--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高校野球

2007年08月18日 00:29






ここ数年ちょっぴりマイブームな野球。今年もサッカーは一度も観に行ってないのにプロ野球は広島・神宮・甲子園と行ったぐらいにして。そして、昨年の壮絶な決勝戦以来高校野球にも興味を持ち、夏の県大会も観に行ってみた。私がやっていた頃とレベルは変わらないかむしろ落ちているようにも感じるけど(いずれ全国レベルには程遠い・・)文理や明訓のような安定して強いチームが現れた点が大きな違い。当時は有力選手は県外の高校へ進むのが普通で、いや、今でもそうらしいんだけど一方で新潟へ野球しに進学してくる者は極めて少ない。そして昔も今も甲子園での勝率は春夏とも全国最下位。何事も一番は良いもんだとはいえ・・・(汁



んで、文理が昨年の春に2勝してベスト8まで進んで盛り上がった。たしかに好チームと思ったけどなにより印象的だったのが監督の発言。冗談っ気無しに「優勝」という言葉を使っていた。甲子園に出ることが目標の新潟において全国でも勝って優勝だなどと口にする指導者が現れたこと、嘘でもw優勝を狙っていると言い切る監督がいよいよ新潟にも出てきたかと嬉しくも驚いたものだった。この変化は実に大きい。

その文理に勝って今夏の代表は明訓。県大会2試合をみた限りでの印象は一言で言えば大味。というのも対戦相手との差がありすぎて、なんかもう悪いけど中学生と練習試合やっているような感じだったから。だから打線は参考程度にしておくとしても投手はかなり良いと思った。3人が3人とも充分どの学校でもエースになれるだけの質で、これは上のレベルでも計算できるだろうなあと思った。



思ったら期待以上だった。県勢ずいぶん久しぶりの2勝、しかも内容良し。エラー無し。いずれも1点差で勝ち上がったのは大きいんじゃないかな。
特に延長戦を制した2回戦対甲府商は緊迫した好ゲームだった。なにしろエースの永井投手が素晴らしい。小さいのにあの下半身、速球。ピンチでも表情変えないでリズムよく淡々と投げるあたりは頼もしい限り。最高145km/hってのはガンが壊れているんじゃないかと思うけど(笑)、実際速いように見えないのに緩急の付け方は素晴らしくって、それにスライダーのキレと制球力は今大会屈指じゃないかな。そして投球フォームがカッコイイ。精神面でも図太そうだし彼はプロで通用するでしょうな。


そして土曜日は3回戦、岐阜の大垣日大。春の準優勝校。
いやーさすがに勝てないよねえ。せめて1点はとって欲しいよねえってのがこれまでの新潟標準。なにしろ3勝したことない。ひとつ勝つこと自体10年に1度感覚。
それでも今年の明訓には期待しちゃう魅力がある。ガンバレ。


あ、そうそう、被災した方々の希望にだのなんだの言うのはやめれ、選手諸君&マスコミ。なんかヘン。そーゆーのは言わんでよろしい。こじつけない。野球と関係ないやんけ。


てことで、優勝祈願で買いました。
猛暑にヤラレて浮かれ気分。

10年に1度だし(笑



Image206.jpg




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://wakarimasen.blog9.fc2.com/tb.php/369-916cd9c3
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。