--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アウディのクーペ

2007年06月26日 00:52







あまりにショッキングだった初代、コンセプトモデルそのまんま出てきちゃった走るモダンアートみたいな。もうこの一台をもってして一代限り、進化も退化もない一点モノ的スペシャリティ。その存在感の大きさゆえモデルチェンジ”してしまった”(あえてこう表現しておく)新型は、これはもうナニやったって無理。ナンボ走行性能が進化しようとTTに限ってはそういうハナシじゃあ、ない。随分と昔のことになっちゃうけど、もう買う寸でまでいって、しかも今だに欲しくて未練がましく出窓にミニチュアカー飾ってる私に言わせれば、スクープ写真見た瞬間「なんてことしてくれたんや」っちゅう。


なにもこの新型がカッコ悪いとかダメとは思わない。ただ、TTは変わっちゃいけないモノだと、二代目もへったくれもあっちゃならん種のモノと思いこんでたもんだから刷新版を見ても素直に受け入れにくいのざんす。


最近になってようやくこの田舎町でもポツポツ見かけるようになった。てか、同一人物だ、きっと。さんざん走り回ってるんでしょうね。
んで、写真で見るのと現物、まるで大違い。呆れるくらい違う。雑踏にあってキラリ輝く存在感。バウハウス再解釈的造形美。手のひら返しでオハズカシイのですが、新型TT、めっちゃイイわぁ





ttc.jpg



いい尻だ。

緑がちょっと混ざったシルバー。こういった中間色が似合う街並みは残念ながら日本にはない。



写真映りがいいとは言えない。前提があるだけになおのことガッカリ感強し。
なにかの拍子に実車見て、しばらくたってスイッチ入る。そのアクの強い顔や主張するディテールゆえの違和感が徐々に説得力を持って染みてくる。忘れたくとも忘れられない式に潜伏期間があって、日にち置いて再会した瞬間キュイーンとヤラレる。

写真映りいいのに本人に会ったらアレレ?の逆、つまりホントに美。
あれ?それってアルファ・ロメオ専売特許じゃなかったっけ??




ttb.jpg




ロードスターもある。
真っ赤てかの内装でもってバカっぽく乗るのも一興。特別な時間ってのはつまり自己演出ですから。





さて。
実はもう一台気になるクーペがある。よりによってアウディ連発で。

そのうち日本にも入ってくるであろうブランニュー、上級クーペのA5。



A5a.jpg





普段使いA4のクーペ版ではない。イチからクーペ一本でA5。
上屋と土台が1:2。黄金比的に。カッコイイ。

どデカいグリルの新アウディ顔、好きか嫌いかっつったら嫌い。さっぱり見慣れない。取って付けました全開A4後期なんて悲惨そのもの。一歩引いたでしゃばらないスマートさこそがアウディのヒキだったのに、それこそ「なんてことしてくれたんや!」。


ところがA5、こっちは違う。ゴツめのアンダーグリル設えたらたちまち収まりよくなった。やっと消化しましたっていう。これはアリだと思うのです。ただしワタクシ、ヘッドライトの光る”くま”だけは生理的にNG。そこらのバカ女の化粧みたい。




A5c.jpg





中も上等感丸出しですねえ。
世界一精緻な作りのアウディでもって渾身の一作ときたら、そらもうピリピリに凄いってわけです。

欲情してしまうような造形ではないけどね。




A5b.jpg




クーペはやっぱりこの角度で。
ん?なんか全体の印象BMWのに似てるね。


アウディの尻はセダンでもワゴンでも昔っから好き。A5カンペキ。
かなりモノのわかった落ち着いた大人の尻です。もちろん女性。ビシッとスーツ着こなしたいいオンナ。お仕事テキパキ。実は月曜からガーターストッキングですっていう。



うーん、こういう乗用車っぽいクーペもいいなぁ。

でもアルファ壊れないんだよなぁ。。

まだまだ乗りますヨ!



 アルファで聴く

4 In the Morning / Gwen Stefani



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://wakarimasen.blog9.fc2.com/tb.php/359-c4d78060
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。