--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沈まぬ太陽

2009年11月16日 22:49

原作は三度読み返し、とにかく大変な感銘を受けた山崎豊子の「沈まぬ太陽」。話題の映画化。この週末、うまいこと出張の空き時間を利用して観て来た。








なんでもそうだろうけど原作のパワーがあるほど映画版ってがっくりくるもの。あれだけの長編にして問題作を映像化するってことの苦難は想像するに難くないものの、やはり観終わっての印象、どーんとくる重苦しさというのが本とは比較にならない。
んま、内容が内容なだけに10分の休憩挟んで三時間半の長丁場であってさえ足りず、結果的にダイジェストみたいになってしまうのも無理ないと思う。原作を熟読したうえで映像版おさらいとして楽しむのがいいのでしょう。
楽しむ、なんて表現も不謹慎なんですけど、こうして映画として鑑賞できることに感謝です。時間あっという間。



謙さん、やはり凄い。

なんといいますか、観ていてシラケなかった。人物像と俳優陣とのギャップがあまりない。そして演技力や雰囲気が所謂テレビドラマの紙芝居学芸会とは違ったのも長時間集中して観ていられた。
三浦友和ってかっこいい男だったのねと思ったし、鈴木京香奥様かわいい。松雪泰子はイメージにピッタリだと思ったし、関係ないけど彼女は昔から好み。久しぶりに見たらますます素敵な大人レディになってた。ぷ。
なにより八木書記長役の香川照之の演技力にキュンときた(笑
いやいや、ホント素晴らしい役者さんですね。


nal2.jpg





さてさて。

私、仕事では付き合いを濃くさせてもらってるものの、労働組合というのがあまり好きではない(苦笑

私の勤務する会社にも組合はあるけど活動にはほとんど参加したことなかった。その存在や必要性は頭では理解するけどなぜか本能が拒絶する。なぜだ(笑
今はまだしも入社当初なんて酷いもんだった。酷いってのは私のこと。なんせ新入組合員歓迎会の席(二次会)で委員長に食ってかかった。

時短だ賃上げだの言うけどあなた達も職場全体も仕事さっぱりしてないやないですか、やることやってから言うならまだしも私にはそう見えない、なんすかこの会社びっくりしました、権利権利言う前に果たすべき義務ってのがあるでしょう、会社と組合は対等?冗談じゃない、会社が無くて組合なんてのが存在できるんすか、要求ばかりして会社潰れたら元も子もないでしょう、改善だの政策提言言いますけどそんなん組合がどうこうやる前に仕事として職場でやるべきことだ、ひとりひとりの意識の問題だ、それとも利用されてんですか、なにか裏で手打ちしてんじゃないすか、あなた達が闘うという相手(役員)も以前はそこで同じこと言ってやってたのでしょう?なんすかそれ茶番やないですか、御用組合とか第二総務部みたいなもんでしょう、出世のためにお互い組合利用してるわけでしょう、オープンシップにしましょう、いったいなんなんすかこの集団は、なんにしても私は組合みたいな寄り集まり好かないので入りたくないやめさせてけろ、、、、、



若造も好き勝手言ったもんだ(汁

職人世界から転職した私にはすべてが違和感だったのである。
私のあまりのバカぶりに呆れたのかどうだったのか、委員長は泣いた。

おれ恥ずかし。。


そんな私なのに執行部入れ委員長やるべきだなどと推す者もいたのだから世の中どうかしてる。やるわけない。やらないし、やれない。使命感もなければ野心も下心もないんよ。甲斐性もない。なんもない。

そんな感じでした。


余談はさておき、
日航の、もとい(笑)、国航の恩地委員長の、この生き様。信念貫く男。ですね。


真っ当に生きたい。

なにも持ってなくとも、そうありたいと思うのです。


本、もう一回読みたくなりました。



遺書。

あのシーンは、読んでも観てもダメ、きちゃう。涙とまらん。



墜落事故関連の本と合わせて読むとより深くこの事件を考えられると思う。
うちにはこの4冊。


クライマーズハイ/横山 秀夫
日航ジャンボ機墜落 朝日新聞の24時/朝日新聞社会部
墜落遺体/飯塚 訓
爆発 JAL123便/加藤 寛一郎


余計なお世話ついでに、こちらもご紹介。

 → http://blog.livedoor.jp/pandell8-shizumanutaiyo/archives/50285433.html

 → http://ameblo.jp/kokkoippan/entry-10372877090.html


コメント

  1. 浅妻 | URL | -

    あの第3巻は、日本文学史史上、もっとも重い本かもしれませぬ。

    俺も読み返そうかな。

    やや、気持ちが落ち気味になるから冬に読むには不向きだけど。

  2. みわ | URL | -

    重いね。

    観終わったらまた読みたくなって、しかし現在貸し出し中。

    豊子の本おもしろい。今、女系家族を読み返し中。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wakarimasen.blog9.fc2.com/tb.php/648-ce099aa0
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。