--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロングライド

2005年08月01日 01:02

日の長い今の季節のうちに試してみようと200Kmの遠乗りをしてみた。

弥彦山を含めたいつものコースはちょうど100Kmで、気の向くままに休憩を入れながらの所要時間は5時間ほど。サイクルコンピューターの示す実走平均速度は25.2Km/hと出てるから1時間休憩していることになる。一般的な自転車愛好家の基準というか目標というかの数値が平均30Km/hだそうで、改めて数字も私のへっぽこぶりを見事に証明している。

単純に計算させてもらえるのなら、私の200Kmは10時間。
朝出発して日没前に帰ってこれる。


200Km。
クルマだとガソリンを約20リットル消費し、高速道路に乗れば4000円ほど掛かる。
新潟市をスタートとするなら越後湯沢で折り返して小千谷に至るくらいの、そんな距離。
プロのステージレースはこの距離を連日走るわけだ。グランツールともなればそれが3週間も続く。そんでもって総走行4000km。

同じ人間がやってることなんだから、そのうちの1日分だけと思えばわけないことのようにも思える。
200Km、そう考えると遠いようで近い。長いようで短いじゃないか。



朝から気温・湿度とも高く、陽射しは容赦なく上から下から焼き蒸す。

なんでも夏の自転車は1時間に500~600ccの汗をかくという。
確かに上りでは全身滝の汗だし、停まったら停まったで玉雫が吹き出す。平坦路を走っているぶんには滲む程度だから、なるほど自転車は空冷エンジンなのである。


アミノ酸ドリンク 500x2=1000cc
普通の水 500x2=1000cc
ポカリスウェット 500cc
コカ・コーラ 350cc
缶コーヒー 180x2=360cc
ピーチネクター 250cc
東ハト・オールアップル 1袋
(朝食に小鉢でヨーグルトとシリアル)


持てる量にも限りがあるのでボトルに入れたアミノ酸ドリンク以外は都度買うことになる。けっこうな出費とも思えるし、これぐらいで死から逃れられるのならとも思う。

あまりの湿度と暑さにやられたのか食欲がまったくなかった。食べようとしても喉を通らないのだ。無理に口に入れ水分で流しこんでも一日でやっとオールアップル1袋、これが摂った固形物の全てとは恐ろしい。

実際にどれほどの汗をかいたのかわからないが、この水分摂取量ではちょっと足りないのかもしれない。空腹に水ばかりじゃ胃を荒らしてしまうことを心配して意識的にセーブしたというのもある。胃を荒らしたらそれこそ食べ物をうまく吸収しなくなり回復できなくなってしまうが、その前に脱水症状になりましたではどうしようもない。気をつけなくては。


注目はピーチネクターだ。
運動中にねっとりネクターなどまるで罰ゲームのようだが、これが意外といけちゃうのである。普段でも飲むことはないのに、なぜか自転車に乗るとネクター。
私はこれを最後の休憩時にデザートと称していただくことにしている。果汁は30%(笑


そんなわけで200Km、暑さには参ったものの走るには走れた。所要9時間半。

浜崎 一クリニックのおかげで、やはり膝の痛みはスネ筋だと突き止め、これは入念なマッサージを数日続けていたためにまったく痛まなかった。
前日にも100Kmを走っていたのだがマッサージの効果は凄い。

問題は股間である。
痛いんだか臭いんだか、なにがなんだかわからない。おしっこすると奥の方が痛いので尿道を圧迫しているのだろう。いよいよサドル探しの旅に出ることになりそうだ。


熱中症ぎみだった体調も水につかったらすっかり回復。
ああ、ビールが美味しいったらない。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://wakarimasen.blog9.fc2.com/tb.php/48-84911410
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。