--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

守門岳飽きた

2011年04月30日 22:32





さすがに自分でもどうかと思う。

結局、4月の休みをそっくり守門岳に費やしたこのヤラレよう。冬の間スキーをしなかった分を今になって取り返しているのだと言うと貧乏臭いが、実際、気持ちの半分くらいはそう。やっぱり私はスキーが好きなのだ。それが運動不足解消とトレーニングを兼ねた山歩きとセットで楽しめるのだからこりゃ愉快。

飽きたとか言って、まだ行く気まんまん。



ずいぶん雪も汚れてきた。麓のショートカットの法面はとうとう土が出てきたし雪に押さえ込まれていた枝も起き上がってきた。弓なりに埋まっているこいつは突然飛び出してくるから注意が必要だ。木の穴も大きくなってきたし薮の頭も出てきた。沢に詰まった雪の量もみるみる減って穴が開いてきた。滑るルートも好き勝手というわけにいかず、そろそろ快適な残雪遊びも終わりだと思うと寂しいものだ。


IMG_0285.jpg

IMG_0287.jpg



とはいえ見晴らしの良いてっぺんエリアは量、質ともに上々。まだまだ楽しめる。
こうなったら最後の1cmまで食い尽くしてやるのが礼儀だろう。



3月の下旬、山歩きを再開した頃は角田山でさえ膝に痛みが出てしまい実に情けないものだったが今はもう平気。経験したことのない違和感に老化を認めつつ、これまでは意識的にかなりゆっくり歩いてきたが今日は人並みの速度で登ってみた。ゆっくり過ぎるのも疲れるのだ。
もうブーツつぼ足でズボッといく雪質でもないし担ぐ板の重さも大したことない。わしわしと静かに速く。これでも以前は、天狗のように登り、下る姿はまるで山猫だと恐れられた私である。




IMG_0286.jpg



小雨混じりの強風。朝こそ明るかったが森を抜ける頃には予想通り怪しくなってきた。それでも風向、速度とも一定なので慌てることなく山頂を目指す。

山登りにおいて、私は、登頂というものにさほど執着がない。少なくともそれが日帰りで、必ずテント場に辿り着かなくてはならない山行でもない限り、その日の気分で平気で途中の斜面を山頂認定してご飯にする野郎だ。といっても過去10年で3回だけなのだからそう悪いものでもないが(そういう山行ってなぜか覚えているものだ)、逆に、悪天候のときは不思議なことに意地でも頂上から向こうの景色を見てやるのだと、どうせ見えないのに登ってしまうところがある。なにが言いたいのかというと、この山は山頂から滑り降りるのが楽しい。



晴れていれば穴を掘る気にもなるがどんよりした空を眺めても寒いだけ。ご飯はまた下まで滑ってからにしようってんで、義務的に山頂写真を撮ると即座に支度。筋肉が暖まっているままだからこれはこれでOK。西の空を見るに本気の雨雲はあと1時間半と読む。



森の中、のんびり昼ご飯とルート探索をやってきてジャスト、着替え中に本降り開始。


雪壁の取り壊しが進んでる。
登山口の橋まで掘っていただけるとありがたいのですが。


IMG_0289.jpg


コメント

  1. AOIYURI | URL | -

    流石です。(何が?って突っ込みは無しで…)
    是非、クライ魔H登山隊にも参戦戴きたいです(^o^)

    エベレスト本当に行きそうですね。
    サクッと登ってきて下さい。

  2. みわ | URL | -

    今日が最後、今日こそ最後と思いながら登って、
    なのに山頂から滑っちゃうとそんなの吹っ飛んで、
    また今日も行ってきました(汁
    エベレストは来月にします。その前にチョモランマですね。

  3. AOIYURI | URL | Q.13iaBo

    あの~
    英語表記がエベレストで、チベット語表記がチョモランマじゃなかったでしたっけ?
    もしかして釣り?

  4. みわ | URL | -

    サガルマータも行ってみたいv-14

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wakarimasen.blog9.fc2.com/tb.php/782-4ad11ac6
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。