--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Anytime

2008年01月26日 23:03




まじまじとお顔を拝見したのも初めてならフルコーラス聴いたのもこの曲が初めて。あれ?倖田來未ってこーゆータイプだったっけか?

さすがに名前くらいは知ってるけれどもテレビに映った瞬間どうしても不快感を覚え反射的にチャンネル変えてしまう。
記憶では、浅黒くてギッタギタの化粧で酒ヤケ濁声の汚らしい姉ちゃん(笑)っていう生理的に絶対受け付けない最悪な印象だったのだけど、このPVに映っている娘さんは表情豊かでステキな女性。ああ可愛いなと思った。不覚にも(苦苦笑

誰?


先々週あたりからレイディオでこの曲さんざん流れていて、耳に残る。モリヲが作りそうなメロディ。ふわっとして良い曲だなあと思ってた。ちょっといかにも「売れるでしょ」っぽいのが鼻につくけど、女の子女の子してる歌詞なんかオッサンにもすうっと染みる。心地良い。


まさか倖田來未だったとは、あーた。


・・・化けるんだねえ。

んま、髪型がとてもお似合いだと思います。


コメント

  1. reo | URL | -

    髪色

    年代の違いでしょうか?
    個人的趣向の違いですね。

  2. rr | URL | nL6A2.tM

    倖田來未

    僕も倖田來未がテレビに映るとチャンネル変えるくらい興味なしでした。むしろ嫌い。

    ・・・が、今の彼女?は倖田來未似、結構クリソツ(死語)。
    おかげで、なんとなく倖田來未も好きになってきました。最初の印象が悪いほど不思議と・・・ですね。
    そんな僕の彼女はキャバクラ?ラウンジ?の№1、500人いるホステスの中で3年連続ぶっちぎりの№1なんだそうで、旨い物が出てこない飲み屋(居酒屋以外)には一切行かない僕にはキャバクラだかスナックだかまったく縁のない世界。
    でも人気嬢である彼女とたった二分かそこら同席するために世の男性が1時間7千円も払うなか、うちのアパートには毎晩、ビール持参でたずねてくる不思議。

    どうやって知り合ったかって?
    それは・・・

  3. モリオファン | URL | a2H6GHBU

    >作りそうなメロディ

    確かにw

  4. みわ | URL | -

    イントロ部、後頭部始まりでふり向いた時の、わざとわざとらしく芝居がかった表情がお気に入りです。

    > reoさま
    鼻の低いのぺっとした小顔に短髪が似合ってるなあと思いました。色は知らね(笑

    > rrさま
    それは・・・

    幼なじみとか?(笑


    幼少の頃しか知らない近所の幼なじみが二十年後、生まれ育った町から遠く離れた都会で偶然バッタリ。経験積んだオトコと、成熟したオンナとして。時空間のギャップ。それは・・・

    エッ、・・・青ッパナたらしてたあのrrクン?ウソ!?(きゅんっ)

    く、來未?マジで??(・・・い、意外とボインやんけ)

    ドックン。

    いよっ、このスケベ九州男児!

    安ドラマw

    失礼いたしました。


    >ファンさま

    でしょ?w

  5. rr | URL | nL6A2.tM

    残念・・・

    街で彼女がツッパリ(笑)数人に絡まれてるのを見かけた一見、森田健作風の僕が

    おい、君達、彼女からその汚い手を放したまえ!!

    と一喝!!

    しかし多勢に無勢、不良たちにボッコボコ。

    ふん、口ほどにも無い、あ~しらけた、こんな奴ほっといてゲーセンでもいこーぜ。

    と立ち去る不良。

    イテテテ・・・と口から血を流すオレに大丈夫ですか?と白い木綿のハンカチを手に駈け寄る彼女・・・

    が正解です。

    あ、ちなみにペチャパイです。←こっちも残念(涙)

  6. みわ | URL | -

    昭和か

    白い木綿のハンカチ(笑笑

    「いえ、名乗るほどの者じゃありません。では」と立ち去ればいいものを、

    「ハンカチ、、洗って返したいから・・・」

    と、ちゃっかり部屋に連れ込んでるんだから不良達よりスケベです(照

  7. rr | URL | nL6A2.tM

    ウソ

    正解は、図書館で同じ本を同時に手にとって・・・でした。

  8. みわ | URL | -

    rr 「あっ・・・」
    來未「あっ・・・」

    rr 「ど、どうぞ・・・」
    來未「い、いえ。どうぞ・・・クスッ」


    本に手を伸ばしたまま見つめ合うふたり。戸惑いつつも微笑み色。日曜の昼下がり、書棚の間から差し込む陽射しも柔らかく。


    來未「あ、あの・・・ゥフフ(可愛く見上げる)」
    rr 「入れて」

    來未「・・・!!」

    この薩摩勇人ときたらなんてせっかち!
    しかも間違ってる!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wakarimasen.blog9.fc2.com/tb.php/441-37e53efc
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。