--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妻有アートトリエンナーレへ行く その17

2006年09月30日 01:47

気を取り直して次に向かうはまたも廃校、旧真田小学校。
えらくくねった山道さんざ上って、螺旋階段みたいな村道を下りていく。おいおい、まるで迷路だな。帰り道わかるのかなってちょっと不安になる程にこの鉢集落の構造というか道が面白い。

あ、そうか、それで「鉢」なんだな?



たどり着いた廃校。

 

うーーんっ!ちょっと待てーい!

なんかちょっとね、微妙にイヤな空気してますよ?
ちょっとどころかほら2階ですよ。強烈に一カ所うめいてるんですけどー!(T_T)


あー、ここはあんまり気が進まないなぁ。。止めとこっかなぁ。
でも見たい絵があるんだよなぁ。。


なんていうんだろ、全体は朗らかな空気に包まれてるのは確か。なのにミョ~に悲しみが強いんだよね。

こりゃ意図的になにかやらかしてる作品があるんじゃないか?きっとそうだ、うん。
あのですね、良いのに混じってちょっとかわいそうな時間が閉じこめられてます。悪いけどこれは言い切ります(苦笑






Image046.jpg






マジで、クルマ降りてすぐには近づけない。あーこういうのイヤなんだよな。
さすがに入るの躊躇ってしばらくグラウンドから眺めてみる。


うん、外は平穏かな。


ちょうど出てきたひと組のカップル。


「あ。。。。」(←ぎょっとする私の中の声)



彼女さん・・・
つ、連れてきちゃったね・・・(合掌&苦笑


あ、でも、ありがとうございます。(ってことになるわけです)




いやね、なにも私オカルト好きじゃあないから。
ってか、そんなんいっこも理解しない。笑い飛ばす価値すらない。

でもね、ここは私と同じ感じ方をした方も多いと思うよ?
特に女性はまず平常心でいられないはず。2階のあそこね、作者さんの悪ふざけじゃないといいんだけど。。









んでは。

入ってみますか。





Image017.jpg
Image019.jpg
Image021.jpg
Image022.jpg








やりぬく子 真田小学校生徒会さん作



なんつってな。


とにかくやりぬかなくてはならないらしい。
子供も大変だな、こんな田舎なのにノルマ課せられてさ(笑

だけどなんだろ、ここそんなに古い感じはしないな。いつ頃に廃校になったのかな。



ところで、こういう説教めいた標語(?)って最近の小学校じゃ流行りなんでしょうかね。だって私が子供ん頃なんて「田んぼや畑を荒らさない」とか「川に落ちない」「のら犬に噛まれないこと」「ハナは拭わずちゃんとかみましょう」「天気が良い日は外で遊ぶ」ってな調子で、いやマジで教師も生徒ものん気なもんだったけどな。




Image032.jpg






やりぬいた子(笑




そうだ、ついでに言っておこう。なにを隠そう私、一時は教師になりたいと考えていたのだ。

とにかく小学校のね、担任の榎本先生にはホント教わった。なにしろ転校してきた2年生から卒業までずっと、クラス替えあっても丸5年間ずっと一緒だからほとんど大きいお姉ちゃんか母親みたいなもんだわさ。いつだったか榎本先生本人もそんなこと言ってたし、もうお互いそういう存在。

嬉しいことは一緒に喜び悲しい時は一緒に泣く。わからないことは家まで来て教えてくれるし叱るときは本気の本気で叱る。風呂も一緒に入るわ、そういや胸尻触り放題で相撲ごっこよくしたっけな。今改めて思い起こしても、姉弟であり母親でもあった、マジで。
引っ込み思案だった私(笑)を自分に自信持てるように育ててくれたのも、絵が好きになったのも、足が速くなったのも泳ぎが得意になったのも、みーんな榎本先生のおかげ。


んで、私は榎本先生みたいな教師に、生徒にとってそーいう存在になりたいと願ったわけ。子供の頃ケガだか入院しただかでその時の優しさに「わたし看護婦さんになるの♪」って女の子と同じ感覚かな。




いくつか廃校を訪ね回っていてやはり意識したね、そういうことは。
ちょうど、小千谷の山奥の小学校で臨時教師やってる若い女子と話す機会多いのもあって、なおのこと身近に感じて考える。今の小学校、子供の頃の小学校。ならなかった自分。

ああ、俺がこういう学校で教師してたら子供達とどんな毎日なのかなとか、日曜は日曜で集落の大人達のあれこれに付き合ってプライベートもへったくれも無いんだろうなーとか。




山間の田舎に住むこと。
小学校の教師になろうとしたこと。
集落の方々と付き合うこと。


芸術祭に来てるのに私、いろんなこと同時に考えてるじゃねーか。
忙しいったらありゃしねーよ、まったく!(笑




ほら、入るよ!




場所の魅力 Rina Banerjeeさん作




スペルからするとインドの方かな?

んで、これはタージ・マハールっすか?





Image018.jpg







Image020.jpg








なんでまた、今ここにイスラム寺院??


オラわからんなー。ゴメーン(笑








Image023.jpg






進んでみよう。

ここらは全然悪い雰囲気しない。ってか、奥から温かいの呼んでるよ。





って、なんだい、ビックリしたなもう。





Image024.jpg






Image026.jpg






Image025.jpg









死体のある風景 伊島 薫さん作





タイトルそのまんまやないか、おい。

ひねろうや(笑



いやしかしもう、この死体さんの死に方は見事ですな。これも演技っていっていいよね?だってホントに死んでるみたいだもんなー



いい写真だ。うん。

確かに” 風景 ”と化してる。

んでもって衣装の色ですね、これで勝ったも同然。って勝ち負けの話なんかい。





あ、私がさっきから嫌がってるのはこの死体写真じゃありませんよ?これは全然キレイ。いや、キレイ汚いの話でもないんだけどさ。



それにしてもいい写真だなぁ。。


これは大好きだ。








 つづく




ちなみに、この辺りから写真はデジカメでなくケータイのもの。
電源オンオフの繰り返しでバッテリーがなくなりました。

ご覧のようにどうしようもない画質。
AQUOSケータイのカメラはただのオモチャ(泣

デジカメも魚眼みたいに歪んで酷えもんだけどね。







コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://wakarimasen.blog9.fc2.com/tb.php/237-b1c1f999
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。