--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラブソングができるまで

2008年03月31日 00:25

このところ年度末のバタバタでピリピリしちゃってまして、そんな時にこういうホンワカした映画ってすぅ~っとよく効く。温泉もいいけど映画もねって感じで。ふわあ。





 → official site


それにしたってですよ、なんぼラブコメディったって開始30秒でゲラゲラ笑い転げる映画ってある?






80年代満開だもん。ツーンと甘酸っぱくて、ちょっと正視できないくらいの人こそ真に楽しめる演出。いうたらこれ、視聴年齢制限物件ですよ? R30、いやより純度高めるにR35指定。ぷぷ。

劇中に出てくる曲達がまんまこのテイストで楽しめる。いちいちクスクス笑える。よく作ったよねえ、いかにもあの頃ありそうな曲。しょっぺえ歌詞に陳腐なPV。ワム!とかデュラン・デュランやらいろんなの入ってるもん。パロディにしたってこりゃあ高度ですよ。



ml02.jpg




見終わってちょっとウルッときちゃって心ほんわか。典型的ラブコメディ。の一級品。
こういうのやらせたらヒュー・グラント最高。相変わらず。ドリュー・バリモアがまたキュン!

ストーリーも良いの。邦題の「ラブソングができるまで」ってそれは確かにそのまんまの映画なんだけど、曲なんか意外と早く出来ちゃった。さてそこからがキモなんですね、これ。あの人は今扱いでドサ営業すらままならない往年のポップアイドル、その現実を自虐的に受け入れて生きる男と、過去にケリをつけられず今を受け入れられない女。そんな二人が、過去と、己の弱さをさらけ出し、受け入れあって、、、、って、やっぱりいかにもなハナシですな。


んで、出来上がった曲ってのが、、

いやま、ぜひ映画をご覧くだせい。とっても良い曲。詞もメロディも。
すでに見た方は、うーん、、、一緒に歌いますか(笑




ml03.jpg




その曲を歌うのはヘイリー・ベネット演じるカリスマ歌姫コーラ・コーマン。おおう、「こーまん」って言葉久しぶりに聞いたねえ(笑

それはいいとして、これもまたパロディなのですね、半裸で尻ふりふりの今ドキのあれ系。ブリなんとかとか、それ以降のストリッパー兼歌い手みたいな。何考えてるんだか意味不明で、思慮もなく感じだけで目新しいもの取り入れたりする軽さとか。んで、劇中ではしっかりその辺ぷすりと刺してるところがニクい。



ml04.jpg




コーマンちゃん、ソー・キュート。コーマンいうな。

ヘイリー・ベネットちゃん、めちゃ好み!エキゾチックで、まだ子供っぽいのに妙なオーラ出てます。ぷくっとしたほっぺたが可愛いのですよ。




彼女とヒュー・グラントが歌うステージはグッときますよ。そこまでの伏線がまた効いてるのですよ。やっぱりこうだよねっていう。

みんなが受け入れていく曲。受け入れられる曲。

いいね。



いい映画だったな。助けられちゃったなー。


つい、サントラCD購入(笑


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://wakarimasen.blog9.fc2.com/tb.php/456-4a2db4c2
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。