--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画って本当にいいもんですね

2010年08月30日 23:02

特に映画ファンというわけでもなく、雑食的にざっと年間50本程度といったところだ。ところがこの夏は今までにないペースで映画館に行き、夜な夜なビデオを観た。
それこそ映画館などつい数年前までは年に一度行くかどうかだったのだが長岡にシネコンが出来てからぽちぽち行くようになった。100円でレンタルできることを思うと1,800円はいかにも高いのだが、たまには整った環境で静かにじっくり二時間を過ごすのも良いものだ。天気と仕事の流れ次第でぶらりと向かう平日の朝イチ、あるいはシネマチネ、広い劇場にほんの数人ときには私一人(最高だ)で大画面の大音響満喫。今ではすっかりお気に入りの時間なのだ。


7月と8月、なにを観たか思い出してみる。
涼みがてらの映画館では今日のソルトで計8本。


 SEX AND THE CITY 2
 RAILWAYS
 ザ・ウォーカー
 アデル ファラオと復活の秘薬
 トイストーリー3
 借りぐらしのアリエッティ
 インセプション
 ソルト


ランク付けなどという無粋かつ高慢なことはしない。観たいから行ったのもあれば映画館に行きたいから観たのもある。どれも楽しめたしインセプションはもう一度観に行くつもり。そして、トイストーリー最高。


7月末にツール・ド・フランスが終わって先週のブエルタ・ア・エスパーニャが始まるまでの期間、ほぼこの一ヶ月をテレビっ子ならぬビデオっ子になって観たのは思い出せる限りで以下の通り。印象に残らず忘れてしまっているのも数本ある気がする。また観たくなって借りたのもあれば、なんとなく避けていたのに観たらハマったのもある。


 河童のクゥと夏休み
 カールじいさんの空飛ぶ家
 エディ・マーフィの劇的1週間
 The 4th Kind
 Mr.Bean
 フラガール
 ALWAYS 三丁目の夕日
 続ALWAYS 三丁目の夕日
 劔岳 点の記
 南極料理人
 クライマーズハイ(NHK版前・後編)
 新幹線大爆破
 彼のオートバイ 彼女の島(笑)
 沈まぬ太陽
 女系家族(1963映画版)
 女系家族(2005ドラマ版全6巻)
 白い巨塔(1966映画版)
 華麗なる一族
 金環蝕
 不毛地帯
 乱
 天国と地獄
 一番美しく
 羅生門
 影武者
 八月の狂詩曲
 ナイル殺人事件
 オリエント急行殺人事件
 情婦
 アラビアのロレンス
 スティング


なんだかこの夏は仲代達矢と田宮二郎の顔ばかりみていたような。一連の山崎豊子原作ものはそれこそ本は何度も読んでいるが映像は今回初めてじっくり観てみた。昭和の日本映画が改めて面白くて、まだまだ観たいのがたくさんあるのに近所のツタ屋さんにはあまりDVDが無い(韓流なんてのに4列も5列も使ってアホか・・・)。ところが、あそこはただのエロビデオ屋さんと思っていたビデオ1に邦洋ともに古いVHSが山盛り置いてあるのを先週知って、もうこの際だからビデオデッキを入手してやろうかと。

昭和つながりというのはちょっと違うけどALWAYSは面白かった。実は宣伝やイメージのあざとさが好かずにこれまで避けていたのがコレなのだが5年遅れで我が家にも大ブームがやってきた。六ちゃん可愛いわ薬師丸母さん優しいわでもう。もう(感涙
それから南極料理人は最高。返すまで3回も繰り返し観た。むさいオヤジしか出ていないのになぜか癒される(汁



毎日のように2~3本、まるで取り憑かれたかのように観る。けっこう寝不足。
寝ないで済む人間になりたい。。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://wakarimasen.blog9.fc2.com/tb.php/723-58956c1c
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。