--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザ・ニュースペーパー

2006年06月28日 23:50

先日、とあるレセプションをコーディネートさせていただいた。その際にアトラクションとして呼んだのがブラックユーモア満載の社会風刺コント集団 ザ・ニュースペーパー。政治経済、スポーツ、芸能からアンタッチャブルともいえる宗教に皇室までをも鋭く切り込み笑いで包む、そのバランス感覚の妙。他人をネタに小馬鹿にした表層的軽薄なお笑いが多い中、同じ突っつくにしても知的でユーモアに溢れる、大人が笑えるコントは貴重にして秀逸なのだ。


 → official site




タイムリーな時事ネタを面白おかしくまとめ上げていて、考え抜かれたセリフとともにショートコントと歌を連発で回していく構成は1時間笑いっ放しであっという間。舞台役者としての実力が基礎にあるからこその説得力で安心して観ていられる。





    これは有名? 小泉演説





初めて一緒に仕事させてもらったのだが、事務所のスタッフも気持ち良ければ役者もまた奢るところもなく実に気持ち良い。打ち合わせするにもしっかりこちらの目を見て話すし腰も低い。んで、いざ本番となればこのパワー。もう好感度特大なのである。
会場もゲラゲラならソデに付いて音響・照明を担当するスタッフも自分とこの芸にクスクスしてるあたりが愉快なり(笑



「笑いの中に今が見える」

「難しいことを易しく、易しいことを深く、面白く」


このスタンスに共感。
いかにもイギリス的な知的ユーモアって我々日本人にはなかなか馴染みがないように思えるのだがこのグループのステージを観ればスッと染み込むこと請け合い。
さっそくDVDを送ってもらったけどここはやっぱり生で観たいところざんす。


参加者をもてなす気持ちに溢れた主催者と、私の要求に充分応えてくれたホテル、そしてニュースペーパーのみなさんのおかげで素敵なレセプションになったと思う。タフな仕事ではあったけどこの達成感というか充実感はなかなか得難い物だ。あの場にいた数百名が揃って笑顔で帰るところを見届けられてクライアントにも感謝していただける。これこそがエージェント冥利に尽きるってもの。いやいや、ありがたいことですねい。


コメント

  1. 浅妻 | URL | -

    今朝の日報に紹介されていましたね

  2. みわ | URL | -

    あった、あった。手広く稼いでるようです。
    教師を前に教育問題を切り込んだり君が代とかアレとか、なかなか酸っぱい空間になってるのでは。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wakarimasen.blog9.fc2.com/tb.php/190-7cb6bc6e
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。