--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初滑り

2012年01月19日 23:27

'11-'12シーズン、マテリアル一新で華々しく開幕。したのが1ヶ月半前。
初滑りを9回。過去2シーズンの体たらくを反省し、毎回初陣のつもりで。感謝の初滑り。


山へもこれからどんどん入っていくつもり。とか言いながら、なんだかんだドッサリ降ってくれるものだから足はついついスキー場へ。楽して、たっぷり滑る。12月は奥只見丸山。年明けからこっち八海山。いんやあ先週のオーバーヘッド深雪祭は最高だった。

一日フルに休める休日というのは基本無かったので朝イチのみ。もっとも、深雪を狙いにいってるので朝だけでオッケー。冬も早起き。
この先はもう少しちゃんと休日確保出来そう(でありたい)なので、天候が良ければ山、悪ければスキー場またはワカサギ釣りってパターンか。


んで、恥ずかしながら暮れにまたも腰をいわしてしまった。それもかなり凶悪なやつを。なにがどう繋がっているのか右足太モモもダメ。2日間は伝い歩きしか出来なかった惨めなザマ。挙げ句に左膝痛を併発。ああ、いったいどうなってるんやオレの下半身。1ヶ月経った今もすたすたとは歩けない。なのにスキーはバッチリ。どうなってるんや。人体の不思議。



山、登れるのかなあ。ちょっと不安。

リフト1本で尾根に出て少し歩けばこんな斜面。誰もいない。競争無し。
パウダーな山はこれが一番。また行きたいなあ。


20080208x.jpg


スポンサーサイト

澤 則夫

2012年01月10日 21:05





FIFAバロンドール2011

女性部門
 最優秀選手 澤 穂希
 最優秀監督 佐々木 則夫


新年早々、素晴らしいニュース。

和装がまた良いじゃないの。

ワタクシ的CAR OF THE YEAR2011

2012年01月04日 23:30

あけましておめでとうございます。

さてと、新年早々あるまじきことにいきなり昨年を振り返ってみようと思うのだがええかええのんか。

というわけで恒例企画をもそもそっと進めていこう。 前回 → 2010年版
この一年間に本邦で新たに発売されたクルマの中から選ぶ、気になる一台買う気になった一台あこがれの一台そんな感じで一台のお遊び。ひとつハッキリ言えることは、やはり残念ながら日本車にはもう期待出来ないということ。世の流れや事情は知らんがこれはもう、私が思うクルマとは別種のナニモノかであると思い知らされた。結果、ランクインはマヅダのデミヲ一台きり。しかも純粋新型ではなくスカイアクティブなる新機構を盛り込んだ追加バリエーションでしかないという始末。なにも私は舶来至上主義でもなけりゃヘソ曲がりでもないのに、なぜ、こういうことになってしまったのか。国の基幹産業がこれでいいのか。基幹産業だからこうなのか。


本家の大賞は日産のリーフ。電気自動車。業界の事情。
インフラも整っていない現状でデッチ上げを無理くり市販したこと、その無謀な勢いはおおいに結構。そこに揺るぎない信念があるのならば私はなにも申し上げることはない、のだが・・・

電気自動車ねえ。決まった近所しか走らないどこへも行かない個人に移動の自由など無いというのであればEV、それもまあアリだろう。んが、忘れちゃならんのはつまり、油をクルマで燃やすか発電所で燃やすかの違いでしかないということ。両者の燃焼効率ざっくり30%。

私も社会の一員として環境問題を無視していいワケないのは承知。であるからして、ここでひとつご提案申し上げよう。新型車はもちろん既存車もすべて瞬間燃費計の設置を義務付け。あんなもん吐出をモニタするだけだからチョチョイのポン付け、これだけで世の燃費2割向上間違いなし。よーするに運転の仕方次第。前を見よ、流れを読め、先も読め。右足首と親指に神経を配れ。仕組みを知れ。ハイブリッド?EV?そんな流行りもん要らんからまずはちゃんと運転してみるこった。ついでにオートマ限定免許の撤廃とスピン体験教習とタイヤ交換教習の必須化。これでいろんなことが少しはマシな方向に変わると思いますん。


さあ、気を取り直していってみよう。


第1位 BMW 6シリーズ


[ 続きを読む ]


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。