--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NIKWAX その後

2007年12月18日 23:42

脱水せずにずぶ濡れのままベランダへ。放っておけば勝手に乾く、と言いたいところなんだけど今は冬、湿度100%にもってきて霙まじり。滴らなくなるのは早くても芯まで完全に乾くには部屋干し1日半。乾燥機やストーブ炙りは無し。
言い換えれば、シーズン中でもどんどん洗って撥水性復活できちゃうってこと。


さて、乾いたら終わりじゃありません。仕上げにアイロン掛け。これやるとやらないとじゃ大違い。
もちろん低温、あて布不要、直でサラッと。これで繊維に膜を定着させて終了。

では仕上がり具合を見てみましょう。

耐水10000mmのホールデンさん。ざっくりした風合いがスノーウェアっぽくなくて、このふざけ具合を思えば引き裂き強度とか防風性なんかも期待以上の性能ではあります。が、新品時の撥水力はすぐ弱り、もちろんゴアテックスなどのような防水仕様じゃない。

新品時同様に水玉弾いてる。むふ。


IMG_1328.jpg




次はゴアテックス物件いきましょう。山の必需品にしてド定番、モンベルの雨合羽。
これ、文字通りレインウェアなんだけど防寒着にもなれば乾燥機にもなるスグレモノ。

へ?乾燥機だって?

そう。例えば合羽出すべきか迷うような小雨、ちょっとシャツ濡れてもしばらく歩き続ける。と、やおら雨足強まってきて、もう観念して着ますかなんてのはよくあること。そんな時、ゴアテックス合羽は中のシャツやら皮膚みるみる乾いちゃう。吸って出すから。もちろん外からの浸水ゼロ。

そういう生地。
もうカンペキ。フゥーって吹けばコロコロ飛んでく。あんたテフロン鍋かっちゅうくらいに。


IMG_1329.jpg




続いてソフトシェル。ゴアやそれら本格派防水仕様をハードシェル(ゴアのソフトシェルもあるけど)と呼ぶのに対し機能そこそこ、透湿性優先で気楽に着られるのがソフトシェル。もっか大人気にしてすっかり定番。薄手のやつは中間着にもなれば、春はそれをアウターにしてもグー。万能着。

これは3年前に買ったパタゴニアのスモークジャケット。晴れ~小雪までOK。スキーはもちろん、荒れそうもない日の冬山歩きとか、んで今はこれ2軍扱いなのでフツーに街着とか。

もともと撥水性は良い。さらに倍、って感じ。
顕微鏡で見るとたぶんアザラシの毛みたいなんだと思う。


IMG_1334.jpg




よくある「防水スプレー」、あれはよーするにシリコンだかフッ素とかクソなんかを吹きつけて生地べったり覆うもの。それで染みなきゃいいじゃないかといえば、まあ確かにそう。安物なら。
しかし、せっかく呼吸する生地、つまり分子レベルでいえば水は進入させず水蒸気は外へ出す隙間があるそういう機能を持ってる布にペンキべた塗りみたいにするのはいかがなものか。

言われてみれば、ふむふむ。


まずは生地そのものがもっている性能を発揮させるために洗う。汚れや洗剤の残りカスが水を呼んで伝って染み込ませちゃうんだから、じゃあカスの残らない洗剤で洗おう。もうこれで納得の状態にはなるけどより撥水させれば汚れも付きにくいじゃないか。ってんで撒水処理。生地塞がないようなレベル、繊維そのものに対して膜を作る。生地は効能通りに呼吸できる。

そーゆー理屈なんですね。


じゃあ、もともとエラソーな性能のない生地をニクったらどうなるの?

実験してみた。


IMG_1332.jpg



15年モノの、なんのヘンテツもないジャケット。防水はおろか撥水さえほとんどゼロ。古いからじゃなくって最初から。
ただコレ私なんだかんだお気に入りで、普段着作業着、ときに雨合羽。なんでしたら寝袋扱い。スリーシーズン無休の大活躍。めっぽう丈夫で、こんだけ着倒してもピンピン。あと20年余裕でいけそう。うん、昔のパタゴニアはとにかく頑丈。


んで、結果。
水玉コロッとしたときは思わず拍手。ニヤケちゃう。だって今までは瞬間に水ガンガン吸ってた。(裏地が防いでくれて中までは染みない)

ただ、そもそもがそういう生地じゃないのでほどなくして水玉が崩れちゃう。
まあそれは仕方ないや。少しでも弾いてくれたら御の字ざんす。証拠写真はありません。



そんな感じでお手入れ感覚のお洗濯。

楽しいね。

次も気持ち良く着れます。着られます。ららら~



コメント

  1. reo | URL | -

    モンベル

    レインジャケット気になります。
    うーん、1万かあ。

  2. みわ | URL | -

    実用品モンベル。雨合羽安くて品質グー。
    ただ、さすがに1万円じゃ買えません(´・ェ・`)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wakarimasen.blog9.fc2.com/tb.php/426-dfda2a8a
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。