、やはりこの銘柄を選んでよかったと深く満足している次第。それでは、あくまで主観だとお断りしたうえでエラソーに採点してみよう。
5段階評価ではありがちなので6段にしてみた。ぷっ


 乾燥(一般道) ★★★★★★
 乾燥(高速道路)★★★★★★
 乾燥(山岳路) ★★★★★☆
 雨天(一般道) ★★★★★★
 雨天(高速道路)★★★★★★
 雨天(山岳路) ★★★★★☆

 静寂性     ★★★★★★
 耐久性     ★★★★★★
 乗り心地    ★★★★★★
 情報伝達性   ★★★★★★

 Z4との相性   ★★★★★★★(嬉しさのあまりひとつ追加)
 (225/45-17 標準設定サイズ)



おそらく、言われなければ誰もこのタイヤがスタッドレスタイヤだとは思わないだろうし言われても俄には信じられないはずだ。改めてお伝えしておくが、この評価は「冬タイヤとしては」ではなく、ミドルクラスに標準設定される一般的かつ良質なタイヤ全般の中での、私の経験からみての相対的なものだ。


普及20年、スタッドレスタイヤとは(というか、ピンが打ってなければ全てのタイヤは”スタッドレス”なのだがここで言うのは冬タイヤ=スタッドレス)柔らかさこそ信条、その目的と構造の結果は必然として、ひとことで表せば「くにゃくにゃ」、もうひとつ加えるなら「頼りない」というものである。11月下旬、多くの人はやれやれと(私は嬉々と)冬を迎える儀式的にタイヤ交換をするが、その直後、最初の角を曲がる際に大抵はヒヤリとするアレだ。ステアリングは空振りしたかのように軽く回り過ぎるしビックリした車体は派手に傾く。いつもと同じ調子で止まろうとすると思ったより減速せず慌てて踏み足す。まるで空気が抜けてしまったかのような感触とグリップ感のおぼつかないイヤ~なアレ。ウェットコンディションでの高速は祈るのみ。程度の差こそあれ冬タイヤとはそういうものだ。


ところがどうだ、このX-ICE 2ときたらそういう経験も概念も吹き飛ばす勢いでもって下手な夏タイヤなど歯牙にもかけないくらい実にシャッキリと走ってみせる。走って曲がって止まる、そのいちいちのグリップ感は申し分ない。ミシュランの歴代冬タイヤ各銘柄は比較的そういう性格だったが今回”2”に進化したそれは一層その指向を強め、もはや一切の我慢も諦めも不要のものになっていた。さらに加えて極上の快適性まで身につけていたのだから恐れ入る。★の数でお察しいただければ幸いなのだが、私は、世の中のタイヤはこれ一本あればもう他になにも求める必要はないと胸を張って宣言する次第。なにしろこのまま雪も氷の上も走れて止まれるのだからこれほど痛快な話もないだろう。まさに万能、ミシュランはここにひとつとんでもない奇跡を起こしたのだ。









古典的ロングノーズ・ショートデッキ。奇妙で、実に美しいフォルムだ。
ぺたりと低く、リアアクスルに尾骶骨を擦り付けんばかりの位置に座るドライバーがここで体験すること、すべてがエキサイティング。タイヤと路面の間に起きているあれこれはシートとステアリングホイールを通じて手のひらと尻にそのまま伝わってくる。1mm滑ればそれは1mmだと読み取れる。後輪駆動ゆえのズリズリは、今まさにタイヤがむずかるその瞬間から感知できるしアンダーステアからオーバーへ切れ込んでいく際の挙動は痛烈にしてダイナミックなことこの上ない。スロットルで車両をコントロールするスキルを会得したければZ4を選ぶに限る。とにかくわかりやすいのだ。望むなら、やってみたと思い浮かべる全てがやれる。


サーキットは敷居が高い?峠道を飛ばすなんて馬鹿げたことだし大人のやることじゃない?

その通り。先の見えない狭い公道で対向車との正面衝突のリスクを背負って130km/hで駆け抜けることになんの意味があろうか。しかし、お気に入りの愛車がどれほどの性能を持っているのかを知りたいという欲求はいたって自然なものだ。どこまでやれて、どこからが限界で、そのときどんな挙動を示すのか。それらを知っているのと知らないのとではなにが違うのかっていうと、真っ先かつ究極的に「安全」に直結する。体験に勝るものはない。1トン2トンの物体が動いて止まるっていうことがどういう物理の理屈のものなのか。現象なのか。体験があれば想像力のバリエーションも増えるし精度も上がる。そして、無知とは罪だ。


乾燥路において強力なグリップを発揮する今日びのタイヤは、Uターンまがいのタイトコーナーを100km/h超でキツく突っ込まないことにはそう易々と限界に達しない。んが、しくじったらタダじゃ済まない。しかし今は冬、都会の人がスッ転ぶような雪の日、同じ臨界体験がぐっと安全な速度域で再現できるのだから試さない手はない。コンディションによっては20km/hでさえスピンモードに入れる。
ただし、場所は選ぼう。(自動車学校で取り入れるべきだ。高校で教えてもいいだろう)




冬タイヤが冬タイヤになる冬。
肝心の雪の上ではどうなのだ?


