--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

苦楽を共にするiMac

2009年02月11日 19:16

引き続きのOS10.5騒動。

バージョンアップだかアップデートというのか、とにかくOS Xレパード導入に振り回されてる。のではなくむしろ満喫してる日々。それなりの出費になったとはいえ、これだけ快適に動いてくれて、勉強するきっかけにもなって家電アレルギーもいくらかは克服できたのだからこりゃ大満足の大感謝というほかない。
それにしてもOSの二世代飛びってのはとにかくびっくりすることだらけ。何度も言うようですがホントに買い替えたみたいだ。んで、びっくりする度に浅妻先生へいちいち報告をする。時間を問わずだ。申し訳ないが、彼が降参して新しいMacを買うまでこれは続くことになろう。ふふ。


それにしてもだ、毎晩3時間も4時間もパソコンの前に座って作業や勉強を続けるのは健康な体でも大変なことだと思うが、私はそれをぎっくり腰の身でやってのけようというのだから恐れ入る。自分に。
スキーには行っておきながらこんな泣き言をいうのは気が引けるが、日常生活のあらゆることが困難なぎっくり腰では、特に、座り続けるのが最もつらい。ならば立ってやろうにもiMacまで立ち上がってはくれないのである。一番楽なのは横向きにくの字に寝て、枕を両膝で挟んだ状態なのだがやはりiMacは同じ姿勢で寝てはくれないのだ。
一度でもぎっくり腰をやった人ならわかってもらえると思うが、寝ていても痛いこの体で、不思議なことにベッドから起き上がる際にふと楽な瞬間がやってくるものだ。もちろん上体をえいっと起こすなんてことは出来ない我々ぎっくり派は、布団の中で一旦もそもそとうつ伏せになっておいて、徐々に四つん這いになってベッドを摺り降りる。腰は高めが楽というか気持ち良い。そう、軽く女豹のポーズといえばわかってもらえようか。










こんな写真しか見当たらなくて恐縮なのだが、つまり、私もこのポーズで毎晩格闘している次第。(iMacは床に直置きで、私は大きなクッションにのしかかっている) もちろん全裸でなどということはないのでご安心を。

そんなわけで、クリーンインストールおよびバックアップの一通りの作業は完了した。さらに新しいiLifeなどのインストールも終え、旧態以上の使い勝手でもって大変身の我がiMacG5。それはそれは見事な輝きを放っている。今はさらなるステップとして各種プラグインを投入しては試しているところだ。恥ずかしながらこれも今回改めて知ったことのひとつである。なるほど便利x便利=便利。 だったのね。
なにを入れるか、その前段の下調べがさらに理解の幅と奥行きを与えてくれる。時間はかかるが、まあそれも楽しいことじゃないか。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://wakarimasen.blog9.fc2.com/tb.php/551-3a8b0929
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。