--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっと太陽様が

2011年02月02日 23:31





はぁぁ。

やっとお日様を拝めた。あったけー


今年の冬は一晩1m級のドカ雪がない代わりに毎日休まずこつこつ降り積もる堅実派。だから派手な冬だとも、大ヤラレした印象も薄いのだけれどジワジワとダメージは蓄積されていたわけ。冬将軍'10-11、出足こそ遅くて12月も中旬を過ぎてもまるで降る気配がなかった。スキー場大ピンチと慌て始めたクリスマスにお待たせ~とばかりにようやく降り出し、結局、年末年始にはなんだかんだフツーにいつもの雪国になっていた。


問題はそこから。おおよそ四日降って二日休む冬の周期、ところが今期は休まない。四日降って二日もっと降って、もう一日うんと降る。そんな感じの一週間。そんなのが毎週。あれ、おかしいぞ?と思い始めたのが正月気分もすっかり抜けて日常を取り戻した一月中旬だったか。


「大玉置いていきやがった、もうっ。運動会か」「今日は上手だったよ」

家の前に除雪車が置いていく雪塊との格闘、が毎日。が会社で朝の挨拶。がすっかり習慣になっていたことに気付く。まるでウンチ硬い柔い報告みたいに。
20cm降っては沈んで締まり、除雪で積んでは降って、締まってを繰り返すミルフィーユのような雪壁。1mが1.1mになり1.3m、そして2mになっていく。一度たりとも減ることなくコツコツ、着実に増加。事業実績もこうだったらねーなどと軽口叩いて笑っていたのも懐かしい。

とにかく毎日。確実に降り積もってた。


休むことのない雪堀りエクササイズに肉体はさすがに悲鳴を上げ始めた。肉体だけじゃなく、いよいよ精神面にも影響が出てきた。些細なことでいがみ合うスタッフ達。言わんでもいい事につい文句のでる私。
時悪く、事業所レベルでの夜間消雪パイプ稼働禁止の行政指示。それほどに地盤沈下。でもって結果、会社の広い敷地に駐車場、まるまる雪原化。朝、家で雪やって出社してやって。退社時にやって帰宅してやって。。。

もういいわ・・・

雪もういい。



そんなこんなの一月が終わって、家の前の壁が3mを超えて人力で放り上げる限界に達した二月のはじまり。ようやく、ようやく晴れた。眩しい大陽様。光ひかり光。全裸で浴びる。みんなで浴びる。


記事ななめ読みだったけど、なんでもクリスマスから39日連続降雪で月間350cm?日照時間が20時間?とかって。観測以来の新記録だって。



こういう冬もあるんだなあ。

雪もう嫌だといいながらもやはり冬が好きな私は喜んでいる。毎日雪投げられる。背筋もりもり。
結局スキーは今期絶望的だけど、それでも雪のある生活は良い。


鹿児島や宮崎では灰で大変なことになっている。心配だ。
こう言っちゃなんだけど、灰よりマシだよねと励まし合いながら雪原放置のクルマを掘り出す。日差しで緩んだ雪道で、スタックしたクルマを助け合う。隣の北魚沼じゃ自然積雪が4m突破。こうなると壁の高さなんて口にするのも憚られる。長岡はまだかわいいもんだ。



冬、後半。

明るい二月にしよう。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://wakarimasen.blog9.fc2.com/tb.php/767-5cc41548
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。