--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪の日はバイクを磨いて

2012年03月26日 21:48





外は真っ白。
納車から一週間、こうも天気が悪くてはどうにもこうにも・・・

まあいいや、本格的に走り出す前にまずはきっちり儀式を済ませておこう。儀式ってのは、お互い全裸になって触り合いっこ眺め合いっこすること。どこがどうなっているのか、これがなにでこうなっているってのを知り合う最初の大切な儀。しかも今回は10年経過の車両なので徹底的に遠慮せず容赦なく。外装を剥ぎ取って奥の奥まで。連日連夜。



前オーナー氏には心から感謝の程度極上。まるで漆塗りのごとく深い艶の、ほとんど奇跡といっていい磨き傷ひとつ無いソリッド黒塗装にひれ伏す。いやマジで驚愕モノ、こんなの初めて見た。ハッキリ言って新車よりキレイ。どう透かして見ても産毛ほどの線さえ無い。これひとつとってもいかに愛情を注いで大切に乗られてきたかが伺い知れる。受け継いだ私としてもここは今一度気合いを入れ直し心して取りかからねば。

前オーナーの維持に感心ならばBMWのものづくりにも感心。それは美術工芸的な美しさとは違う、しかし確かに”美”に満ち溢れている。なにかこう質量や時間の重さがぎっしり詰まったようなあるいは執念めいたものというべきか、とにかくネジ回す手に伝わる感触ひとつからして明らかに異質のものだ。クルマのBMWにも同様のものを覚えるけれどオートバイのそれはもっと、うんと濃い。




えへ。乗らなくても愉しい。ぞ。

極上とはいえ中古は中古、良くも悪くも10年分のヤレ感は出ている。なまじタンク他外装が素晴らしいだけに特にエキパイやサイレンサーの汚れ焼けが面白くない。幸い両ヘッドカバーも無傷だしフィンの底までキレイなものの各部ボルトはなんとかしたいところ。樹脂部もこのまま放ってはおけない。
年数なり距離なりの調和、これを忘れずに下品一歩手前のピッカピカにするのだ。



ドカ比二倍にも思える肉厚鉄管。カンカン対ゴンゴン。エキパイ、敢えて手磨き。写真は途中経過。

作業場の気温2℃。磨きに磨いて大汗をかく。それこそ摩擦熱で焼きが入るんじゃないかってくらい。どうせ走ればすぐに汚く焼けるのに。こちらも執念だ。


無心。時間も忘れて。
鈍い輝きに吸い込まれる。

やめどころがわからん・・・(汁
スポンサーサイト

ボクサーエンジンはじめました

2012年03月22日 01:12






クルマのZ4とオートバイのR1150R。

二台のロードスターでおもしろおかしく。


RidingParkerⅢ

2012年03月18日 16:57

mf.jpg



水色ロードスターを断念した恨みを服で晴らす。


なんだかんだで上に下に小物にと愛用しているマックスフリッツ様。シックなアースカラーが基本のこちんち、たまにひょっこり色柄モノを出してくる。それがまた新鮮に映るのか、実際とても魅力的でついつい買ってしまう。今回の青いパーカーなどこれ以上無いタイミングで出てきたもんだからさあ大変。大はしゃぎでまた仙台へ買い出しに行く始末。

