--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲレンデ独占

2006年03月12日 22:39

「オープン前を特別にどうぞ」

では、遠慮なく。




VFSH0088.jpg




山スキーでもないのにこんな時間に現地着。真っ暗。
そういやバブル時代って早朝営業もけっこう賑わってたよね。



2本目いく頃、ようやく明けてきた。


だーれもいねえもん。
湿った雪夜中にならしてそのまんま凍っちゃってるもん。
ハードパックどころじゃねえもん。
超カリッカリの3段階くらい上。

スピード出過ぎちゃってサイコーー!!\(><*)/イヤァー!
(顔文字の使い方間違ってるかも。喜んでる)



なんちゅうハードダウンヒル。段差で飛び出す。
こりゃ羽根付けたら空に向かって飛ぶね、確実に。


転んだらどうなるんだか。
考えたくもない ((;゚◇゚)ガクガクブルブル
(これは合ってるだろう。怒ってる)


接地感というか食い込み感ゼロ。ひたすら鉄板と刃物の闘い。
板のシェイプが露骨にわかる。エッジングもへったくれもない。
実際半分コントロールしてない。ってか、出来ないね。

でも誰もいないこのチャンス、どんだけスピード出ようと大回り。
広いバーンも幅全部使い放題。遠心力の虜。神を信じて身体全倒し。

気持ちいいのと怖いのと半々。
ピステンの刻み目に引っ掛かってはドキッ、ズレ入ってはドキッ。


たまらん。
恐怖の向こうに快感っていうか。汁だだ漏れ。
(^_^)vカモーン

(だから違うっつの)



フィニッシュは長い上り坂にするかパラシュートくれって感じで、とんでもない振動に揉まれながらようやく停まる。マジで100m滑ってくね。


3kmの猛烈ダウンヒル満喫。
5本やっていっぱいいっぱい。
体力というより、神経的に。


8時。スペシャルタイム終了。

もう撤収してもいいほどの充実感だったものの、陽が差してきて少し弛んだらこれがまた最高のコンディションに。ビンビンのキュンキュン。エッジ食い込みまくり。インリンも裸で逃げ出そうって勢い。


んで、なんだかんだで7時間ぶっ通し。
まだまだ若いのに負けちゃおれぬ。





(;゜;ж;゜; )ブフォ


意味不明。



おかげで、さんざん繰り返し流れてたこの曲が耳に残ってしまった。

 → 願い / mihimaruGT



苦痛。

あのですね。
もうさ、ゲレンデで音楽って要らんと思うのだが。
昭和じゃねえんだから。

自然と生音を楽しもうや。
ま、スキー場を自然というのかは置いといて。





これは先日の裏山。
半腐れパウダー。


VFSH0085.jpg


   若い奴。気持ち良く立ちション中。環境破壊。



山登ってる人も多かったね。

春ですな。


VFSH0086.jpg





一転、本日は大雪。

ん。
まだ深雪いけるね。


火曜か水曜日あたり休むべきか。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://wakarimasen.blog9.fc2.com/tb.php/142-3dae2821
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。