--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大型バックパック ~その2~

2011年06月16日 23:54

さて、その2。

実はこの春に小型パックをふたつも新調済みだったりする。今まではやはりLowe alpineのRondoy50という水色のちょっと風変わりなやつを使ってきた。50Lといえば立派に中型だが細身のスッキリシルエットは見た目に大袈裟でなく、主に日帰り用として散歩からスキーまで年中無休の万能ぶり。
このサイズなら私は冬のテント2~3泊でも充分なのだが敢えて無雪期日帰りにも使ってきたのはワケがある。そのワケはここでは触れないでおくが、これに個人で日帰りに要る物だけを詰めたらスカスカのぺしゃんこなので飲みもしない水を3リットルも4リットルも持ってみたりツェルトの代わりにテントとか、そうやってわざわざ苦行を好んだのは、それがトレーニングを兼ねてだから。


そんな第3期。第4期の今はまた別の考え、企みがある。なにを企んでいるかもここでは内緒にしておくが(なんやねん)ようするに、ぴったりジャストサイズぴちぴちのしっかりした小型パックが欲しかったのだ。
買ったのはいずれもOSPREY。スキー専用にオレンジのkode30を選んでみたところ、これがもう実にスグレモノで大いに感心した。よって散歩用にも迷わずOSPREY、背中の浮いたやつを一度使ってみたかったのでstratos26、目下大活躍中。


無断借用しておいてこう言うのもなんだが写真映りが悪い。特にstratos、実物はこんなヘンな模様はほとんど気にならないし色もちょっと違う。


code.jpgstratos.jpg



てことで、ようやく本題に入る。候補のふたつ目はそういうわけでこういうわけ。

OSPREY aether70

aether.jpg



私、すっかり疎くなっていた。OSPREYってずいぶん普及してるのね。
だってひと昔前はうんとお高いイメージだったもの。値段の高い安いだけじゃなく。

それも納得、これだけのモノがこの価格帯なのだから。むしろ安い。安すぎる。素晴らしい。



このロゴがずっと気になっていた。他人様のパックを気にしちゃいないけどロゴだけはずっと心にあった。そういやそこらじゅうでさんざん見かける。いつもの守門岳なんて山スキーヤーの3割超えてる印象だ。今年の春は私も買ったからなおのこと気にしてみたら、同じオレンジのkodeなど爆発的大人気だもの。被るどころじゃないもの。老若男女みんなこれ。制服か。



優等生といえばこれほど優等生もいないと思う。痒いところに手が届いてぽりぽり掻いてくれてる。基本もしっかりしてりゃ小技も憎らしいほどに効いている。そして軽い。かっこいい。これ以上なにを望もうか。もう、値段を考えりゃ文句のつけようがない。



文句はひとつ。

あるんか。

ヒップベルトが甘い。着るように背負うにはこれぐらいペラペラが良いのかもしれないが、私は腰周りは痛いほどゴツいのが好みだ。


まだある。


あるんか。


全体的にどうも弱っちい。軽量化とバーターとはいえ。
実際は充分な耐久性も備えていることだろう。しかし、大型のバックパックはなにを入れても壊れそうもない厳つい雰囲気が好みなのだ。その分重くなってもいいから。


OSPREYのaether、120点満点で100点。

問題は私にある。3つも続けて同じブランドのを買うのはどうにも気が進まない。目新しさが欲しいのだ。



 つづく


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://wakarimasen.blog9.fc2.com/tb.php/797-a3100f58
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。