--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CB1100

2009年10月26日 23:06

輸入車メーカーが軒並み参加を見合わせた今年の東京モーターショー。なんとロータス、アルピナ、ケーターハムのわずか三社のみ。もはや彼等にとっての日本市場はそういうわけなんですっていうことなんでしょうね、残念なことですけど。二輪も同様の状況どころか日本のカワサキも不参加ときては声もありません。

そんな中、話題の一台がコレ。オートバイの本田です。CB1100。
前回はCB1100Fの名でコンセプトモデルとして出展。好評につき市販化版として今回、名も新たに"F"を取ってCB1100として発表とのこと。


オリジナルのCB1100F







雑誌の立ち読みでパラッと見たことある。あ、いいねって思った。
すっきりシンプルで仰々しくなくバイクらしい佇まいに好印象。このままサラッと乗っても良いしセパハン&シングルシートでカフェレーサーっぽくするのも似合いそうだ。タンクの形も良い。逆に引っかかるのはわざとらしいエキパイと二本サス、それとサイドカバーかな。なんにせよ空冷エンジンの存在感がうれしい魅力的な一台だと思ったのざんす。

そんな、本田にしては珍しい懐古調モデル。実際に市販されるとなってこうなった。

CB1100

cb1100a.jpg




パッと見、ほとんど同じ。コンセプトモデルに忠実に仕上げてきたなと思いつつよーく眺めてるとどうもスッキリしない。なんだろ、エンジンの傾斜?シート野暮ったい?ヘッドライトのステーってけっこう大切なのね。マフラーもちと長くないかい?もっとこう小気味良く短めにスパッといってくれたら、ら、ら、、って細かいちょっとの違いなんですけどもね、随分と印象変わるもんですな。
もっともコンセプトモデルがベストだとも思わないので、私個人的な好みも加えて好き勝手言わせてもらえるのならば市販版はもっと違う仕上げで行きたかった。言ったところでなんともなりませんけど(笑


もちろん法規要件をクリアするための諸々の事情があるのでしょう。このご時世に新作だしてくれるだけでも喜ばしいことなんですな、実際。

でも、でもでも、返すがえすも惜しい。
あー、タンクのラインも要らんと思うんす・・・


なんとなく一過性の企画モノにも見えてしまう。こればかりは本田さんの今後の姿勢次第でしょう。バリエーション増やしてシリーズ化するのか、思う結果にならずとも作り続けていくのか。



cb1100.jpg




フィンが薄くてキレイ。


サイズも手頃だしお値段もそう高くはないのでしょ。
早く現物を見てみたいとても気になる一台でした。

買うことには、、、

ならんな(笑


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://wakarimasen.blog9.fc2.com/tb.php/636-699efc6f
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。