--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RAILWAYS 2

2011年12月04日 21:08

公開初日の一番上映で観たのはスケジュール的にたまたまそうだっただけながら、前売り券まで買って楽しみにしていたのだからそれなりに入れ込んでいたのは確か。

昨夏ひょっこり観た心に残る一作の第二弾。今回はお隣、富山。

静かに、淡々と進む心地良さ。世のおっさん必見。

まあ、あざといっちゃあざとい。この路線、毎年第何十弾って作り続けられそう。それこそありがちなストーリーだし、そんな盛り上げシーン要らんとか方言ぜんぜんなっとらんわとシラケる点も多々あるのだが、わかっちゃいるけどくるものはくる。今回はいよいよコンタクトレンズが取れてしまう始末。三座隣りのおっさんなど嗚咽まじり。ねえ、きちゃいますよね。

場内約1/3の入りの99.5%が中高年。唯一例外、小学生の男の子ひとりは見るからに鉄ヲタ親子。男女比は半々。クスッとくる所でちゃんと声に出してクスッと。くる所で鼻すすり。思わず拍手のところでぱちぱち。エンドロールの最後まで全員きっちり着座。落ち着いた空間。妙な一体感。良い映画。


これは富山まで行って観るべきだった。

しっかり者の娘役。ただのボインのズベ公と思っていたのだけど、素晴らしい(惚







コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://wakarimasen.blog9.fc2.com/tb.php/821-ed586eb5
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。