--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神は細部に宿る? ~取っ手~

2006年02月06日 00:08

IMG_0323.jpg




156に続き147でも採用されたこの特徴的なリアドア・オープナー。
その存在を隠すかのような処理はイタリア・カロッツェリアのお得意とするところで、コンセプトカーには確か30年以上も前から頻繁に見られた手法である。

日本では松田のRX-7(あれ、カッコイイと思うな)が採用し、その数年後に156がこれをやったところ「すわ!イタ車が日本車を真似た」みたいな小さな論争が起こったっけ。元ネタなどとうの昔からある、それをいうならRX-7のシルエットは丸ごとイタリアン・スポーツそのものじゃあないかと私は声を小にして言いたい(苦笑


それはさておき。

取っ手を隠す。
スタイリング上なんらかの理由があるのだろう。デザイナー氏にとっては正当な理由があって、どうしても譲れないところで、けっして気紛れで描いたものじゃあないのだろう。ドア・ハンドルってけっこう目に付く部分だからこそウデの見せどころナリ。

2ドアならこれを廃してよりスリークに。4ドアを2ドアクーペのように。


あのさ、
それなら最初から2ドアで作ればええやんかー。

そう言ってしまっては元も子もない。


ようし、アップで見てみよう。

IMG_0322.jpg




遠目、パッと見に「あら?どうやって開けるん?」のタネ明かしはこうだ。
単純に窓枠の処理に同化させているだけである。

手荷物を置くのに、今時期であれば雪かき棒を後席足下に投げるなどなにかとリアドアを開ける機会は多い。

「うーむ、使いにくいわい。。」(ここ、雪が詰まるのだよ)


その度に私は思う。

「そこまでしたいのならいっそドアの切り線ごと消してみせろい。手品のように」


さすがのワルター・デ・シルバ様でもそりゃ無理か(笑


ドア・ハンドルってそんなに憎いものなんだろうか。
それなら、ここまで電気仕掛けなんだからポップアップ・ドアにしたらいいのに。そしたら取っ手なんて一個も要らないぞ?



そういうわけで、なんだかわかったようなわからないようなリアのドア・ハンドル。まさしくイタリアン・デザインなのだ。粋なのだ。なのだったらなのだ。

裏側を見てみよう。


IMG_0324.jpg




ネジ丸出しだもん。

隠そうや。
隠したくて散々やっといて裏はこれかー!


ドア開けるといやがおうにも目につく。なまじ高いところにあるがばっかりに。
まったく、「頭隠して尻隠さず」とはこのこと。


ちなみにこれ、普通のフリップ式に引けば開くと思うでしょう?
違うの。

撫でるの。四角いところがセンサーで、上下に3回。

セキュリティー機能が働いてる関係で、上から撫でるか下から撫でるか、その回数というのも決められている。金庫か、あーた。
デフォルトでは上から3往復撫でると(ちょっと早く)「カチャリ。」と開くのだが、そんなのオーナーなら誰でも知ってるから防犯に役立たない。それでわざわざディーラーに出向いて固有キーを使って各自好みの撫で方に変更するって寸法。治安のよろしくないイタリアにおいてはこんなところも”機能”としてのデザインなのである。



   るるるるるるるるるるるるるる~



ちょろちょろと凝っている147の各ディテールにおいて私が好きなのはフロントドアのグリップだ。あんなに凝ったリアのそれは色モノ扱いでしかないがこのフロントの、いたって普通のグリップこそ”美”といえまいか。


IMG_0326.jpg


    (アップで撮っておくべきだった)


アルミ削り出し。

握った時のひんやり感、金属特有の凝固感。それでいて手のひらに伝わる手づくりの温もり。引いた時のなんともいえないコクのある感触ときたらそれはもうウットリよ。これはまごうかたなき工芸品。小さな、しかし確かな悦びがここにはある。


アルファに乗り込むときには必ずここを握る。もちろん、アルファじゃなくてもドアのあるクルマなら全てそう。そうだからこそ、こういう心のこもったドアハンドルを設えてくるイタリアの美意識。余裕。共感するところ大なのだ。「今日も楽しくいこうよ」ってクルマ側から語りかけてくるかのようなファースト・タッチの演出。温度をもった金属とのシェイクハンド。私に限らず、アルファ・ロメオのオーナーなら全員がそう感じてるんじゃないだろうか。そして、こういうところも「アルファ・ロメオに乗る」ってことなんだと思う。ドアひとつ開けるだけで嬉しくなれるクルマなんてそうそうあるもんじゃあない。


コメント

  1. コロンビー | URL | -

    またネタにいただきました。それにしても、アルファはパーツでも凝ったのが多いんですね。

  2. みわ | URL | -

    コロンビーさん、毎度ご贔屓頂きましてありがとうございます。

    この取っ手はですねぇ、是非とも一度握っていただきたい。ホントに。
    私は少々取っ手フェチなところがありまして、取っ手の好みでクルマ選んでしまいかねません(笑)

    あ、機会があればバルケッタのも是非。ニヤケちゃいますから、も~う。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wakarimasen.blog9.fc2.com/tb.php/126-a0bdd17d
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。