--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホイールって違うねぇ

2006年05月21日 23:33






正しい日本の晴天。なんて気持ちいいんだ。
一年中こうならいいのにって思いながら走ってたけどやっぱりスキーもしたいから冬は必要。夏と秋が要らんのよ、マジで。


新ホイール導入とポジション変更。(先日よりサドル高を2mmアップ&2mm後方へ)これを同時にしてしまったら何が違いなのかわからなくなってしまうじゃないかとの心配もあったがせっかちなんだから仕方ない。はたして、ホイールの違い、これはハンパでないものだった。



まず、明らかに硬いと感じるのに振動がまろやかに伝わってくるという不思議な現象に感激。まるでフレームがワンランク、いやいや3段飛びにランクアップしたように感じる。そうか、ホイールってのはサスペンションでもあるのか。その硬さというか剛性感というものがどういう場面で効果的なのかを注意深く観察してみたところ、これはもう常に効果的だった。踏み出し、加速、上り、いつでもこちらのささやかな出力をロスなく駆動力に変えてくれていると実感。そしてなにより峠の下り、これがとにかく違った。ひとつめのコーナーで「お?」ふたつめで「おおっ!」みっつめで「キャイーン♪」って感じで、まったく不安を感じずに突っ込んでいけるのだ。わずかな捩れの違いというのがこれほど安心感に繋がるとは驚き以外のなにものでもない。結果、速く走れる。凄いのだ。


ホイール・バランスの違い、ハブの精度が最も差となって現れるのがすっ飛ばす下りや平坦巡航での速度維持性能だろう。これは35km/h位から明らかに効いてくるのがよくわかる。そのまま40km/h超えるとさらにグングンいこうとする。こ、これは。。今までの苦しさはいったい何だったのか。。直線の下りにおいても最高速の伸びが全然違って、安ホイールでは約70km/hで頭打ちだったのにそこを余裕で超えてまだまだ転がっていこうとする。マジでちょっと怖いくらいに落ちていく。その後快感(笑


いやはや。

やっぱりホイール(リム、スポーク、ハブ。全部)なんですな。
クルマじゃこうはいかない。アルミホイールでございますったって鍛造軽量の高級品でない限り見た目以外いっこも変わらない。どころか太くしちゃった分クルマの走りは鈍くさくなる。安アルミなんて鉄っちんより始末悪いってもんで、そっち方面を趣味とする方には悪いが所詮ドレスアップなんてのは無駄金遣いでしかない。ところが自転車、このようにモロ性能がアップする。チャリのホイールがそういう鍛造高級ホイールより高価いってのは正直私も躊躇するものだったが今では大いに納得。同じお金遣うならこうありたいもんざんす。




      ◇   ◇   ◇   ◇




ポジション変更も効いたのか平均速度またも更新♪
ハムストリングスを使うことを意識してみたがなるほど2mm後ろへ引くだけでも力の入っていき方は明らかに変わった。なにより尻の収まりがよろしい。2mm上げたのは後方へ引いた分の調整のつもりだったが脚の回転に詰まり感が消えたのは嬉しい。しばらくこれでいてみよう。

ヘッドを10mm下げた変化は、ハンドリングがちょっとクイックになったように感じる程度で残念ながら激変というものではなかった。むしろステムをもう少し伸ばして手を遠くに置ければ前傾姿勢がもっと楽になりそうに思える。これは今後の課題かな。




ちゅう感じで自転車に乗りながら自転車のことだけ考えてる猿セン状態。感じて感じて、考えて考える。ひとしきり考えて、これまた悪いタイミングで弥彦スカイライン。ひたすら考えながら黙々と上って久しぶりにトリップしてしまった(笑





IMG_0453.jpg




頂上のタワー。
乗ったことないな。




IMG_0455.jpg




IMG_0457.jpg





野積側のコースは昨夏の豪雨で土砂崩れ。それ以来ずっと通行止め。
私はこっちのコースが好きなのに。

例によって「がんばろう新潟」

がんばってくれ。早く(笑





IMG_0458.jpg




あまりにも気持ち良く踏んでいけたツケがここで。
脚完売にて回復待ち中。

よく走る自転車ってのはあっさり脚を終わらせる。家まであと30km。これはこれで苦しい。




素晴らしい一日、超完全燃焼の充実感を笹団子でさらに満たす。至福。



IMG_0460.jpg




大好物、江口の笹団子。回復食兼夕食の前菜。
ココアは我ながらどうかと思うが。


今日はあえてチョコバー一個だけで走った。
今時期の150km程度ならこれでいいのかも。少し腹減らしながら練習した方が調子良い。スポーツ汁500mlでそれなりにカロリー摂ってるわけだし。

ま、今までは食い過ぎだったと実感。
少なくとも、自転車トレーニングの最中に箸使って飯食っちゃダメだろ(苦笑


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://wakarimasen.blog9.fc2.com/tb.php/178-449b9d80
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。