--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっと降った

2011年11月21日 23:44

ぐっと冷え込んで昼頃からぼさぼさと数センチ、薄っすら白くなって、夜にはまた雨。

こんなに遅い雪も記憶なければ、これほど暖かい11月というのもまた記憶にない。だいたいからして雷が鳴らんもの、雪おろしの。


積もるまでストーブ禁止の我が家は、今日のこんなショボい雪では到底解禁ならず。

かぐらではようやく40センチとか。立山でさえ雪が無いとニュースになるほど。いやはやなんともな初冬、里も山もさっぱり盛り上がらん。早くこんな雪山で弾けたいものですな、おニューのギアで。むふ。



20080208y.jpg
スポンサーサイト

ブータン王国

2011年11月18日 20:37





ブータン国王夫妻が国賓として来日中。でもって新婚旅行。
穏やかな笑顔と凛として品のあるお二人ですなあ。エキゾチックな衣装がこれまた素敵。


ワタクシ的行ってみたい国1位。



なんだろう、この親近感。




bhutan2.jpg


スノーシーズン目前

2011年11月06日 01:05

20080208z.jpg





昨季は4月も中旬になってようやく滑ったというなんとも酷いシーズンだった。故障のせいとはいえこれでは雪ん子の名折れである。再発が怖くて飛んだり跳ねたりもせず、つまり、パーク遊びもせず、春だからふわふわ深雪を泳ぐこともなしにひたすら近所の山を登っては肥えた身体を癒やすのみ。自分の足で登ったぶんだけを滑るという、これはこれで美しきオールマウンテンなのだがやはりどうにも不完全燃焼であることは否めない。しかも悔しいかな近年稀にみる豪雪シーズンだっただけにその恨みは大きい。いつものメンツが大集合のオーバーヘッドな八海山パウダー祭にただの一度も参加しないなんて・・・



そのぶんを取り返すなどと賤しく考えるわけじゃないが、今からメラメラと入れ込んでいる。もう痛いのも悔しい思いをするのもご免、身体も心もしっかり整えて臨みたい。

ついては装備一式を新調、これが一番効くように思う。板もブーツも、ウェアからパンティの果てまで全部。強烈な円高の今やまさにその時。反省と決意を示さなければならない。

ワカサギ

2011年11月01日 22:28

待ってましたのワカサギ漁解禁。

漁か。漁って言えるほど釣ってみせい。

 → 野尻湖様



思えば私の'10-'11ウィンターシーズンはワカサギと供にあった。足と腰の故障は言い訳にしかならないが、そのためにいつもならスキースキースキーがそっくりそのまま釣りに置き換わったのだから、もう恥ずかしながらワカサギがすべてであったと言えよう。


その姿は可憐にして美しく、ぷるぷると愛おしい魚信にすっかり魅せられてしまった。日がな一日静かに糸を垂れる、といった情緒よりは一段積極的な姿勢でもっての知恵比べ根比べ。30メートルの底にいる10センチに満たない小魚を0.3号の糸、2号の針という極小仕掛けでの真剣勝負。繊細の極み。釣りに勝ったも負けたもあったもんじゃないが、それは確かに静かな知的ゲームだと再認識した次第。


今なら紅葉を眺めながらの一日、それを思うだけでワクワクしてくる。
そう、釣りってそれが良い。釣りそのものの時間だけじゃなく、行く前から、そして帰ってからも。食べて美味しくあげて喜ばれ、翌日もその次の日も余韻で軽やか。

大の大人がこれだけ舞い上がってしまうのだからワカサギってやつには恐れ入る。



帰りに仕掛けを買ってきた。そしてタックルの手入れ。
年内無休宣言をしたそばから休む気まんまん。

まんまん。





最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。