--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真剣に滑れ

2006年02月13日 23:51

いやいや、トリノにいる日本人選手に向かって言ってるのではなくって(苦笑

この週末を過ごしてきた白馬で見かけたポスターにあった言葉。
八方尾根のキャッチフレーズなのかな?こういう時代にあってなんともスカッとする、オヤジ心に突き刺さるコピーじゃあないか。

この歳になって初めて行った”聖地”は、なるほど上手いスキーヤーが多くて確かに体育会系なノリの感じられるスキー場であった。






     まあまあの深雪。食い放題。




八方尾根といえば大昔からコブが有名だけどスピード系もOKなのね。朝、空いてる時の大回り一気なんて汁止まらないくらいの快感だった。さすが長野オリンピック滑降コース、迫力満点。非圧雪コース多いわ雪軽いわ景色良いわで、全体のマナーも良いように感じられて、混んだ時間以外はとても気持ち良く滑れた。

スキー道場。

スキーヤーが、それも上手いスキーヤーが多いのも雰囲気よろしい。レイアウトが悪く短いリフトと、その下の厳しめなコースを黙々と求道的に滑り続けるスキーヤー達の醸し出す雰囲気がクラシックな魅力に思える。やー、みなさん真剣に滑ってるもん(笑

帰ってきた今、じわじわと高まる満足感に浸っているところ。ようし、近いんだしまた行こうっと。



白馬といえば上村 愛子さん。
偶然にもその日、その白馬で観た彼女の「決戦の日」

残念でした。
あんなにキレイに跳んだのに、うーん厳しいね。


aiko.jpg



超好みのタイプ。
私がジャッジなら滑る前から満点差し上げます。

ぁぁ、一緒に滑りたい(笑


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://wakarimasen.blog9.fc2.com/tb.php/129-ea84bd76
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。