--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

釣り

2010年12月31日 07:00




2010年の最後は釣りで締め括る。といっても昨日の話。
野尻湖でワカサギ釣り初体験。

ワカサギ釣りってのは氷の張った湖で穴開けてやるものとしか思っていなかった。寒い中ぶるぶる震えながら天ぷらってやつ。それはそれで一度やってみたいものだが、今回はこのような屋形船。なるほどこういう釣りがあるとは知らなんだ。

船内はこんな感じ。


IMG_0101a.jpg


聞いていた通りに暖かくスペースも余裕。こりゃ快適。しかもうまいこと隅の席確保。
なお、本日は定員マイナス2名とのこと。

7:00受付の7:30出航、7:31乾杯。



同行者は釣り好きの若手スタッフ。何度も来ているという彼が船内第一発目を釣り上げる。

私はポイントまでの移動20分で早くも船酔い。というのはウソで、まったく揺れないのはいいが腰が痛い。そもそも腰痛持ちで先日もピキッといわせたばかりの身にあぐら座固定はキツイ。

2本目を飲み干す頃には堪らずこんな格好。


IMG_0095a.jpg



とはいえ釣りは人の道。これ以上だらしない姿勢は許されない。本来であればあぐら組んだが最後、納竿までいっさい微動だにせず穂先を見つめ続けるものと心得てはいるのだが今日のところはお許し願う。


今回の釣行にあたって竿を購入。レンタルもあるけどここはやはり自分の竿でもって楽しみたい。というのもこのワカサギ釣り、今回だけじゃなく既に2月には仕事で予定がある。やってみようと思ったのもその仕事がきっかけだったのだけれど、それよりなによりこりゃハマりそうと思ったからなのだ。というわけで正月休み中にもまた行ってくるざんすよ。


*釣り熱再燃

IMG_0102a.jpg
IMG_0100a.jpg

スポンサーサイト

痛い年末

2010年12月21日 23:38





寝違えた。

そして腰痛併発。ぅぅぅ・・・


過去にもスノーボードやスキーでスッ転んでは吐くほどのムチ打ちは何度もあるしフツーに寝違えたことだってもちろんある。しかし今回ほど酷いのは初めてで、これはこれで経験値上がったとポジティブに考えるものの、やはり痛いものは痛い。ってか首ってこんなに痛くなるもんなのね・・・
やったのは右側、前後とも痛むがより本気なのは前だ。振り向けない動かないどころじゃなく呼吸すらも辛い。さらに不意にやってくる電気ショックでもって3秒程は呼吸はおろか心臓さえ止まる。とにかくこれがキツイ。それこそぎっくり腰の首版くらいの迫力なのだ。


原因は不明。土曜日の朝に少し違和感があった。その日は出張で、泊った宿のベッドはフニャフニャ柔らかく枕は異常に硬かった。本格的に痛みだしたのはこの日曜日の朝からである。私はどこでも熟睡できる人間なので枕が変わったくらいじゃビクともしないしこの宿にも何度も泊っているのだけれど。。
日曜日が快晴だったのも悪かった。なぜって晴れたらバイクだから。仕事を早々に仕上げて、まだ陽のあるうちにひとっ走りできたのは良かったのだがヘルメットを被るときにピリッときた。

原因不明と言いながら思い当たる節はいくつかあるわけで、そして週明けの月曜日つまり昨日とうとう首崩壊。寝返りだろうか、未明に声にならない叫び声とともに目が覚めた。加えて一日じゅうクルマに揺すられていたのも悪かった。助手席だったのも悪かった。なんせ支えがない。背もたれに預ける角度は首が辛く、さりとて前屈みも辛い、いきおい頭を手で支えつつ上体を中立に腹筋で支える体勢しかとれず前後左右に揺すられる。気を使って運転してくれてはいるが小さなGさえ怖い。かなり消耗。
そして仕上げに腰がピリッときたわけだ。


実に情けない。
まったくもってお恥ずかしいかぎり。

ワタクシ的CAR OF THE YEAR2010

2010年12月13日 15:00

はいはい、お楽しみの年末恒例”ワタクシ的”カー・オブ・ザ・イヤーが今年もやってまいりました。誰もお楽しみにしていません私も楽しくありません!んがー!

