--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

買ったから言うけどアルファ、良いクルマだ。

2006年01月22日 23:34

IMG_0346.jpg






じくじくしてくるスタイリング。まずはこのイタリアンレッドに敬礼。

切れ味鋭いコーナリングとむっちりした乗り心地を併せ持ち、
まるで楽器を奏でているかのようなエンジン音は、赤い魔性の調べ。
彫りの深いインテリアと魅惑の香りに、オトコさらに昂ぶる。

しなやかに、情緒豊かに。

瑞々しくも艶やか。
若いのに豊潤。


いやはやまったく、全裸で乗ってるような快感である。
もう、性感帯大解放。


このクルマ、
女性に例えれば、床上手(笑




IMG_0332.jpg





見て良し、走って曲がって止まって良し。
光と音と香り、アルファ流のおもてなしに酔う。

ああ。オトコのツボをよくご存知で。


こちらも攻めに転じれば、もっともっととおねだり。
揉めば響く、のごとく吹け上がり悦びの声艶やかに。
本性を隠そうとしないこの素直さが愛おしいったらない。

それがまた、ツボなのよ。


アルファを運転するって、
女性といちゃいちゃしてるような時間でもある。

きっと男はみんなそう。
とすると、女性オーナーってどんな気分で運転してんだろ。
レズビアン?(笑

ま、イタ車選んでる時点でエロエロ姫間違いないけども。
自分の魅力を知ってる女性が乗るクルマともいえるかな。

とにかく、アルファを乗る女性はもっともっと美しくなるだろう。



   *  *  *  *  *  *



スタッドレスででさえこのハンドリングである。
わずかな操舵にピッと応え、はっとするほどに切れ込んでいく。
路面の状況どころか踏んでる砂粒数えられるくらいに情報量豊富なステアリングがうれしい。姿勢はビシッときまりギューンとしなって曲がっていく。中速コーナー5連発のヒラヒラ感は極上である。


試乗で最も印象強かったのがこのスキーのようなコーナリングだったが、自分のものにして改めて観察してみると、理由のひとつはこの独特なロールの仕方だろう。普通は前が踏ん張るのにアルファは外輪の前後が同じくらい沈んで路面にめり込むようにタイヤを押し付けてる。その時、内輪はやはり前後同じように伸び上がり、そして離れようとしない。

この新型からコンフォート・サスペンションという脚周りに仕様変更されたのも効いてると思う。柔らかめのバネを、いかにもしっかりしたダンパーがスッと収めてますってのがよくわかる。盛大なロールにヒラヒラ舞う様をして昔のアルファには「アルファ・ダンス」という言い方があるが、これもまさしくそれだ。


155からこっち、どーも現代アルファ・ロメオといえばシャコ短ピョコピョコな下品風情が多い。ツーリングカー選手権のイメージなんだろうけど私はあまり感心しない。それにスポーツサスペンションを日本標準仕様にしちゃって入れてたインポーターにも責任の一端はあると思う。もったいないよ、それじゃ。確かにルックスはね、低い方がカッコイイとは私も思う。それでもアルファ流のスポーツってこの知的なヒラヒラ感でしょう、実際。伝統芸は受け継いで、守っていかなきゃ。大径タイヤ&シャコ短アルファな連中の耳たぶひっ掴んでこの147様に無理矢理乗せてやりたいくらいだ(笑



BMWの脚(ノーマルに限る)こそ実用車世界最高と思っていたがなんのなんの、アルファ・ロメオも負けちゃいない。どちらも”スキー系”なれどさすがイタリア、アルペンの国なのである。
ハンドル切った瞬間の感触はFFというのが信じられないほどに極上のスムーズさでうっとりする。FF最上と思われたアウディはおろかFRのBMWにさえ勝る。山坂道へ行かずとも交差点ひとつ曲がれば誰でも判ること請け合い。





同じくエンジン。これまたエンジン屋さんBMWの6気筒こそ最高、これは今も変わらないが、4気筒ならアルファ・ロメオのツイン・スパークが世界最高じゃなかろうか。
なにしろ情緒あふれる音と回り方にメロメロなのだ。低回転域では粛々と豊なトルクで走り、3000回転あたりからパリパリパリッという小刻みな破裂音が混ざりだし、4000超えると音の粒が揃って悦びの高音に切り替わる。各回転域にドラマがあり、てっぺん7000までそれこそBMW6気筒ばりのスムーズさでいってしまう。


組み合わされるギア比がこれまた絶妙。このエンジンにしてこのギア、どうぞ心ゆくまで回してくださいってなもんである。こう書くといかにも高回転型エンジンのようであるが本領は中回転域の反応の鋭さにあると思う。スムーズなエンジンとガッチリとマウントされた臓物類のおかげで回転の上げ下げが気持ちいい。イヤな揺れもなく、音の変化と感触を楽しむその常用回転は3000から5500である。普通に2000あたりでもスルスルと走れるがガスペダルが吸い込まれていくんだからそりゃ無理な相談。



慈しみのエンジンに極上のハンドリング。
これだけでもアルファ・ロメオに乗る価値があると思う。マジで。


んで、運転技術において数少ない信用のおける友人に貸してみた。

あっさりメロメロになりました(笑

一昨年買ったクルマを10年20万km乗ると宣言し、確かに前車も11年乗り倒した一台ぞっこん派のこの男にして今すぐアルファへ買い替えを悩ませる魅力。毎日マニュアルに乗ってる人間を尚も虜にしてしまったのだ。
理屈じゃない。五感に直で響くイタリア特産エロチカ。


実用100%のハッチバックでこれだもの、クーペなんてどんなことになるやら。。
黄昏のGTV、あるいはスパイダー。アルファ謹製V6エンジン。
楽しいんだろうなぁ。今がラストチャンスなんだよなぁ。


ど、どうしよう、もう一台欲しいんですよぅ。。



IMG_0349.jpg



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://wakarimasen.blog9.fc2.com/tb.php/119-db9cdf17
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。