 → マックスフリッツ仙台 祝 復活! 佐藤店長がんばれ



黒いオートバイにしたら服もヘルメットも何色だって合う。選び放題。これ嬉しい。

そっしてほら、お気に入りの迷彩パンティにも青パーカー。意外といけちゃう。


mf-2.jpg

BMW R1150R Roadster

2012年03月18日 00:01

r1150r.jpg




真横に迫り出したエンジンに奇妙なサスペンション。BMWのオートバイを象徴する伝統的なこのふたつの魅惑エレメントを丸出しの丸見えで素のままに味わうには、フェアリングに包まれたタイプではなくこれ、ロードスターに限る。そして、より魅力的に映るのは、やけに洗練された雰囲気の現行モデルよりも断然旧世代だ。それはきっと私が思う"ビーエム=おっさんバイク"度が濃くて鮮明だから。なにしろ鈍臭くて野暮ったいほどカッコイイのがBMWモトラッドだと思い込んでいるわけで。
ところが、これがさらに旧い2バルブ世代までいくと今の私の気分にはどうもフィットしない。確かに2年前は本気で欲しがっていたのだが、良い意味でオシャレだけど悪い意味で流行ファッションアイテム的だし現実的には維持運用が面倒臭そうだわで物欲的にはどうにか鎮まっていた。



美しき野暮ったさ決定版といえば'90年代のR1100R、それも回転計と時計が蟹の目みたいに飛び出した前期型にとどめを刺す。妙に高く位置したヘッドライトとフェンダーとの間、そのまさしく間抜けな顔つきは丸っこいタンクと鞍のようなシートと相まって身悶えするほどに理想的ビーエムおっさんバイクそのものである。地味で誰も気付かないけど本人人知れず満足、おっとり穏やかプロペラ機的乗り味に静かに浸るの図。

ようしこれだと物色していたある晩、ふと現れたのが水色のロードスターである。後継種、2001年登場のR1150R。ぐっと端正でスマートな佇まいながらもやっぱり隠せない野暮ったさ。漂うミョーな色気。いわば器量気だての良い田舎の町娘みたいな。

決めた。


r1150r-5.jpg



嬉し恥ずかし懐かしのZ3。
同じ色。アトランタブルー。タン革。

すぅーっとハマった収まった結びついた。これだこれ。これしかない。いやもうホントに懐かしくって甘酸っぱい。いろんな思い出・・・(汁
今以上にうんと思い入れのあるこの頃のBMW。のクルマ。となれば、さてBMWのオートバイはどんなもんだろうか。これは乗らずにはおれぬ。乗らずに死ねるかってんだ。



追憶、反省、進歩。
極めて個人的ながら、今、私が日々生きるうえでのキーワード。もとより個人的趣味のオートバイのハナシなのだけど、だからこそそういうものを大切にしたい。12年という時間をふたつの水色ロードスターが引き合わせてくれた。ボクサーに跨がって折り重ねていくのだ、あの頃のオレ、今のオレ、これからのオレ。



r1150r-2_20120318132224.jpgr1150r-3_20120318132224.jpg



新旧織り交ぜのサジ加減の妙にかけてはBMWの右に出るものなし。頑固なまでに守り抜く伝統と行き過ぎなくらいの革新、独善的独創。それはこのR1150Rロードスターでも遺憾なく発揮されている。なんというデザイナーさんが腕を振るったのか存ぜぬが、BMWモトラッドの、いやBMWそのものバイエルン節全開なスタイリングに感服。よくよく眺めれば、登場以前約80年の歴史と流れのすべてはこのモデルに行き着き、現在に至るはすべてこのモデルからリスタートしたのだと、私の目にはそう映る。つまりは究極にして象徴。私のロードスターは来週ハレて納車となるわけだがキッチリ正装最敬礼でお迎えしたい。



r1150r-6.jpg



黒も良いよね。真っ黒ソリッド。

てなわけで実は私のもとにやってくるのは黒いロードスター。水色どうなったんやおい。


程度があまり良くなかったのだ。見つけた希少(?)な一台、ワクワク引っ張ってきてはみたものの納得のいくモノでは残念ながらなかった。いかないい加減な私でも中古車を買おうってのにさすがに色だけで決めるわけにはいかぬ。
ここは腰を据えてじっくり待つ、という選択肢が無いのも私である。言い出したが最後、誰がなんと言おうと今の今すぐに走り出したいのだ。
幸いにしてもう一台、こっちは程度ビカもん中身間違いなし物件が詳細データとともにやってきた。これがまた素晴らしいのなんのってもう。思わずの特上様に一同万歳歓喜の輪。

