--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初ツーリング

2012年04月13日 21:45

納車翌週のこと、てことは先月下旬、また仙台へ。いよいよオートバイで遠乗り、ってほど遠くもないけど片道300kmちょい、東北道無料のラストってんでとっておきの晴れの日を選んで行ってきた。今週も連日の積雪にいつまで冬なのだと笑ってしまうことを思うと、あの日だけは奇跡的な一日だったのだな。


平日だというのにまあ相変わらず混んでること。サービスエリアなんて溢れて入れないくらいだ。いやいや結構なことです。
とはいえ冬の間だけこんなのやったって中途半端だからこの際、せめてもう少し、肝心のグリーンシーズンこそ実施してくれたらと実に歯痒い思い。冬はどうにもならない二輪愛好家もこれからの季節ならわんさか東北へ足を伸ばすはずなんだけどなあ。ただでさえ旅好きな人種なんだから。



というわけで改心ツーリング。日帰りというのが悲しいけれど気持ちはウキウキで夜明けから行動開始。目指すは牛タンにずんだ、そして買い物。なによりもBMWの遠乗り性能の確認。

嬉しいことにこの車両はETC付き。これも改心の現れのひとつ。って、前オーナー様ありがとうございます。
車では毎日のように高速道路を利用しているけどオートバイでのゲート通過はやはりひと味違う。無事に開いてニンマリ。割引はもちろん、止まってグローブ外してって面倒がないのは実に良い。

さてと。いよいよ。ロードスターはネイキッドなので風圧は覚悟しているものの一応はBMW、定評ある高速走行ははたしてどんなものか。



IMG_0582_20120401081735.jpg




回転の上昇になんら面白味のないままに、ローギアードなハイパーモタードでさえまず使うことのなかった6速へあっさり。なんだこれはと左足が幻の7速を探してしまう。
トップギア100km/h巡航で3,500rpm。ちょうどこの辺りの回転感が一番心地良い。ぶるるるる~
そして、そこからの追い越し中間加速がこれまたなんとも。気持ち良いというよりやっぱり心地良い。ぶうーーん

オートバイらしい劇的なワープ感などこれっぽちも無いのにそう遜色なく、それなりの速度にはふわっと達している。この定速巡航の適度なまったり感とトルクに任せたスムーズな加速が持ち味なのだな。なるほど確かに真っ直ぐ走ってるだけで楽しくなってくる。加えて、ネバっと路面にへばり付いたような安定感ながら車線変更を繰り返す際の極めて軽快な身のこなしをみせるに至っては感動すら覚える。止まりたくない、このままずっと走り続けたい目的地に着きたくないと妙なことを考えてしまうくらい。

ここで左右に独立したウィンカースイッチと右に単独で用意されたキャンセルスイッチの奇妙なレイアウトの本領を知る。ほほう、これはこういう状況で輝くのね。




気温氷点下の福島県境はさすがにちょっとキツかったものの、東北道へ合流したあたりからは気温も上がってきて余裕のクルージングを楽しむ。そういえば風の抵抗は、少なくとも流れに乗って走る限りそれほど苦にならない。小さな純正スクリーンはささやかながらも確実に風圧を軽減してくれる。かえって伏せるよりも素直なポジションのままに頭直撃の風はヘルメット自体のエアロダイナミクスに任せた方が快適だと知る。

もうひとつ、黒ロドには快適装備が付いている。期待のヒートグリップ。2段階調整の強がちょうど熱々缶コーヒーを握っている感じ。憚りながら申し上げる。私はもうコレ無しにオートバイは考えられない。前オーナー氏カスタマイズドGS流用ナックルガードと相まって、この快適環境はほとんど奇跡か夢のよう。人間などゲンキンなものである。。



第一目的地到着。マックスフリッツ仙台様は仙台南部道路長町ICを降りてすぐ。

こんちは~また来たよ~

って、あら??


定休日でした(汁


IMG_0583_20120401081737.jpg




浮かれて定休日のことはまるっきり抜け落ちていた。
ま、いっか。また行く口実が出来たわけで。


来月にはこちらのお客さんが集ってのキャンプが予定されている。当日はすでに仕事が入ってるものの、なんとか都合をつけて乱入したいところ。

どんどん走りまっせ。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://wakarimasen.blog9.fc2.com/tb.php/850-4a29caf8
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。