 新雪   ★★★★★★
 圧雪   ★★★★★★
 砕氷   ★★★★☆☆
 氷    ★★★★★☆
 黒氷   ★★★★☆☆
 青氷   ★★★★★☆

 発進   ★★★★★★
 制動   ★★★★★★
 横グリップ★★★★★☆

 轍越え  ★★★★★☆




いくらかのやせ我慢を込めて申し上げる。後輪駆動は雪道を苦手とはしない。
よく訊かれることなのだが、少なくとも、バランス良好な車両であればほぼFF同等かそれ以上。下り坂では確実に勝る。四駆には発進と轍越えで劣る。良質な四駆ならば発進と直進性加速安定性ともに優れるが、機構分の重量は確実にネガティブだ。止まらない。単純な話、コントロールし易いという点からしても後輪駆動は意外と雪道OKだと思う。


後輪駆動はこの乙4号で7台目になる。積雪地長岡では3台目、すべてBMWだ。これまでただの一度も発進不能に陥ったことはないし転んだこともない。スキーにも行くし(そう、乙4号でも!だってトランクスルーなのだ!)今度はカーリングやクロスカントリースキーにも挑戦してみたい。というのは関係なさそうだが、新潟ならではの湿った重雪から先週のような大寒波によるツルッピカまでひと通り、一般道から高速道路まで走ってみての評価である。


ここでの★は冬タイヤ全般での相対評価。さすがに夏タイヤまで含めた総合でいったら全部★20個になってしまう。

当地で一番人気あるいは定評の銘柄はブリジストンのブリザック各種だろう。ミシュランとは値段同等(一番高額クラス)ながら、乾燥ないし雨天グリップは譲っても最もキケンな氷上性能こそを優先するブリザック、その逆がミシュランという対比になろうか。
事実、ブリザックのいくつかは(銘柄失念)どんな氷道でもほぼ不安なく走ってくれたし、あっさり止まった。同じ道を横浜のなんとかは肩こりまくって仕方なかった。自分のクルマ+X-ICEも難なく走破した。


ブリの指向も理解はする。最もシビアな状況でいくらかでも頼りになるものにはすがりたい。あやかりたい。同じ条件で比較したならブリ10対ミシュラン7.5といったところだろう。手強い黒氷ではとにかく威力を発揮するのがブリザックだ。しかし、残念ながら舗装路面が出ているときは(比率でいったら圧倒的、約80%かそれ以上だ)からきし頼りないところが私がブリザックを選ばない最大の理由である。我慢の限界を超えてしまうのだ。
氷の上でなら安全を買えているのは間違いないが普段の普通の道では、あの安定性の低さはハッキリ危険だと言いたい。雪が降る前に事故ってしまう。ゆっくり走っても怖い。


長くなったのでまとめよう。

11月になったら冬タイヤに交換するべきだ。降雪地に限らず。
気温が低いとゴムであるタイヤは所期の性能を発揮出来ない。晴れていようと気温10度以下にもなれば夏の雨以下のグリップ力でしかないのだ。その点、冬タイヤ=スタッドレスは柔らさを保つ。喰い付く。それだけでも替える価値があるし義務化してもいいとさえ思う。おまけに出先で突然雪に降られようと凍っていようと安全に目的地へ辿り着けるうえ帰ってくることができる。

冬タイヤとは”ウィンターシーズン”のタイヤ。
選ぶべきは総合力でミシュランだ。ぷぴ。


暑い夏はその柔らかさが仇になってしまうこともあるだろう。構造的にも雨天は劣る。(というか思想の違い。排水性重視の夏タイヤ、水を吸い上げて路面にブロック角を当てる冬タイヤ=浮く)
夏は夏タイヤにして思う存分駆け抜ければいいのだ。季節によって靴を選ぶようにタイヤもそうあるべきだ。

冬タイヤ

2010年02月02日 22:32

今回乙4号購入にあたって選んだ冬タイヤはミシュランのX-ICE 2。入れ替えたアルファ147号だけは例外的に、イタリア繫がりの気分でピレリのアイスストームにしてみたが(といっても日本企画/日本産。なんとも酷い代物だった・・・)、私は基本ミシュラン派なのである。ずっと。冬も夏も。
ただ、新車買って付いてくるタイヤ(夏)がミシュランだったというケースは少なく、消耗リプレイスでやっとご指名となるので他社銘柄もそれなりに経験済み。冬タイヤは最初から自分で決められるのだから迷わずミシュランのそのシーズン最新銘柄を選んできた。と同時に、会社の業務車両は様々な銘柄混在で配備されていて、あれ乗ったりこっち乗ったり。おかげで条件イコールではないとしてもおおよそは性能比較できる環境にある。毎日新作並べて味比べってことにはならないものの、歴代の経験から各社各銘柄の傾向や特徴なんてのは大掴み理解している。つもり。
そんなこんなで、これまで自己所有が三十台近くで夏冬タイヤの通算は60セット以上。さらに業務車両を言い出したら収集つかない。


うーむ、ごちゃごちゃと一体なにごとか。
よーするに、私はタイヤにはちょっとばかりうるさいぞと。

タイヤほど重要な部品もないってくらいに。


ちなみに、
タイヤやホイールを「履く」っていう言い方が大嫌いざんす。



SN3K0107.jpg




つづく


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。