--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クルマでiPod

2009年02月24日 23:27





これは必需品です。

2004年末、iPod miniを買った当初はFMレイディオゥに飛ばすトランスミッターを使っていた。iTrip miniというやつ。
 → griffin technology
(どうやら現在はmini用はディスコンの模様)

miniの頭に刺して周波数取り込んでセットするだけと手軽で、しばらく使ってみたのだが問題発生。ローカル局の使っていない周波数で設定しておくのは当然としても、50kmも移動するとやはりジャックされてしまう。そうでない場合も、気分良く聴いてるといきなりトラックの無線が飛び込んできたり。デフォルトの87.9MHzにしておいてもやはり混信することが多い。また、バッテリーもすぐ減ってしまい、電圧が安定しないとたちまち酷い音になってしまう。(これは別途、ライターソケットに差し込むチャージャーを購入して解決)


とはいえどうもよろしくない。iPodに音質どうこういうてもアレですけど、電波飛ばしではとにかく情けない音なのだ。そこで、いっそ有線化してしまおう(CDチェンジャのポートを使う。ヘッドユニットでのソース選択も操作もCDチェンジャ同様)と考えたのだが今度はそんなキットが無い。当時、事実上選べるのはice>Linkというものだけだったと思う。しかも相当な品薄で、そもそも対応車種も輸入車の一部のみだったと記憶している。日本での販売店も怪しくww、取り付け例もほとんど無い状況。
(そうそう、当時は、同時に自宅無線LANを導入したんだっけ。あっちでは線をなくし、こっちでは無線を有線化とひと騒ぎ)

んで、私は探した。汎用性はなくていいのだ、私のアルファの純正デッキ(ブラウプンクト製)に対応してさえいればOKじゃないか。欧米では(欧米か)この方式が標準的に普及しているのだからきっとあるはずと探してみたら、ほら、一発で発見。んで、そっこー輸入の取り付けと相成った次第。

 → connect 2 (現在も継続販売中)


connect2.jpg




この写真をご覧いただくとお分かりの通り、工作の好きな方なら作業は簡単。単にユニットがCDチェンジャの替わりになるだけ。あとはiPodへの線をどこに出すかってだけ。
ちなみに、日本車輸入車関係なく、(インパネにデザインされた)純正デッキと対応するチェンジャってほぼ100%専用品。売る側の都合で。同じメーカー同士であっても、適正価格な市販品は付かないようにしてる。何が違うのかっていうと、コネクタ。の、差し込み形状とか。中身も電気の流れも基本一緒ですよ。難儀なこってす。。
(んま、加工すれば流用可ってことなのだ)


んで、このconnect 2。予想以上に使い勝手がよろしい。デッキ側での操作に加えてiPod本体での操作も全て可能。使ってみるとわかるけど、ヘッドで操作するより普段通りにiPodすりすりしたほうが選曲簡単で早い。さらに、ハンドルにあるボタンでも操作可能。そして結線中はiPodへ電源供給してくれるので動作安定。イグニッション・オフで消灯、充電モードへ。肝心の音質も期待以上で、少なくともトランスミッタとは比べ物になりません。んもうバッチリ。文句なし!

ちなみに、同僚がカロッツェリアだったかのキットで有線化したものの使い勝手極めて悪いのには驚いた。繋いだが最後iPod本体の操作は一切受け付けず、さらになぜかデッキからの操作も不可。つまり、繋ぐ前にプレイリスト選択しておいて、繋いだら終わるまで聴くのみ。さらにイグニッションに連動しない。聴くことが目的とはいえこれはちょっと・・・



こんな感じで調子良く使っている車載有線iPod、これはもうどんなクルマに乗り換えようと必須アイテムなわけです。最近じゃ市販のヘッドユニットやカーナビはもちろん、純正でも対応しているのが増えているようで結構なことです。なにもこうしてチェンジャ扱いではなくともAUXとかで入力さえ出来ればいいのだからそう敷居の高いものじゃないはずなんすけどね。
(ただ、Dockコネクタがカギを握っているようで、ただの線なのにとにかく高い。むむむ)



ここでひとつ、電源について。

iPodも世代によって充電電圧に違いがあるようで。こないだ買ったiPod touch、もちろん繋いで同じように聴くこともミュージックビデオを見ることも可能だけど、充電はしてくれない。なんでか。

対応電圧が5Vなのですね。一方、miniも初代nanoも12V。そりゃ出来ないわ。というか従来のiPodは12Vでも5Vでも対応、touchも初代は両方可。この二代目から非対応になったとのこと。だからminiに付いてきた可愛い充電アダプタも使えません。パソコンからUSBでどうぞってことなんだろうけど、スリープじゃ充電しないっしょ? 幸い、オマケで汎用アダプタもらったので不便はないけども。


というわけで楽しいtouchはバッテリ満々のときだけ使うようにしよう。いや、無理に使うこともないか。だって不調になったmini、リセットしてもダメだったけど初期化したら直ったしー♪


コメント

  1. reo | URL | -

    ありがとうございます

    29,400円+735円=30,135円。うーん。
    週末オーディオ外して確認してから注文します。
    あ!ipod-shuffleでした。

  2. みわ | URL | -

    読み返してみて、いつも以上に支離滅裂な文章。。困ったもんです(汁
    ここんとこずっと微熱続きで、しかも寝不足でぼんやりしながら書いたわけです。

    有線化のメリットのひとつ、スマートな電源の確保。これが今回導入のtouchでは非対応。いやはや盲点でした。
    実はこれをお伝えしたかったのですよ。わはは。

    乗用車って12V。このキットも12v。touchは5V。抵抗を仕込めばいけますかね。
    あそうそう、Dockコネクタの電源担当ピン自体が違うらしく、このまま使っても燃えたり壊れたりはしません。たぶん。

    んで、reoさんのクルマってオープンカーでしょ?音楽要らないやん(笑

  3. みわ | URL | -

    あと、デッキが対応しているならこれなどいかが?

    http://www.contactnavi.net/product-list/83


    って、shuffleじゃDockコネクタないやん!無理!

    んで、reoさんのクルマってオープンカーでしょ?音楽要らないやん(笑

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wakarimasen.blog9.fc2.com/tb.php/556-f6b3e932
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。