若者のクルマ離れブームに乗っかってオッサンも離れてしまったのか、なんだか年々このエントリが楽しめなくなってるような感じがする。毎回言うように、実際に買う買わないは別にして予算も無制限に面白そうと思ったのを選ぼうって遊びなのに、その10台さえがまとまらない。この一年、ざっと30車種が新登場している(テキトー)というのに今回もやっとこさ掻き集めたような有様だ。いや、それでも足りないもんだから勝手にルール変えてマイナーチェンジやバリエーション追加まで対象にすることにしてどうにか納得した次第。
さらに加えて今年は日本車が一台も無い。もちろんちゃんと世に発売されてはいるが、遊びのシャレでさえも自分で買って乗ってみたいと一瞬でも思えるクルマが一台も無かったというのはこれいったいどうしたものか。やれハイブリッドだのエコカー減税だのと嘘にまみれてうんざりするに事欠かずとも愉快な話題はいっこも無し。でもって本家カー・オブ・ザ・イヤーはホンダCR-Zと?

・・・・。


言葉返す元気もないや。

だけど負けてはいられない。なんとか気力振り絞っていこう。がんばろう日本。とオレ。


そういや昨年はこのエントリの翌週にZ4を買ったのだった。それも1位ではなく1位自体が該当無しの挙げ句の5番目に選んだやつ買ってるのだから私って野郎も信用ならない。まあ、それぐらいに正真正銘100%衝動買いだったというワケなのだが幸いにしてこのZ4には大いに満足している。乗り換えるなんてこと想像もつかないしなんなら一生乗ったろうかとさえ思っている次第。それでも明日にはどうなっているやらナニ言い出すかわからない世の中と私であるからして、今回は少しマジメに選んでみた。


 → 2009年版



 第1位 BMW 5シリーズ ツーリング



[ 続きを読む ]

ハイパーのんびり散歩

2010年12月09日 23:06

IMG_0082a.jpg


いつもはバイクがわしゃわしゃと鬱陶しくて通り過ぎるだけの、いつもの散歩ルートにある出雲崎は天領の里。しかし春と冬の平日に限ってはここが休憩ポイントだ。峠シーズンも終わりとなると農道から海岸線をとろりと流すしかないのだけれど、こんな天気の良い日はそれだけでも生き返る。

テラス席を独占の缶コーヒーブレイクひなたぼっこ。
おじいさん、こっち見んな(笑



12月のスタートは快晴で始まった、どころか、ちょっと遅れてやってきましたみたいな連日の小春日和。んもう、あるまじきぬっくぬく15℃に17℃に16℃。すでに冬毛に変わってるもんだから暑いったらない。

これ書いてる今、外はミゾレまじりの大荒れ。寒い。つい先日の春が遠い記憶のよう。

IMG_0085a.jpg



くびれ。ジェット戦闘機ばりの尻。


納車のその足からさんざん野山を駆け回ったハイパー暴れ馬もここにきて少々トーンダウンの1ヶ月2,000km。ここ300kmほどは散歩しかしていないもんだからタイヤは台形に減るわエッジ余って油浮き出す始末。


IMG_0083a.jpg



もりもりトルクの1100cc空冷DSエンジンは、私の知る範囲ではドカに異例の乗り易さである。なにしろクラッチ繋いだ瞬間トトトッと30km/hで飛び出すハイギアードな一連のドカにあって、モタード演出な低ギア比のハイパーはその粘っこい出力特性もあって市街地が楽しいと思える史上初のマシンなのだ。マシン言うなて。

あんまり乗り易いもんだから猛獣基準に慣れた体にはうっかり「あら?も、物足りない・・・?(汁」ぐらいの印象もあるっちゃある。もちろんスロットルぐいと開ければめっちゃパワフルだし呆れるほどクロスしたギアリングと鋭いピックアップでもって刺激は十分以上にある。ただ、猛獣のあの脳汁が後頭部にへばりつく猛烈加速な瞬間ワープは残念ながらこのハイパーには望めない。速いは速いが視界は溶けない。

だからして物足りないなどと言っては罰が当たろう。調子に乗っているとそれこそ暴れ馬に豹変して振り落とされてしまうぞ。気をつけよう。っと。



IMG_0080a.jpg


燃焼感バッチリのエンジンは適度なドコドコ感と従順さを持ち合わせているから、高い視点に直立姿勢と相まってほとんど馬の散歩。ぽっぽかぽっぽか。
あったかくて眩しくて心地よくって、走らせながら寝ちゃいそう。

のんびりライドも余裕でOKな暴れ馬。ナルホド懐深いのだな。




なかなか雪の降らない今年。なんならこのまま・・・

いや、やっぱり雪にも埋もれたい。ような。。

うーむ。むむむ。




 *お知らせ*

ゲイS様、その節は大変失礼いたしました。
ぜひともまたお越し下さいませゲイ。


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。