--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神は細部に宿る? ~また取っ手~

2006年02月08日 00:52

まあそんなこんなで、走ってナンボのクルマにとっては本来そんなことどうでもいいようで実はどうでもよくないディテールに迫ってみる第二弾。


私としては玄関扉の取っ手もこれにしたいぞ、なんなら家中の取っ手という取っ手をこれにできたら嬉しいぞってくらいに腹の底から気に入っているフロントのドア・グリップ。もちろん、あの感触をそのまま再現するには相応に重く硬い扉でなくてはならずキャッチ部にも工夫が必要なのは承知。今後、新築するなんて事態に陥った際には(悪いことなのか?笑)せめて玄関扉にだけでも挑戦してみたいところだ。例えば、樫の木に設えたらどうなるかな、やっぱり金属扉がいいのかななんてニタニタしつつ話は戻って、今度は車内側の取っ手を見てみよう。



IMG_0320.jpg




インナードアハンドルというのかな?指引っ掛けて開けるアレ。
クルマに乗れば必ず降りる。乗るとき必ず触れるのが外のグリップなら降りるときに必ず触れるのがここ。ふむ、当たり前なのである。


さて、これほどまでに気に入っている外側に対して一転、内側のこれはどうにもこうにも嬉しくない。なにがNGだって、食感。いやいや、食いはしないから触感だ。外側のそれは、アルファ・ロメオのデザイン・キーであるところの艶めかしい丸みと切れ味鋭いエッジの融合を20cmほどのパーツひとつでものの見事に再現しているのである。ボディ全体のこのテーマを今度は人間が直接握るグリップに触感からアピールしてくるのだからたまらない。あのですね、大袈裟じゃなくってこれホントですよ?そういう幸せを感じさせておきながら降りる段になって「あれれ?」と違和感を抱かざるを得ないこの内側取っ手。


よーするに軽四でも使ってそうななんの変哲もない安っぽい部品にメッキしただけなのである。こうして直接触れる部位だからこそ感じ得るモロモロが内と外であまりに違いすぎて戸惑ってしまうのだ。
メッキ自体が悪いということではない、内側のハンドルもエッジを立てろとも言わない、せめて統一感に気を遣って欲しかったのだよ、私は。視覚、触覚に連続性がないと人間ってのは過敏に反応するものざんす。つまりつまり何が言いたいのかってえと、ここのパーツも無垢のアルミで設えてくれっちゅうことなのじゃー!ドアを開けるという同じ機能には同じ質をお願いしたいのじゃー!


ふぅ。
チェントロ・スティーレもそんなこと百も承知なはず。それでもこうしちゃったのは、実は私がキャッチしきれない別のメッセージがあるのだろうか。
それともなにか?コスト管理がそれを許さなかったとでもいうのか?なあ、そうなのか?そんな寂しいこと言わんでくださいよな、スポーティでエレガントでプレミアムなのですって欲張りなこと自分でゆーてんだからさ。なあに、それで1万円高くなってしまうというなら私は喜んでお支払いしようぞ。



じゃあですね、乗り込んでドアを閉めるときに握るグリップ、あれをなんと呼ぶのか知らんけどこのクルマでいうたら斜めの黒い棒だ、ここもアルミにすべきかっちゅうとそうは思わない。それはズバリ「切り替え」だから。(我ながらなんて強引な・・・)


黒い棒。
表面をソフト加工した樹脂製である。感触としてはゴムに近く、というかゴムそのものにも思える弾性がある。高級どころはもちろん、近年のVWもこのような設えをしている例のヤツだ。こんな写真ではお伝えしきれないのが残念であるが見ても触っても上質でなかなかよろしい。


そう、この柔らかさが良いのだね。
外の金属で挨拶を済ませシャキッとした直後にこの吸い付くような柔らかさが良い具合に効いてくる。この後、左手はステアリング・ホイールを握るわけだが、金属→ゴム→革と異なる素材に触れることによって知らず知らずに交感神経を刺激されるわけだ。それはとりもなおさず運転モードへの覚醒であり安全運転に直結する大切なこと。そういうことも考えてクルマは作られているのだ。

ということになっているらしい。よくわかりませんね(笑
ひとつ私がはっきり言えることは、このグリップとステアリング・ホイールの太さが同じだということ。これは初めて乗ったときに「むむ。」と感じたところである。クルマを降りてずっと後になってもこの感触は消えない。それがまた不思議と気持ちいいのである。これって、やはりなんらかの意図があってのことなのだろうか。

まあ、たんなる偶然だろうが(笑


取っ手のことだけウダウダと2回のエントリー(汁)
お付き合いいただき感謝。私はこの通りこんなわけわからんこと考えながらクルマに乗っちょります。んで、覚え書きのようなものとしてこのシリーズは続く!


 アルファで聴く -1-
 → Angel / Pharrell Williams
   (*iTunes)


コメント

  1. コロンビー | URL | JalddpaA

    週末にアルファのDへ行って「取っ手」を見てきました。外に置いてあるクルマで気温も低かったせいか、メッチャ冷たかったですわ。ヒンヤリなんてもんじゃなかった。

    よく見ると「取っ手」の面の構成が凝っていますね。単なる棒じゃないのが驚きでありました。

  2. みわ | URL | -

    わはは、実行されましたか。
    どうでもいいことをいかに大袈裟に書いてるかがご理解頂けたことと思います(笑

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wakarimasen.blog9.fc2.com/tb.php/127-de8b9729
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。