--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノブヲに弟

2007年06月27日 00:16







上位機種だから兄というべきか。

ノブヲとの違い、それは手ブレ補正機構が付いて、それからグリップ。カメラとしての中身は基本同じ。操作性に少々の改善があって差額プラス約2万円。


 → OLYMPUS E-510 新発売


今ドキの一眼レフっぽくごっついグリップが付いただけで随分と印象が変わるもんだなあ。なんだか普通のカメラになっちゃった。

「なっちゃった」って言い方をするのはつまりワタクシあまりこの新機種は刺さってこない。ノブヲを欲しくなった時点でE-510の存在はもちろん知っていた。それでも、仮に同時発売だったとしても迷わずノブヲを買っていただろう。お値段の上下なんて些細なハナシ、余分なものを削ぎ落とした見てくれと存在感でワクワクさせてくれるノブヲの軽快さが魅力なんだもの。



手ブレ補正はさておき、こんな大きいグリップって必要なもんですかねえ。私がそういうのを常用してこなかったからありがたさを知らないだけ?でもG1でもノブヲでも不便に感じること一切無いし、そもそもレンズの飛び出たカメラってな左手で包んで持つべきじゃないのかな。。

手ブレ補正も、これまた私ありがたみを知らない。あったらあったで困るもんじゃないとは思うけど無くてもいいや。手ブレさせないように撮る基本は変わらんのだし。



思いますに、なんで先にこっちの高価い上位機種を発売しなかったんだろ。上級版でスタートして最初の勢いでふんだくって、しかるべき頃合いに値ごろ感与える下位機種をポロッと出してさらに売り上げ増ってのが物販のセオリーのような。もしやカメラってそうじゃないのかもね。実験的要素のある新シリーズだから先にまず普及版出して様子みつつ改良加えていこうってことですかね。

てか、たしかに兄弟機種なんだろうけどノブヲと兄って同シリーズでありながら別ジャンルって感じ。主に精神的に。



曰くノブヲ、オリンパスにあるまじき売れっぷりだという。いいことですね。
私の周囲では今んとこ3人、兄が出るの待ってる。やっぱり手ブレ補正とグリップがあったほうがいいからって。ふうん、そーゆーもんですかね。ま、望遠使いたい人にはいいかも。

どっちもいっぱい売れるといいね。


 今日のワンダー
 → 小さい手。




コメント

  1. rr | URL | nL6A2.tM

    よっぽど・・・

    ノブヲが気に入ったんですねぇ・・・。
    実際グリップに慣れてしまってる僕は
    ノブヲを持ってみてなんだか心もとない感じでした。
    グリップあると片手で持つとき持ちやすいんですよね。レンズ換えるときとか。
    撮る時もぐっと引き付けて固定できる感覚があって安心感ありますね。

    まぁ慣れでしょうが。

    本体内蔵の手振れ補正も結構あれば便利な気がします。特に望遠側に振ったりするとどうしても暗くなってシャッタースピードも落ちるし角度的にもぶれやすくなる。
    室内だと尚のこと。
    ISO感度いじっても限界が・・・。

    手振れ補正あるとシャッター速度2~3段速く出来るらしいので、僕は本体手ぶれ補正、ライブビューがスタンダードになるまでしばらく一眼レフはお預けしようかと思ってます。

    何より、独身男には撮る物がない!!

  2. みわ | URL | -

    独身関係ないっしょ(笑

    告白しますとね、KISSデジ使った時に大きいグリップって良いなと思いました(照汁

    手ブレ補正は意地です。「そんなもんにまで頼ってたまるか」っていう。ノブヲはISO1600余裕とはいわないまでもノイズまみれにはならないんですよ。驚いたことに。でも意地で100とかで撮りたい(笑


    んで、この際MFの銀塩でもどうですか。振り幅大きく。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wakarimasen.blog9.fc2.com/tb.php/360-c22f37ac
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。