黒オッケー。苦しゅうない。
これがメタリック黒だったら選ばない。BMWらしく昔ながらの漆のように深いペンキ黒だから決めた。とはいえ納得度90%。R1150Rロードスターというモデルに引き合わせてくれたのは確かに水色だ。本音、残り10%が100%に跳ね上がるくらい水色のロードスターに乗りたい。この恨みは別の方法で晴らすとしよう。



初期のみ存在した水色にタンシートのモデル。他の色はすべて普通に黒シートである。私の買った黒も黒。実はこのタンシートにも大いに惹かれていた。そこで上の写真の黒xタンなのだ。
本国ではこういうオーダーも可能だったのかオーナーが換えたのか、なんにしてもカッコイイしこれぞR1150Rらしいと思う。黒を買うなら納車前にタンへ張替えを考えていた私は嬉しいやら悔しいやら。だってあれほど程度が良いのに張り替えるのも心苦しいのだ。


まあ、まずはあるがままに乗ってみよう。

楽しみだ。

先週のパワープレイ

2012年03月16日 23:36





Highly recommended #5 Deep in My Soul / Jasmin Bailey

春半分

2012年03月11日 19:37





明日は暴風雪との予報。三寒四温なんて情緒もいいけどこっちはもうオートバイに乗りたくてしかたない病なのだ、ひとおもいに暖かくなってくれんか。



夕方まで自由時間の今日、久しぶりに山スキーへ行こうにも残念ながらコンディションが悪い。先週ずっと気温が緩んで一昨日から一気に冷えて雪。標高1,500mで+30cm。せっかく朝から晴れてるのにこりゃ雪崩に突撃するようなもん。守門岳の尾根伝いであれば大丈夫だろうが汁っ気たっぷりの糞雪で緩い所だけ滑っても面白くない。

てなわけでハイパーでひとっ走り。今回は防寒にひと工夫してみた。
いつもの冬ジャケットの下に薄いダウン、脚には自転車用の冬タイツ、そしてネックウォーマー。これで気温3℃の今日は、陽射しのおかげもあって寒さをまったく感じなかった。これなら高速道路500kmでもいけそうだ。しかし手、こればかりは1時間もすると指先が辛くなってくる。といっても操作がままならないという程ではない。なまじ体が暖かいものだから手の冷たさばかりが際立ってしまう。これでフェアリングに包まれてヒートグリップ付きのBMWなら余裕なんだろうなァ電熱ジャケットなんて着たら寝てしまうよなァなどと考えつつ。

寒いときは寒い。暑いときは暑い。それがオートバイってもん。
快適さばかり追ってもね、って感じで。


ハイパーでお散歩は今日で最後になるのかな。。

BMW R1200GS RALLYE

2012年03月07日 07:06

IMG_0567_20120307000130.jpg



いたいた、いました。

これひとつください。



赤フレームが良いじゃないの。
アルピンホワイトがこれまたキレイ。Mカラーも憎い。


R1200GS RALLYE

初ライド

2012年03月04日 23:20





こんな満開の青空はこの冬初めて。びっくりするくらい染みひとつない快晴。

待望の路面乾燥。仕事は昼で投出して嬉し恥ずかし初ハイパーと洒落込む。



晴れたはいいが寒いのなんの。北の風やや強く。気温2℃。しかし、貴重な陽射しとウキウキで体感温度30℃オーバー。なにがなんだかもうわからん。寒くて痛くて暑い。

雪投げサンデーの危険な市内をどうにか抜け出し日陰凍結ヒヤヒヤの丘を無事に越えて海へ。雪のひとかけらも無く辺り一面の春。



IMG_0574.jpg



おれのハイパーモタード最高。

勉強中

2012年03月01日 22:48






今年はBMWのオートバイに乗って遠くへ行きます。


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。